4/23 東京ヒルクライム HINODEステージ 1

今年最初のヒルクラムレース。練習レースの位置づけなので、特に疲労抜き期間を設けたりもせず、毎週の峠TTのつもりで参加してきた。結果から先に申しますと、なんと年代別2位という予想外の好成績を収めることができた。表彰台なんてまだまだ先のことだと思っていたから、これには驚きましたねぇ。まあ総合順位は209人中19位と大したことないのだけど。何はともあれ今年の目標のひとつ「どんなレースでもいいから、とにかく入賞する」を表彰台という形で達成できたよかったです。

コースは約8kmと短め。試走をしなかったので、前日にネット動画で確認したところ、前半4kmくらいは30〜40kmくらいのハイペースで進んでいる。ほぼ平坦ですな。林道に入ると一気に勾配が上がりヒルクライムっぽくなる。道が細い上、蛇行したり、ふらつく人がちらほらと見え、なんだか危なっかしい。抜かしにくそうだ。そして激坂が終わるとちょっと平坦があってフィニッシュ。

僕の課題はスタート直後、集団にもみくちゃにされて位置を無駄に下げてしまうとこと。特に富士ヒルはひどかった。雑兵トレインに追いつくまでに、かなり苦労をした記憶がある。目標が自己ベスト更新などであれば、抜いた抜かれたよりマイペースを維持するほうが大事だけど、順位を狙うのであれば別、ちゃんと集団について行かなくてはならない。目標レベルを上げると、ヒルクライムもロードレースっぽくなる。

で、レース当日。チーム雑兵からは、バスさん、青木さん、べっちさん、山本さん、bbさん。BOSSさんが参戦。

受付を済ませる。参加賞は歌舞伎揚げ、ボトル、ミネラルウォーター、カステラ、と中々よい。さて、次はウォームアップといきたいが、地面が前日の雨で濡れていたので、3本ローラを置きたくない。しかし実走は寒いし逆に体を冷やしてまう。どうしたもんかと悩んでいたら、クルマにブルーシートを積んでいたのを思い出した。非常時に備えて僕のトランポにはいろいろ積んである。

30分ほど回す。いい感じに体が暖まる。心拍はあまり上げられなかったが、手すりのない状況では、あまりハードに回せないし、こんなもん。転倒して怪我でもしたら目も当てられない。

開会式後、雑兵メンバーと合流してスタート地点へ下山。みんな第1グループなので談笑しながら待機。こういう時、仲間がいるとリラックスできてよい。

スタート20分前にアスリチューン赤を飲む。この種のサプリには懐疑的だったのだけど、数日前、ローラー練の前に飲んだら、異常に調子がよかったので、引き続き使用することにした。

いよいよスタート。交通規制は左車線だけなので、センターラインをはみ出るのは厳禁。なので集団の密集度は高い。遅れないように回す。思ったより速くない。これならついていけそう。左車線の右側を走っていたので、センターライン上に置いてあるコーンに注意する。後ろでパコーン!ガシャーン!という音がしたので接触転倒した人もいるようだ。

横の人と肩で押し合いになったり、前輪がコーンを掠めたり、危ないシーンもあったが、集中していたので恐怖は全く感じない。目線を遠くにおいて集中集中。前では数名が逃げいるようだ。ロードレースっぽくていいねぇ。

無事、集団内の位置を下げずに、激坂区間に突入。あとは回すだけだ。

どんどん抜かす。集団の前に位置していた人たちなので、一定の脚力があり、ふらついたり蛇行する人もいない。これも前で走るメリットですな。

BMCのジャージを着た人と競り合いをしながら距離を消化していく。激坂が終わり平坦区間に入る。ゴールは近い。BMCの人と差をつけたかったので、思い切り踏むがあまり差はつかない。ちゃんとついてきている。平坦区間なので一度前を譲ってドラフティングに入ろうと脚をゆるめる。あれ、中々来ないなと思った瞬間、さっと右側からオーバーテイク。すぐに追走するが、目の前のコーナーを抜けた瞬間にゴール!おお、そんなところにゴールとは。思ったより平坦は短かった。見えにくい場所にしているのはリスク回避の為なんでしょうね。

