最近の走行記録

■9/2湘南平
午前中雨だったので、昼からの出撃。この時間から遠くに行くのも面倒臭いので、久しぶりに湘南平へ。今の自転車に乗り換えてから初めてですな。

ガン踏みするもののすぐに失速、パンダ坂からはペースを回復するが後半の伸びはいまいち。序盤の失速でやる気を失ってサイコンを見るのをやめてしまったのだけど、家で確認すると5分53秒と悪くない。まあ新車効果でしょうな。

■9/3 KOH試走
最後の試走をマツさんと。自走距離を減らして本気TTとして挑んだが、1時間50分と冴えない。料金所までは約50分。1時間40分のペース、ここまではいい感じ。中盤以降、多少タレる場面もあったが、ペース的には40分台で収まりそう。しかし標高が2000m(ゴール5kmほど手前)を越えたあたりでガクンと落ちる。結局50分は切れず。このあたりは鬼門ですなあ。タレる原因が標高の高さなら、脚を溜めても意味がないので、序盤からそこそこペースを上げてタイムを稼いでおく作戦でもいいかなあ。いずれにしろ過酷なレースになるのは間違いない。試走なしで挑むミツさんが、どういうことになるのか楽しみ心配だ。

■9/16 足柄峠
台風の影響で昼前から雨予報が出ていたので、2時起き3時出発で足柄峠へ。この時期では暗闇での走行となるが、これが非常にストレスフル。僕は夜練できないタイプだな。足柄峠の真ん中くらいでようやく明るくなってきた。調子の方は最初からダメで心拍が全く上がらない。しかしこういう時はフォームとかバイクコントロールを意識しながら走るチャンスでもある。足柄峠も丁寧に登って、大きく崩れることなく46分でゴール。平均心拍は128bpm。低いなあ。

■9/18ヤビツ
台風一過の暑い一日であった。南風が強くて、東西方向の移動は横風リスクが高いので、自宅からは南北方向への移動となるヤビツへ。メンバーはミツさん、マツさん、たまたま現地に居合わせたノリスケさん。マツさんは新規導入した52/36のクランクとパワーメーターを装着して登場。

前日は雨で乗れなかったので調子は悪くない。相変わらず脚は重いし、重いギアも踏めないけど心拍の上がり方はまずまず。蓑毛バス停までは4人で回しながら走る。結構なハイペースで危うく千切れそうになった。前半で結構脚を使ってしまった影響もあって、菜の花台以降はあまり伸びず34分57秒でゴール。悪くはないけど能力的には33分台はいけると思ってるので、喜ぶようなタイムではない。

100milesさんのチーム練で居合わせたマッチョイさんと2本目へ。しかしながら全くついていけずに早々に千切れる。その後は一定ペースで走り続けて39分でゴール。KOH前に良い練習ができた。

しんどい

今月に入ってから高強度練があまりできていない。

常に疲れていて脚が重い。日常生活でも駅の階段が辛かったりと多少の影響が出いている。重いギアが踏めないから峠のタイムも悪いし、ローラーに乗ってもL2相当のスピードしか出ない。7月と8月の練習量が過去最高レベルだったので、その疲れが出ているのかもしれなせんな。気温が下がってコンディションが落ちたのもあるだろう。

トレーニング記録を確認すると、レースの翌日に中途半端な実走をすると疲労が長引く傾向があるような気がする(特にレースのパフォーマンスが良かった時)。回復走のつもりでも実走は細かい負荷が絶え間なく掛かっているというか。疲れていても低強度ならそれなりに走れてしまうので厄介だ。

レース後2日間は完全レストかローラーでの完全流し、それでいこう。乗りたい気持ちを抑えてちゃんと休養を入れる決断を出来るのもまたメンタルの強さだ。

 

すべての疲労は脳が原因 (集英社新書)

すべての疲労は脳が原因 (集英社新書)

 

 

9/9 富士チャレンジ ソロ200km

結果は5時間36分。目標達成ですな。まあ調子が良かった。7〜8周目くらいが妙にキツくてどうなるかと思ったが、周回を重ねるにつれて脚が回りだし、ラスト10周くらいは完全に体に火が入った状態で絶好調。42周目でベストラップを出して気持ちよく完走。このまま富士SWを飛び出して、あざみラインに突入してもいいくらいギンギンでした。

