廃車

さよなら~


ちょうど10年乗り続けたサンバーバンを廃車買取で処分した。走行距離3万kmくらいのを43万円で購入して5万kmほど乗った。モトクロスのトランポ用として購入。軽バンでモトクロスバイクを載せられるのは、後部座席を取り外してフロントタイヤを置けるスペースをつくれるサンバーしかなかった。

エンジンは元気で燃費も購入時と変わらないが、エアコンの不調、ドアミラーの劣化、メーターのシフトランプの電球切れ、後部スライドドアの不調など、あちこちにガタがきている。さすがにこれ以上車検を通せない。今後は妻も乗せることになるし、もう潮時だろう。十分だ。

46馬力しかないし、ホイールベースも短いから高速道路はもキツイ。パワー不足で坂は全然上れないので山道では後ろに渋滞を作ることもしばしば。不満を上げればキリがないが、文句を言いつつも10年も乗ったし、いろんなところにいった。それなりに思い出は多い。一番の長距離走行は大阪の実家に帰省した時。茅ヶ崎まで約500km。給油で10分程止まった以外、ノンストップで走り続けた。あれは完全にゾーンに入ってたな。

昨年、「野沢温泉自転車祭り」に妻を乗せて野沢温泉村まで行ったのも思い出深い。意外なことに妻はこのボロ車を見ても拒絶反応は示さず、中国に滞在してた時によく乗ってた車と似ていると懐かしんでいた。自転車2台と人が2人とそこそこ多い荷物を載せるとそれなりにサスペンションがいい感じになって乗り味は悪くなくなる。それもあって妻はこのドライブに不満はなかったみたい。まあ口に出さないだけでほんとや嫌だったと思うけど。

新車の見積もり時、この車は売り物にならないからと、廃車代として1万円近くもとられることになり、それなら自分でやりますよとお断りした。

売り物にならないのはわかっていたが、とりあえず査定だけでもと思ったが、上記の不具合に加えて、自分で施工したしわくちゃの下手なフィルム張りもあり、それを見られるのも恥ずかしいので素直に廃車買取業者に連絡。2万5000円で引き取ってくれることになった。無料でも十分だと思っていたのでこれは嬉しい誤算だった。

新車は年内に収められる予定。

11/25 ヤビツ

ゲートが開く瞬間。ハンドルをクルクル回してゲートを上げる

 

土曜の天気が悪そうだし、これといって急ぎの仕事もないので土曜出社することにして有休をとった。

少し体力が戻ってきて就寝時の心拍も落ち着いてきたので、久しぶりに峠でも行こうとヤビツへ。

一日の気温差がありウェアの選択に困る時期だが、長く走るつもりもないし、早朝の平塚極寒地帯を通過することを考慮してそこそこ厚めのウェアで出撃。

名古木に到着すると交差点の電光掲示板に「蓑毛大雨通行止め」の表示が出ている。そんなわけがない。昨日の神奈川県の天気予報は完全快晴予報だったし雨なんか降るわけがない。天下のお天気AIが外すわけがない。確かに路面は濡れていたが夜露か何かだろう。気にせずそのまま走り続ける。

蓑毛まで登るとほんとにゲートは閉じていた。マジかよ。こんなに穏やかで良い天気なのに.....。多分業者が解除するのを忘れてるのだろう。間もなくゲートは開くはず、そう目論んで久しぶりに蓑毛リピートでもやるかなと。

3本目を終了。まだゲートは開かない。もう8時を過ぎている。そろそろ開いても良さそうだが。

4本目終わり。まだ開かない。重機を乗せたトラックや架線を修理するクレーンが何台か登って行ったので何かあったのかも知れない。

5本目終わり。なんか未来永劫、永遠に開かない気がしてきた。今更場所を変えるのも面倒なので、ここは腹を決めて蓑毛をリピートし続けるしかない。日当たりの良い蓑毛を走るにはいささか厚着が過ぎる。暑い。

6本目終わり。ヤビツを2.5本分くらいのキロジュールを稼いだので、あと1本くらいにしときますかね。何かヤバい事象でも起きたのかも知れない。

気付いたことがある。蓑毛を下ってる時、登ってくる何人ものサイクリストとすれ違うが、逆に僕が登る時に下ってくるサイクリストは少ない。つまり少なくはない数のサイクリストがゲートをスルーしていると思われる。実際に抜けていく人を2回目撃した。僕が停止してる横を通って、特に逡巡する様子もなく、水たまりを避けるみたいな自然な動作でゲートを通り抜けていった。

まあゲートといっても片車線だけなので、通過するのは全く難しくない。普通に抜けてはいける。ほんとに走行に支障があれば厳重に封鎖するだろうし、事実上「黙認」という形で容認されているのかも知れない。

僕も別に行儀がいい方ではないし、民度的には突破する人たちに近い側の人間=意味がなかったり形骸化した法律や決まり事の類は、場合によっては無視しても良いと考えるタイプの人間=なので、この事でとやかく言うつもりは全くない。まあでも突破して事故ったら格好悪いし、峠まで行けなきゃ蓑毛を走ればいいじゃないと考えているので、僕自身はゲートを越えるつもりは今後もないけれど。

 

7本目。もう十分走ったし撤収...のつもりであったが、ゲート付近がなんかザワザワしている。待っていたドライバーがエンジンをかける。おお、ついに開くのか!

じきに二人組の作業員がハンドルをクルクル回してゲートを上げ始めた。作業員が同僚に「10時15分、解除ね」とつぶやく。そして同僚はそれをメモする。ちゃんと記録をとっているのだな。

しかしここで解除かよ。もういい時間だし疲れてるしどうすっかなあと思ったが、解除後一番乗りできる機会もあまりないので行くことにした。

路面は相当悪い。ネチョネチョになった濡れた針葉樹林の落葉と流れ出した土砂でオフロードみたいな箇所もある。こりゃ自転車汚れるなあ。車が走れば掃けてくるのだろうが。

峠に到着。サイクリストと車で賑わっていた。「通行止め」とは....

近況

10月末に体調を崩して、すぐに回復はしたものの、どうにもパッとしない日が続いている。当初は体力が激落ちして一日熱出したくらいでここまで落ちるのかと驚いたが、最近徐々に回復傾向にある。先日は久しぶりにまずまずのペースで100キロ以上走ったし、日常生活も問題ない。

しかし一つ気になることがある。それは微妙な腹の違和感と就寝中の異常な高心拍。とりわけ週末など、少し多めに食事した日にそれは顕著だ。そのせいでガーミンのボディバッテリーが100まで回復することはこのところほとんどない。熱を出した日の強い腹痛がそのままじんわりと続いている感じ。何か消化器系に問題があるのは間違いない。