RAW ROAD

40歳からのロードバイク記録

10/23 伊豆イチ


スポンサードリンク

f:id:raw_igu:20201028121401j:plain

体重52.0 起床時心拍47

マツさんと伊豆イチ。昨年12月以来3回目となる。初回は強度感がわからないので、ひたすらゆっくりと走り、2回目は体調不良(今思うと新型コロナだったんじゃないかと思ってる)でひたすら意識朦朧で走った。3回目にしてようやくまともに走れそうだ。しかもマツさんという重量機関車付き。どうなることやら。

5時に小田原のコンビニを出発。出発前に「あんまり飛ばさないで」と釘をさしておくのを忘れない。肌寒いので今シーズン初のレッグウォーマーを装着。

出発して間もなく、前を行くマツさんが突然叫び声ともに回避行動を取る。何事かと思った瞬間、ガツンとした衝撃。スピードがあまり出ていなかったので落車は免れた。マツさん曰くイノシシの轢死体だったみたい。早朝のまだ暗いうちは危ないですな。それにしも動物の死体って固いんやね。丸太を踏んだような感触だった。

回しながらいい感じのペースで消化していく。

見るからに初心者っぽい人がツキイチしてくる。追い抜いた時にマツさんが声をかけたのが、彼の何かを刺激したのかも知れない


ゆったりとした長袖長スボン姿、体型からしても日常的にトレーニングをしているようには見えない。どんな自転車に乗っているかまでは確認できなかったが、油の切れたチェーンからギシギシとひどい音鳴りをさせているところから、まともな整備をされていない自転車なのは間違いない。

そんな感じの方なので、一瞬で千切れるだろうと思っていたが意外にも粘る。登りは常に4倍前後は出ていたし、我々もそんなにゆっくり走っていたわけではない。  まあ後ろを走ってる分には別に気にならないので、特にペースを上げたりせずに放置。マツさんの走りにも変化はないので、同じく容認してるのだろう。ツキイチメンに関してはいろいろ意見があるようだけど僕は容認派。後ろで大人しくしてる限りは別にいいんじゃないの(女性につくのはNGだと思う)。まあネタにはさせてもらうけれども。

それにしてもこの方は頑張る。幾つかのアップダウンもこなしてくる。下りでギシギシ音が遠のいたかと思いきや、再びギシギシ...ギシギシ...と聞こえてくる。実は初心者を装ったベテランなんじゃないのとか思い始めた頃、いつの間にか消えていた。

日が上がると暑い。北川温泉あたりのコンビニでお着替え休憩。入り口には「マスクして下さい」の大きな張り紙がある。首都圏では緩みに緩みまくってるコロナ対策だが、静岡では今も「県を跨いでの移動は慎重に」の電光掲示があるし警戒感が強い。マスク代わりに持ってきたBUFFを口に当てて入店する。

弓ヶ浜入り口のコンビにで2回の休憩。特に補給や休憩の必要性は感じないが、ここからは当分コンビニがないので念の為に小休止。

9時半くらいに石廊崎に到着。二人だと早いなあ。ここまでは比較的楽、伊豆イチの真骨頂はここから。

いつものことだが、西伊豆の西風はかなりハード。僕のような軽量級は脚が止まってしまう。その点、マツさんはさすがのパワーで風耐性がすごい。突風の度に遅れる僕とは違って、横風や向かい風でもしっかりと脚が回っている。ツールドフランスなんかの中継で度々出てくる「横風分断」の意味がわかった。こんな風が常時吹いていると非力なライダーはひとたまりもない。

これまでほぼ均等に回してきたが、ここからはほとんどマツさんの一本引き。自転車はパワースポーツだと改めて実感。パワーは大事。

キツい登りをクリアして松崎のファミマで3回目休憩。ツキイチとは言え、マツさんの引きは常時200wぐらいなので僕にとっては相当な強度。名古木ヤビツを40分くらいのペースで走り続けてるようなもん。疲労困憊で、無事帰れるのか不安になってくる。

ここのファミマはコロナ対策はさらに厳戒。「マスクしてない人は入店をご遠慮下さい」の大きな立て看板が入り口にそびえ立っている。すごい圧力だ。

衰えを知らないマツ機関車は向かい風でもガンガン行く。

土肥に到達。回復してきたのか、この辺りから元気が出てきた。ちょくちょく先頭交代できるようになる。

戸田から沼津までは追い風に乗って一気に距離を消化、最後の休憩をとる。なんか菓子パンばかり食ってて反省。

これからは最後の試練となる箱根。だがその前に三島、函南といった激渋滞地帯を抜けなければならない。これはこれで試練。ペースダウンを余儀なくされる。ここを回避するルートを探さねば。

箱根は4倍弱くらいで淡々と登る。追い風なのが助かる。

50分くらいで登り終える。強度が高いロングだっただけに達成感がある。まだ下りがあるので気を抜かず慎重に。何だかすごい渋滞してる。

無事、車を置いてあるコインパーキングに到着。マツさんを乗せてさっさと車を出すが、前の道がとんでもない渋滞で、100mほど先にある西湘バイパス入り口に辿り着ける気配がない。

この時間帯、いつは東京方面が混むのだが、この日は伊豆方面に渋滞が起こっている。東海道でも箱根方面が混んでたし、こんなのは初めて見る。GoToキャンペーンで東京に遊びに行く人が増えたせいかしら。

抜け道を使ってやっとこさ西湘バイバスに入れた。マツさんを送って帰宅。

f:id:raw_igu:20201028141644j:plain

f:id:raw_igu:20201028141632j:plain