3/28 ヤビツ

体重53.2 起床時心拍54

朝食前に低血糖ローラーを160wぐらいで30分。雑用を片付けた頃にちょうど雨が止んで早速出撃。気温が高いので半袖ワンピで。

首都圏では外出自粛要請が出されているが、「公園での個人的な運動」はOKとされているので、単独のサイクリンクは問題無しという判断。あの辺は「丹沢大山国定公園」というれっきとした公園ですし。

ソロでの屋外スポーツの可否については、感染爆発を起こしてる欧州でも国によってまちまち。運動不足解消のために推奨してるところもあれば、イタリアやフランスのように完全に外出を禁止してる国もある。サイクリングそのものは感染リスクが低くても、例外を作ってしまうと収拾がつかなくなってしまうという理由もあるのかもしれない。

1本目、結構な疲労感だが、そこそこ力は出てSSTぐらいまで上げられた。十分十分。2 本目は流石にきつくて200wぐらいまでしか出ない。しかし完全にタレるちょい手前ぐらいで粘り続けて集中力はキープできた。最近の疲労感からすると上出来。

今年の冬は「ベース練としての高強度」というのをやってきたが、今のところはネガが出ていない。とりあえずは現状維持ぐらいはできている。今後は峠トレーニングで閾値での走行を増やして、ヒルクライムに対応できるようにしていきたい。レースは軒並み中止だけど、やれることはやっておく。

夕食はビーフシチュー、バゲット、赤ワイン、カツオの刺身。食後に翌日食べるプリンを仕込む。牛乳250cc、卵2個、グラニュー糖40g。痰のような卵の白身を切り刻むように時間をかけて丁寧にかき混ぜる。漉しながらマグカップに注いで湯煎15分、火を止めてさらに余熱で10分、粗熱をとってから冷蔵庫へ。

ディスニーデラックスでスターウォーズのスピンオフドラマ「マンダロリアン」の1話を鑑賞。評判が良いだけあって面白い。

3/27 道志

体重53.2 起床時心拍51

先週の疲労を引きずっていて、起床時の心拍が高めの日々が続いてる。

2週間前と同じコースを走る。テーマは「なる早で走る」こと。つまり4時間全力走ですな。できればave30km以上を目指したい。ニセコを目標レースとする以上、このくらいはクリアせねば。

清川村PAスタートだといきなり土山峠の登りから始まる。いつもならアップがてらゆっくり走るのだが、今回は全力走なのでいつもよりかは上げ気味で走る。

信号にも引っかからず山中湖まで完全ノンストップ。ずっと向かい風だったのでそれなりに消耗してる。復路は逆に追い風で順調にスピードが出る。尻上りに調子は上り、最後の宮ヶ瀬〜土山峠間は全開で走ってゴール。

工事による片側通行で1分ほど停車したが、止まったのはこれだけ。ave28.5km。惜しかった。道志道と土山峠の下りで大型トラックに前を塞がれて徐行を余儀なくされたので、まあしょうがない。終わってみればそんなに調子は悪くなかった。

121km 2000m up
経過時間 4時間4分58秒
移動時間 4時間3分56秒
平均移動速度 29.8km
NP198w

喉の調子は悪いけど、咳はほとんど出なくなったので久しぶりに映画館へ行く。「ヘレディタリー」のアリ・アスター監督の最新作「ミッドサマー」を見たかったが、タイミングが合わなかったので「ハーレー・クインの華麗なる覚醒」を。やっぱ映画館はいい。

新型コロナの影響で座席は1席分間隔を開けて販売される。会話することもないので感染リスクは低いだろうという判断。劇場が営業されている限りは行こうと思う。

3/25 ローラー

体重53.4 起床時心拍53

再度30/15に挑んでみる。1セット目はなんとかできたが2セット目以降は心拍が上がらずグダグダに。3連休の疲労は相当なもんだったみたい。これ以上続けてもしょうがないので、30/15は諦めてL4を30分ほど。この強度ならいける。

最近は固定ローラーでもそこそこワットを出せるようになってきた。慣れなのか固定ローラーに順応した筋力がついたのかわからないけど。これが実走に役立つのかどうかは不明だが、ローラーは心肺強化の為の基礎練と割り切ってるのであまり深くは考えてない。

3/24 ローラー L3ぐらいで60分

体重54.0 起床時心拍47

30/15の予定だったが、アップの段階で全く回せる気がしないので、L3ぐらいでたらたらと60分ほど回すだけ。3日で700TSSほど積んでも、そういう週はほとんど踏めなくなるので結局は落ち着くところに落ちつく。そういう意味ではTSSってそれなりによくできた指標なのかも知れない。