その時は、まあ、しゃーないなという感じだったのだけど...(続く)

 

 

4/16 若頭練 どうしみち 

若頭ことタクミさんと道志道へ。

前日のヤビツTTが響いたのかボロボロ。心拍が全く上がらない。ほとんどLSDのような心拍数。坂の度にちぎられてしまう。往路はまだ何とか堪えたが、復路で完全に果てた。

お子様が誕生して、いろいろ忙しいはずなのに、タクミさんのパワーは健在。あれには付いていけん。調子が良かったとしても付いていくのはしんどいだろうなあ。

抜け殻のような状態で帰宅。服も着替えずそのままソファに倒れ込んで2時間ほど寝てしまった。

あとで走行データを見るとボロボロだったわりにそこそこのペースで走っていた。やはり人と走ると強度は上がるね。しんどい時ほど人と走ろう。

4/15 ヤビツTT やり直し

前回のヤビツTTが納得いかないものだったので改めてやってきた。納得いかないといってもトラックとか信号がどうということではなく、ラップボタンの押し忘れでタイムがわからず、漫然と走ってしまったということ。

起床時の心拍79。79?高すぎる。もう一度測ってみると71。少し下がったが、普段は50〜60であることを考えると、これでもかなり高い。一般的には疲労が溜まっていると平常時心拍が高めになると言われているがどうなんだろう。前日、前々日は完全レストにしたので疲労なんてないはず。とりあえず卵かけ納豆を食べて出発。

人通りが多い住宅街をインナーでゆっくり走る。ふとサイコンに目をやると心拍が170。170?高すぎる。なんじゃこれは。全力ヒルクライムじゃん。心拍計が壊れてるのか。しかしさらにペースを落とすと120くらいまでストンと落ちる。

大きな道路に出てアウターでゆっくり走る。ふとサイコンに目をやると心拍が180。180?高すぎる。なんじゃこれは。ゴールスプリントじゃん。調子のいい時は心拍も上がるもんだが、いくらなんでもこれは高すぎる。不安な気持ちを抱えたまま名古木に到着。

TT開始。マスト34分台、期待目標は33分台。

最近は割と序盤は流すようにしている。大きめのギアで大きく回す。丁寧にトルクをかけて、省エネを意識しつつスピードも確保する。蓑毛坂だけは筋トレ効果を狙ってガン踏みする。勾配が強いところは筋トレのチャンスだ。

1つ目の信号はスルー。2つ目は多少引っかかったがスピード調整して足つきなしでクリア。蓑毛まで12分ジャスト。ave.22km。いい感じ。ave.20kmを維持すれば自動的に34分台となる。

ave.20kmをキープしながら流す。回復させながら走る感じ。

菜の花台からはフルパワー10分走だ。重いギアを使いたいのでアウターに入れてみたが、小生の貧脚では時期尚早であった。アウターで走れる脚力があれば、もっと速くなるだろう。

34分44秒でゴール。33分台には遠く及ばないが最低ラインには到達できてほっとした。

まだまだ練習は終わらない。むしろ本番はこれから。脚を止めずにすぐ下山して、菜の花台〜ヤビツ峠の10分全力走3本をやる。

1本目:12分34秒。TTから回復していないので、キツイキツイ。
2本目:11分25秒。ちょっと回復。
3本目:10分38秒。ほぼ回復。若者とバトルになっていい感じで走れた。

名古木イレブンで、ミルクプロテイン、サラダチキン、レーズンパンを食べて帰宅。結局、異常な心拍の高さは調子の良さの表れでしかなかったみたい。ただ、帰宅後の疲労が半端ではない。家事をする気にもなれずソファに倒れ込んでしまった。翌日は若頭練なのに大丈夫だろうか...

