2/15 湘南国際村

気温が高めだったので久しぶりの在宅湘南国際村

MTB疲労が残っていて全身が怠い。特に下半身に強い筋肉痛が残っている。ピキっとした、ロードではもはやあまり感じることのなくなった類の痛みだ。MTBは左右上下に次々にかかってくるGの中で常に体を適切な位置にキープし続けるという運動なので、身体の使い方がロードとは違う。緊張と不慣れから無駄な力を使っているというのものあって、相当に後に引く疲労が残る。

そういうのもあり往路のR134ではかからなさそうな感触だったが、国際村に到着するとまずまず踏めた。

終わってみれば3時間ちょいのライドでTSS180と、この時期としては上々のコンディションであった。僕はFTPを常時固定にしているのでTSSという指標はストレスの度合いではなく、調子の良し悪しを測る数字となっている。夏場だと3日連続で200以上を叩き出す時もあるし、冬場は5時間走っても150とかになる。本来の使い方では全くないが、これはこれでとても便利なものである。

ちなみに以前から思っていたことだが、TSS(トレーニング・ストレス・スコア)を「疲労度」と訳すのは相当な誤訳ではないだろうか。「疲労」なんてあまりに範囲が広すぎる。ペダルを回すことによって受けたストレスの数値でしかないはずのもんだろう。

自転車の疲労なんて大体、信号ストップの応酬とかクソ寒いダウンヒル、大型トラックの圧迫、ガタガタ道、交通量の多い交差点なんかからもたらされるもの。そういうのが考慮されていない以上、疲労度の目安になんてなるわけがない。常識で考えたらわかるだろう。「疲労度」などと訳した人はひょっとしら馬鹿な可能性がある。

4時前の出たので、帰宅してもまだ7時過ぎ。早いの40分ほど軽くローラーを回して終了。

2/12 フォレストバイク 初心者ライディングスクール Vol.2

前回は「初心者ステップアップ講習」というのに参加したが、今回、新たに「初心者ライディング Vol.1~3」という3回セットになった講習会ができた。Vol.1はステップアップ講習と重なってた部分があったので見送ってVol.2から参加した。

通常の講習会とは違って丸一日通して行われるのでボリュームたっぷり。参加者も僕を含めて2人なのでとても中身が濃い。ハンドル周り、サスペンションのサグ出しとかセッティングもしっかりと時間をとって見てくれる。れはありがたいですね。

Vol.2のメインはコーナリングのやり方。詳細はここには書かないけど、教えてもらわないとわからないことばかりで、とても役に立った。MTBのインストラクターは資格制度があるので、皆さんちゃんとしてますね。教え方が上手。いささか疲れたけど、とても充実した内容だった。やっぱり何かを習得するにはやはり人に教えてもらわないとダメですね。一人で黙々と走っていても上手くならない自信がある。

コーナリングもパンプもジャンプも全ては基礎のフォームから派生していく。その基礎を原理から理解しないと発展していかないというか、伸びしろが無さそうな気がする。

2/4~2/11

2/4 ローラー
雨。なんだか疲れていたので1時間でやめ。辻堂の「very  veggy salada works」で昼食を食べに行く。山盛りのサラダと玄米。それなりの値段だがボリュームがあっておいしい。グルテンフリーのケーキを買って帰宅。これがまた美味しいんだな。

2/7 在宅ローラー
在宅朝練。予報を見て朝の気温が3度以下なら外乗りはやめてローラーにしている。寒さで体が固まって自転車の操作がぎこちなくなってリスキーだし、「暑熱順化」のように生理的な変化が生じてパフォーマンスが上がることもない。暑さには慣れても寒さに慣れることはないのだ。屋内でも氷点下になるような家に15年も住んでたが、寒さに強くなるとか一切なかった。

2/10 湘南国際村
気温は低いが体感的にはそうでもない。とても気持ちがいい。6本リピートしてから適当に三浦半島をサイクリングしておわり。毎度のことながら信号と交通量の多さに辟易する。田舎の癖になんでこんなごちゃごちゃしているのだろう。

2/11 三浦半島流し
流しサイクリング。出かける時に冬用グローブが見当たらずブチ切れ。「Fuck」を100回くらい連呼しながら探し、5分後にようやく見つかった。早朝で5分の遅れは大きい。完全にやる気を失い、死んだ目で出撃。5分も遅れたので交通量は非常に多く、頻繁に「Fuck」とつぶやく始末。俺はこの日、世界で一番「Fuck」を発したと思う。