今年の目標の中で、最も難易度が高いと思っていたので非常に満足。ある意味ヒルクライム入賞より嬉しいかも。以下、振り返り。

4:30 起床
5:00 朝食500kcal(卵かけ納豆、ご飯、味噌汁)
5:30 出発、運転中にスポーツドリンクをちびちび飲む
7:00 富士SW到着、レース3時間前補給1000kcal(パン、牛乳、バナナ)
9:00 レース1時間前補給300kcal(バナナ、黒糖まんじゅう)
9:45 並ぶ、大分後方
10:00 スタート

【1~26周】
しんどい局面もあったが、まずはいい感じの集団に乗って順調に周回を重ねる。妙に速い人が乗っかってきて集団がペースアップ。何とかついていけるが千切れる人が多数で人数が減る。5時間30分トレインも抜かしていく。ちょっとペースが速い。遅めのトレインに乗り換えを考え始めた頃、第2集団と思われるトレインがやってきて、これに僕のトレインが乗ってしまい、放り出されるような形で千切れてしまう。

【27~30周】
一人旅になる。積極的に声をかけて、いい感じに回せる時もあったが、結局は足並みがそろわず崩壊。うまくいかない。

【31~42周】
困っていたところ、救世主のように5時間30分トレインが登場。忘れてた。あたふたせず、これを待っていればよかったんだね。僕が声かけをした「知り合い」たちも吸収されている。

最後までこれに乗る。とても良い感じ。集団の後方はインターバルがかかり、中々キツい。特に第1コーナーと第2コーナー。しかしこの辺になるともう絶好調なので問題無し。そのうち走り方に慣れてきてインターバルもいなせるようになってくる。次第に人が減ってきて、サポートライダーの後ろにつくことができた。ここは全くインターバルがかからない。ものすごく快適。

【43~44周】
43周目、5時間29分。ここでサポートライダーの仕事は終了。単独で最終ラップへ。気持ちよく全開走行して終わり。クールダウンでもう1周してからピットイン。あー楽しかった。

【補給】
スポーツ羊羹7本(770kcal)、ドリンク(水)はボトル1本半ほど消費。
レース後はボリコさんにもらった粉末BCAAとジェルを飲む

 

井村屋 5本入スポーツようかん 60g×5本入り

井村屋 5本入スポーツようかん 60g×5本入り

 

 

明日は富士チャレ

明日は富士チャレですなあ。今年の初めに「5時間30分台」という目標を立てたのだけど、ここにきてテンションが下がってどうでもいいなあ、という気分になっております。

ま、いつものようにコンディションはパーフェクトに仕上げておりますので、落車などのトラブルがなければ、6時間切りは固いと思います。昨年は大雨&低温&やる気ゼロという最悪のコンディションに加えて、3〜4回ピット入りしてダラダラと休憩しながらも6時間30分でいけてるので、普通に走り続ければそこそこいけるんじゃないかと。

今回は糞尿垂れ流しのノーピット作戦でいこうかと思います。補給はボトル2本とスポーツ羊羹15本。本来、補給食は固形→半固形→ジェルというのがスタンダードらしいのですが、僕は扱い易さを優先してスポーツ羊羹一択でいこうかと。カロリー的には10本で十分なのだけど予備として多めに持っていく。ボトルも2本で十分。真夏の4〜5時間のライドでもボトル1本を飲み切らないくらい僕は水を飲まないので大丈夫でしょう。

そんな感じで明日はなるべく頑張らないようにして、テンションを低く保ち、省エネ走行で安全確実に周回を消化しようかと思います。

8/27 農道チーム練

いつもの農道チーム練、無駄な観光サイクリングのせいで疲れ気味ではあるが、土曜は休養したので調子はまあまあか。とりあえず千切れることなく、ヨウヘイさんに続いて2位ゴール。

蓄積疲労みたいなのは感じる。とにかく重いギアが踏めない。農道みたいなアップダウンコースだと下りで休めるし、登りも短いので何とか誤魔化せるが、勾配のキツいヒルクライムだとダメダメだろうなあ。