▪️2014年
初回:2014年7月27日、47:42
▪️2015年
2回目:2015年3月25日、48:31

3回目:2015年4月12日、45:00←ベスト更新
4回目:2015年4月29日、42:07←ベスト更新
5回目:2015年6月28日、41:08←ベスト更新
6回目:2015年7月19日、47:20
7回目:2015年8月8日、40:47 ←ベスト更新(ペダルをSPDからSPD-SLに)
8回目:2015年9月20日、40:29←ベスト更新
9回目:2015年10月3日、41:23
10回目:2015年10月24日、37:56 ←ベスト更新(40分切り達成)
11回目:2015年12月5日、37:35 ←ベスト更新(WH9000 C24 CLに履き替え)
▪️2016年
12回目:2016年1月9日、39:51 
13回目:2016年2月13日、38:26 
14回目:2016年3月16日、38:38
15回目:2016年4月9日、36:41←ベスト更新
16回目:2016年5月25日、35:44←ベスト更新(スパソニ&ラテックス)
17回目:2016年6月18日、36:55
18回目:2016年9月15日、36:03
19回目:2016年12月23日、36:27(ニューマシン)
▪️2017年
20回目:2017年1月28日、36:27
21回目:2017年4月6日、35:21、4月15日、34分44秒←ベスト更新

(全て名古木から)

菜の花台〜ヤビツ峠 3本

TT終わった後、初めての試みとして、菜の花台からヤビツ峠(3kmぐらい)を3本というのをやってみた。

ヤビツ峠は下りに神経を使うし、今の時期だと体が冷えてしまうので、最初からリピートするのは気が重い。しかし菜の花台までだったら距離も短いし、路面もいいのサクっと下れる。これを3本でだいたいヤビツ1本分に相当する。10分全力走を3本やる感じですな。

TTが終わると水を飲んでウィンドブレーカーを着てすぐに下る。菜の花台から1本目をやろうとすると、ちょうどバスさんがやってきた。ベストペースだそうだ。邪魔にならないようになるべく距離を開けて、急加速と減速を繰り返して負荷をかける。10分47秒。バスさんはベストを更新したようでテンションが高い。僕は一人で走ることが多い割に、人のベスト更新に立ち会うことが多い(もちろん偶然。僕が何かをやったわけではない)。

2本目。バスさんと話をしてるうちに体が冷えたのか、めちゃしんどい。12分32秒。

3本目。回復して11分48秒。

もう1本できそうだったが、ここは無理をせずに終了。

10分走3本。ちょうどいいボリューム感で気分よく終われた。今度やる時はバリエーションを変えてやってみるのもいいかもなあ。1本目は10分全力、2本目は5分x2、3本目は3分x3、みたいに。

ま、素人が思いつきでやってることなので効果の程はわかりませんが、娯楽として割り切れば、飽きないし中々面白いんじゃないかと思います。

4/6 ヤビツTT

今年2回目のヤビツTT。週末は雨続きでロングをしていないので疲労は少なめ。この機会に1月から始めた平日ローラー練の中間確認として、ベスト更新狙いのTTをやった。

平日ヤビツの時は車で秦野運動公園まで行くことにしている。自宅周辺の道路がひどい渋滞で危ないから。公園に着いたらアップとしてその辺をしばらく走る。

南風が強い。基本的に追い風だが、巻くような風なので走りにくい。横風、向かい風も多い。

信号1個目はスルー。2個目は、見えた瞬間に赤に変わったので、普段ならスピード調整で切り抜けられる距離感だが、この時は大型トラック2台と乗用車が数台止まっていて車列が伸びている。青になってもなかなか流れない。スタンディングスティルに近い状態で耐えて、なんとか足つきなしでクリアできた。

信号通過後もトラックで道が詰まりペースが上がらない。しかしここは天下の公道、優先されるべきは商用車であろう。無理をせず落ち着いて走ることにする。

蓑毛バス停を通過。ここでラップボタンの押し忘れに気づく。経過タイムがわからないが、心拍の上がりがいいので調子は良さそうだ。

コンパクトクランクにしてから軽いギアを使ってしまう傾向があるので、ケイデンスが90回転以上にならないようにする。意識しないとついケイデンスが上がってしまう。

菜の花台以降もしっかり回してゴール。スマホのストラバでタイムを確認すると35分19秒(ガーミンだと35分21秒)。34分台に乗せるつもりだったので少々残念なタイム。

