輪行3

実家で2日間過ごす。母親の認知症は順調に進行していて、短期記憶の衰えから、話したそばからどんどん忘れていく。耳も遠くてこちらの声はほとんど聞き取れていない様子。もはや意思の疎通は不可能。せめて補聴器ぐらいつけて欲しいが「そういうのをつけると余計に悪くなる」とか言って頑なに拒否する。既に十分に悪くなってるのだけど、人の言うことなんて聞きやしない。

しかし逆に体の方は妙に元気になってて、よく食べるし(スシローで13皿も食べてた)、曲がり切ってた背骨もピンと伸びている。以前なら絶対に拒否してた散歩も普通にすることができる。まあこれは「認知症あるある」なんだが、同居人以外の人が会いにくるとテンションが上がって元気そうに見せる、というやつなんだろうけど。

認知症もこのフェーズまでくると本人的には案外気楽なのではないだろうか。何しろすぐに忘れるので、苛ついた父親が怒鳴ったりしても、数秒後には忘れてしまうのだから、後を引くことがない。認知症の初期段階は正気と恍惚が頻繁に入れ替わるので、正気状態の時に自分が認知症になっていることを自覚できてしまう。その時の困惑した様子は本当に辛そうだった。今はほとんどの時間が恍惚状態なので、その苦しみからは解放されているように見える。

そうなると今は母親より父親の方が心配だ。あの母親と過ごすのは相当なストレスだと思う。幸い中断していた仲間との山登りが再開したようで、これで少しはストレス解消できるかな。しかし今後のことを考えるとどうしたもんかと悩む。

さて最後の輪行ミッションとなる復路。天気が悪くて新幹線が動くのかどうか不安だったが、無事定刻通りに出発。輪行袋をかついで待ちぼうけとか勘弁だったのでよかった。

「こだま」なので3時間くらいかかる。急いでいないのでこのくらいでちょうどいい。ビールとつまみを買ってのんびりと。これがやりたかったんだなあ。

f:id:raw_igu:20210421064820j:plain


心配なのは天気。茅ケ崎に着くころまでに風雨は止みそうにないしどうしたもんか。さすがに30分も歩くわけにはいかない。

茅ヶ崎駅に到着するとものすごい雨と風。これは無理。

まず自転車を目立たないところに置いてチェーンをつなぐ。そしてタクシーで帰り、速攻で車で戻る。自転車があるかどうかドキドキしたが、ちゃんと置いてある。ささっと車に積み込んでミッションコンプリート。やれやれ。

輪行まとめ
・やはり何かと煩雑
・自宅から駅までどう行くかが課題。新幹線駅まで自走で行くのが理想。ただこの手は東海道新幹線しか使えない
・車と組み合わせたり、片道輪行とかいろんなバリエーションを考えたい
・ビールを飲んで帰れるのは最高

輪行2

輪行袋を担いで駅に行き、新大阪駅までの切符を買おうとすると940円もする。え、そんなに遠いの?調べると60kmもある。1時間くらいかかるな。

西明石から大阪方面、朝は通勤ラッシュになるけど、夕方は比較的空いてると思うけど、どうだろうか、どきどきしながら電車を待つ。電車が到着すると予想通り乗客はまばら、無事先頭車両の広いスペースに自転車を置くことができた。ホッ。

とりあえず輪行袋が倒れないようにチェーンを結び付けておく。そしてぼんやりと窓の外を眺めながら時間が過ぎるのを待つ。新大阪駅が近づいてきたので、降りる準備をしようと席を立つと、いつの間にやら人が増えてて満車状態になってる。間もなく駅に到着し、さーせんさーせんと平身低頭で下車。

ホテルにチェックインして、さあ飯だ飯と外に繰り出すと、なんか店が閉まってる。松屋も21時までとか。

ああ、時短営業かあ。忘れてた。この時間に外食することがないので気が付かなかった。マジかよ...。こんなだったら無理してでも明石で食べておくべきであった。

しゃーないのでコンビニ飯で済ます。

3/19 アワイチ

最近の新幹線はとても速くて、あんまりのんびりする間もなく、割とあっという間に西明石駅に到着。駅の入り口で自転車の組み立てを開始。ちょうど通勤時間帯なので人がたくさん横を通る。地べたに荷物を置いてごちゃごちゃやるわけだが、あんまりこういうのは好きじゃいなあ。

前輪の空気が抜けている。スローパンク。慣れてるのでどうということもない。携帯ポンプでサクっと充填。1日くらいなら余裕で持つだろう。TLタイヤは「パンクしにくい」ではなく「パンクしてても走れる」ということですな。

f:id:raw_igu:20210405165916j:plain


淡路島へは「ジェノバライン」という小型のフェリーを使う。駅から乗り場までは5kmほど、ゆっくり走って20分くらいで着く。 ちょうど出航時間だったので、待たずに船に乗り込む。ロードバイカーは僕の他には、エントリー向けのアルミロードに乗った中学生グループとS-Worksにライトウェイトのホイールを履いた男性がいる。

f:id:raw_igu:20210406170232j:plain

f:id:raw_igu:20210406170306j:plain


定刻に出航。左手に明石大橋を臨む。10分強で淡路島の岩谷港に到着。時間が押しているので早速アワイチ開始。進行方向は時計回りで、28号線をひたすら南下。走りやすいがそこそこ交通量はあり、信号もそれなりに多い。洲本を過ぎたあたりから一気に交通量は減り、信号もほとんどなくなる。淡路島南東部はひたすら平坦の一本道。北海道みたいだ。海岸には人っ子一人いない。大阪湾は内海なのでとても穏やか。みるからに魚影が濃そう。メバルとかめっちゃ釣れるんだろうなあ、などと思いながら気持ちよく走り続ける。

f:id:raw_igu:20210406170348j:plain


これまでずっと平坦が続いたが南端はそこそこ登る。短めの登りが断続的につづく。チーム練とかだとしんどい場面だろうなあ。 折り返し地点となる福良で小休止。補給食を持ってきていないので、海鮮丼を食べる。海鮮丼なんか好きでもなんでもないけど、知らない土地にきたらつい食べてしまう。

f:id:raw_igu:20210406170146j:plain


西側も延々と平坦の一本道が続く。交通量は少し増えたが、それでも神奈川と比べると圧倒的に少ない。同じ姿勢でずっと回し続けるのでかなりしんどい。この日は終始追い風基調だったからよかったけど、逆風だとかなりの試練となりそうだ。

夕方、港に到着。アワイチ終了。近くの道の駅でブラブラした後、暗くなりかけた頃に撤収。 淡路島はとても良いところで、関西人が羨ましく感じた。次はもっと時間をとって内陸部にも行ってみたい。釣りも楽しそうだ。

次なるミッションは新大阪の宿まで行くこと。在来線を使うことになるが、混雑具合が気になる。人のいないところで自転車の梱包作業を開始。時間をかけて慎重に。お腹が減ってきて近くの明石焼の店に惹かれるが、輪行袋を持ってだと気が引けるので食事は宿についてからにしよう。 

f:id:raw_igu:20210406170038j:plain

遠征しても安定のコンビニ飯