農道練はとても楽しい。山岳系も平坦系も一緒に練習できるのが良い。

最近の走行記録

▪️8/6 土山峠〜雛鶴 チーム練
例によって疲労困憊状態でのチーム練。でも走り出すと意外に走れてしまうというのもいつものこと。集合した時は「昨日の疲れがあるから今日はあかんわ〜」などと言ってしまうけど、決して牽制とか詐欺のつもりはない。実際に疲れてるのは間違いないから。でもそう思われてもしょうがないかな。栗村修さんがおっしゃるように「調子」というのは水物でよく分からない。とは言え、土山や雛鶴では上げられたものの、移動区間やマキメ峠では脚が止まってしまったので、やはり疲労はあったのだと思う。

▪️8/12 新サドル「アリオネ」テストライド
前のサドルは悪くはなかったのだけど、ケツが安定しないというか、段差のたびにケツの位置がズレてしまうの悩みであった。位置を修正するのに無駄な力を使ってる気がしていた。そこで新サドルを購入。第一印象はとても良い。しっかり座れて安定感抜群。カーボンレールなので50gほど軽くなっている。穴開ではないので尿道に多少の圧迫感はあるが、サドル角の調整で何とかなりそう。

▪️8/13 チーム合宿 富士山一周&KOH試走
ヒロさんの企画でチーム合宿に参加。結構な人数が集まった。あざみライン練だとみんな警戒して来ないけど、KOHならいいんだ、へぇ〜、こっちの方がはるかにキツいんだがな〜、などと思う。途中から雨になって結局、富士スカを走ったのはマツさん、青木さん、長男さん、べっちさんの5名のみ。雨が止みそうで止まないので料金所まで。夜は豪華な別荘でバーベキュー。楽しゅうございました。ヒロさん、ありがとう。

▪️8/22 宮ヶ瀬〜裏ヤビツ
矢板のレースが終わった後は夏休み。遠征したかったが何となく疲れていたので、近場で済ます。何だがしんどくて、ただ走っただけ。結構雨は降ったはずだが、宮ヶ瀬の水は全然増えていなかった。

▪️8/23 ヤビツ
53分というぶっちぎりのワーストタイムを記録した。最初から全く力が入らず、本来なら中止して引き返すべきだが、このペースだと何分かかるか興味があったので続行。ひたすら脚が重くて後半も復活しない。一桁スピードまで落ち込む。3日前のレースは尋常ではない調子の良さだったが、その反動も尋常ではないということか。

途中、マツさんに猛スピードで抜かれる。あまりにも速かったので「35分切りいったんじゃないのか」と思ったが、後でストラバを確認すると40分くらい。ヤビツ40分ってあんなに速いんだ。

▪️8/24 伊那〜大鹿村
乗鞍を走ってみようと長野くんだりまでやってきたが雨。南の方は降って無さげなので、以前モーターサイクルのツーリングでよく行っていた大鹿村方面へ。中央構造線に沿ってひた走る。信号がなく補給もしなかったので95km完全ノンストップ。最高としかいいようがない。

▪️8/25 美ヶ原周辺
安曇野の民宿で宿泊。また雨で乗鞍は断念。美ヶ原周辺を走るが。路面は最悪で交通量も多くて実に走りにくい。テンションが全く上がらず適当に走って済ます。途中大雨に見舞われて、土砂降りの幹線道路を走るはめになる。トラックの水跳ねを存分に浴びて這々の態でトランポ置き場に帰着。

帰路、久しぶりにほったらかし温泉に行った。

▪️遠征まとめ
この種の遠征はモーターサイクルでやるに限る。ロードバイクはスポーツの道具として、走り慣れたトレーニングコースをビシッと走って済ますのが性に合う。以上。

 

8/20 やいた八方ケ原ヒルクライム 3 リザルト修正 優勝→2位

公式サイトはまだ更新されてませんが、昨夜運営から電話があり、やはり僕をゴール前で抜いた人がCクラスの人だったようで、本人から申し入れがありリザルトが修正されます。僕以下、全員順位がひとつ下がります。

問い合わせた時に「この選手が誰であれ、リザルトは変わらない」と聞いて、安心して「優勝だ〜、うぇ〜い」しちゃった後なので、なんか面倒臭いな〜というのが率直な気持ち。それにこのレースは僕の中ではすでに過去のものになっており、気分は冷めています。今考えているのは次のレース。

そんな感じのテンションなので、「うぇ〜い」してる記事は追記だけに留めて、修正なんぞしません。悪しからず。