とはいえ一応はベスト更新。平日練をやることで少なくとも劣化はしていないことがわかったのでOKとしておきますかね。昨年までは週末ライドだけでそれなりにタイムは伸ばしてきたので、平日に走ることで逆に弱くなってしまうんじゃないかという危惧があったから。

▪️2014年
初回:2014年7月27日、47:42
▪️2015年
2回目:2015年3月25日、48:31

3回目:2015年4月12日、45:00←ベスト更新
4回目:2015年4月29日、42:07←ベスト更新
5回目:2015年6月28日、41:08←ベスト更新
6回目:2015年7月19日、47:20
7回目:2015年8月8日、40:47 ←ベスト更新(ペダルをSPDからSPD-SLに)
8回目:2015年9月20日、40:29←ベスト更新
9回目:2015年10月3日、41:23
10回目:2015年10月24日、37:56 ←ベスト更新(40分切り達成)
11回目:2015年12月5日、37:35 ←ベスト更新(WH9000 C24 CLに履き替え)
▪️2016年
12回目:2016年1月9日、39:51 
13回目:2016年2月13日、38:26 
14回目:2016年3月16日、38:38
15回目:2016年4月9日、36:41←ベスト更新
16回目:2016年5月25日、35:44←ベスト更新(スパソニ&ラテックス)
17回目:2016年6月18日、36:55
18回目:2016年9月15日、36:03
19回目:2016年12月23日、36:27(ニューマシン)
▪️2017年
20回目:2017年1月28日、36:27
21回目:2017年4月6日、35:21←ベスト更新

(全て名古木から)

足柄峠TT

ヤビツで雑兵練があったので、どっちに行こうかと迷ったんですが、2週続けて週末は雨で少々乗り込み不足気味。ヤビツだとボリューム不足なので足柄峠へ。

タイムは38分半ほど。先週よりはマシだけど相当遅い。疲労は抜けてるはずなので良いタイムが出るかもと思ったんですけどね。心拍も160後半ぐらいまでしか上がらず。これはいけませんな〜。まあ相変わらず寒かったし気候のせいにしておこう。もしかしたら、自分で思うよりローラー練の疲労ってあるのかもしれない。

復路もダメ。めちゃくちゃ怠い。何か霊に取り憑かれているんじゃないかと思うくらい怠い。復路がダメだと、帰宅後かなり気分が塞ぎますなあ。

最近足柄峠ばかり行ってる気がするので、次はオレンジ椿ラインに行く。1時間ヒルクラTTはマメにやっておかないと。

体重が落ちるとパワーも落ちる?

昨日の続き。実は1月は正月のドカ食いの影響で体重が54kgぐらいあったんです。で3月は50〜51kgぐらい。つまり体重は減ってるのに速度は上がってるんですね、PWRが関係しないローラーなのに。一部で言われる「体重が落ちるとパワーも落ちる」なんてのは迷信だってことですよ。

もちろん基本的な肉体的パワーは落ちるので、ノーガードで交互にぶん殴り合いとかやれば重い方が有利でしょう。ボクシングを一瞬かじってましたが、単なるメタボの素人であろうとデブのパンチはすごいですからね。

自転車を速く進めるのには、心拍とか技術とか様々な要素が絡むので、素の肉体的パワーの影響はそこまでないのではと思う。格闘技とかサッカー、バスケみたいなコンタクト系のスポーツはまた別なんでしょうけど。

何が言いたいかというと、ダイエットに成功すると「体重落ちると免疫力が落ちるよ」とか「体重落ちるとパワーが落ちるよ」などなど、ありがた〜いアドバイスや忠告に遭遇することが多くなるけど、そういうのは断固無視して自分の信じた道を行きましょう、ってことです。そういう「アドバイス」をしてくる人(惑わしメン)は別にあなたの事を考えているわけではなく、単にモノを言いたいだけの人なので。

無視といってもあからさまにやってはいけせんよ。一応は笑顔で「あざーす!」といっておきましょう。わざわざ人間関係壊すことないです。それに彼らの「アドバイス」が常に間違っているわけでもないですしね。

もちろん「体重が落ちるとパワーが落ちる」と信じてる人は、僕の戯言なんて無視してどんどん太りましょう。自分の信じる道を行くのが一番です。