Vector3の調子が悪い。前半はずっと0w。どうにかせんとなあ。

いつもNHKを見ながらローラーを回してるが、もちろん話題はずっとコロナ関連。当初はめっちゃ舐めてて、感染しても風邪と変わらんし大したことないだろうと思ったけど、普段からチェックしてる自然科学系の人たちが一様に悲観論一色になってて、実際に彼らの言う通りに世界は推移している。まあ国家を運営する超頭のいいエリートたちが、都市封鎖などというドラスティックな手段を決断して実行してんだから、その意味を知るべきだろう。「免疫つけて頑張ろう」とかそういうことじゃないんだよなあ。

とは言うものの、いずれは必ず収束するものなので、それまでは頭を低くして耐え忍ぶ時。レースの中止を残念がる気持ちはわかるし、僕も同感だけど、諸外国みたいに都市封鎖とか外出禁止になるよか圧倒的にマシなんだから。

3/22 ヤビツ

体重54.7 起床時心拍50

目覚ましをセットするのを忘れてしまい、軽く寝坊してしまったが、結果的に8時間近く眠ることができたので良しとする。

暖かったのでレッグウォーマーとジャケットは脱いで、茂みにゴミっぽくカモフラージュして置いておく。ほぼ夏仕様の服装。軽くて気持ちい。

3連休最終日ということで、体重は重いし、それなりに疲労は溜まっている。起床時の心拍も高め。このコンディションでどれだけ走れるか。

1本目の序盤はカンタムさんに付き位置、僕より歳上とは思えないようなパワフルな走りで、前に出られるスキがない。蓑毛が終わった後、佐々木兄弟にブチ抜かれる。一瞬迷ったが思い切って付いていくことにする。相当な強度でギブアップしそうになるが、何とか呼吸を整えてジョイント成功。どこまで耐えられるか。

やはり疲労は残っているのか、心拍の吹け上がりは鈍い。菜の花台を過ぎてしばらくしてからついに千切れる。30分29秒、257w。コンディションの割に悪くない。

2本目はカイさんに完全付き位置。いつもの4倍走行。34分22秒、220w。

3本目は単独で。何となく体調が良くなって気がするので、少し強度を上げてみる。思ったより走れて33分21秒、230w。SSTぐらいまで上げられた。

TSSも久しぶりに300超え。これで3連休のTSS合計は698。気温が上がってきて力も出るようになってきた。

3/21 丹沢湖まで流し

体重55.0 起床時心拍49

ゆっくりと丹沢湖まで。昨日の農道練は厚着で失敗したので、今回は短パン&薄手のジャージで出撃。しかし今朝は冷え込みが激しくすこぶる寒い。流し走行なので体が暖まらない。

寒さに震えながら丹沢湖まで。旧246以降は信号がないしノンストップ走行に最適なコース。平坦あり、緩斜面あり、激坂ありで変化に飛んでいて楽しい。

流し走行なので道の駅に寄り道する。地元の業者が作ったパンとドーナツを食べる。コンビニ菓子のような人間の味覚に過剰に最適化された科学的な“美味しさ”ではない素朴な味わいがよろしい。

時間が経つにつれて気温は上がるが、風は冷たく暖かさをほとんど感じない。



3/20 足柄農道

体重53.5 起床時心拍47

今週もミツさん農道練、通称「ミツ会」に参加してきた。メンツはマッチョイさんとカイさん。

農道まではゆっくり目のペースのことが多いが、今回はカイさんがガンガン引くので高速化、強烈な向かい風なのに前に前に出て行く。積極的な走りで素晴らしいですなあ。お兄さんやゴッチの強豪たちに揉まれてるだけあって非常にお強い。

カイさんに刺激されたのかマッチョイさんも高速化。キツい。中盤の長めの登りで突風に煽られて一瞬遅れてしまう。ここで差が少し開いてしまい、その先の信号で切れてしまう。

リスタートすると何とか視界には捉えているので、後先考えずオールアウトするつもりで全開で追いかける。下りと登り返しでちょっとずつ差を縮めて、何とか7秒差(ストラバ読み)まで詰めてゴール。死にそう。

復路は初っ端から遅れてしまう。カイさんもマッチョイさんも強いですな〜。全く付いていけません。視界に入ってる限りは頑張ろうとしたが、途中の信号で完全に切れてしまいギブアップ、ここからはマイペース走行に切り替える。ミツさんもしっかり付いてきていい感じ。

帰りは猛烈な追い風で高速化。楽しい。農道復路で多少回復したので松田〜中井できっちりあげられた。

ミツさんも順調に仕上がってて素晴らしいですな。まだまだこんなもんじゃないと思うので、頑張っていきましょう!