読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

今年前半のレース予定

その他

今年前半のレース予定が確定した。誰も僕のレース予定など関心ないだろうけど、忘れそうなので書いとく。

▪️4/23 東京ヒルクライムHINODEステージ
今年最初のヒルクライムレース。距離は8kmと短め。すぐに終わりそう。練習レースなので特に疲労抜きとかせず、いつもの峠TTの感じでやる。そろそろ試走に行かなきゃ。

▪️5/21 車坂峠ヒルクライム大会
ハルヒルと同じ日だが、参加者が少なそうなこちらを選んだ。

▪️5/26 第1回 ふじあざみラインヒルクライム
大本命レース。募集人数は300人と少なく、年代の区別も40〜44歳と細かい。季節もいいし、車坂峠から中4日というのもコンディションをキープするのにちょうどいい具合だ。最良の状態でレースを迎えられる可能性が高い。しかも大好きなあざみライン。ここはぜひとも入賞を狙っていきたい。

▪️6/11 第14回 Mt.富士ヒルクライム
本命レース。70分切りを狙う

▪️6/25 第14回 富士国際ヒルクライム
本命レース。今年2回目のあざみラインレース。しんどい時期だろうけど体調維持に気をつけて年代別シングルを狙う。

エリート負荷付3本ローラー「クイックモーション」

その他

エリート社の負荷付3本ローラー、「クイックモーション」を使い始めて3ヶ月。インプレでも書きたいところだけど、これが初めてのローラーなので他と比較はできない。このローラーの売りである「フローティング機能」。底にタイヤがついていて、ペダリングに追従するように前後に動くという機能だけど、効果の程はよくわからない。が、割とすぐに(20分くらい)乗れるようになったのは、もしかしたらこの機能のおかげかも知れない。騒音の程度も不明だ(個人的にはかなりやかましい)。

今のところ特に不満はない。買ってよかったと思う。値段も手ごろだし、コンパクトに折りたためるので邪魔にならない。丸みを帯びたデザインもカワイイ。一般的には「もがけないので高強度は不向き」とされている3本ローラーだが、小生のような体重50kg程度の貧脚には必要十分な負荷をかけられる。これでもまだ負荷は「2(3段階中)」だし、アウタートップにもかけられていない。負荷3で回しきれることなんて永遠になさそう。よほど大柄でパワーのある人でない限り、最初のローラーは負荷付3本でいいんじゃないのかな。

「Power vs Speed」というパワー/スピードの換算表みたいなのが付属してるけど、これはかなりインチキ。僕は20分の平均が40kmぐらいだが、この表だと300w以上出てることになる。あまり意味のない表だ。

f:id:raw_igu:20170323130958j:plain

 

 

3連休

走行記録

・3/18 足柄峠
36分10秒。ベスト更新。超しんどかったし、調子の良さみたいなものは全く感じなかったけど、結果オーライ。しつこく僕を苦しめていたCCC藤沢のダメージもようやく癒えたみたい。復路もきっちり回しきって帰着。

・3/19 宮ヶ瀬5周
グダグタ。途中でウンザリしてオギノパンに避難。相変わらずすごい混雑だ。確かにオギノパンは美味しけど、休日にわざわざ家族総出で来るようなところなのだろうか。そんなことを思いつつ5周を走りきる。地脚作りの一環として、ルーティンでやってきた宮ヶ瀬5周練だけど、未だに慣れない。走っていて嫌になる。距離は100kmちょっと、獲得高度は1500mほど。数字は大したことないが異様に疲れる。気持ちのいい疲労感ではなく、後を引く嫌な疲労感だ。まあ疲れるということトレーニングになっているのだろうけど。4月からは距離を減らして強度を上げる方向で行くので、5周練はそろそろ終わりかな。

・3/20 ヤビツ2本
久しぶりの雑兵ヤビツ練。普段ヤビツへは休養十分、TT1本勝負で臨むのだけど、今回はあえて疲労が濃い状態でやってみた。あわよくばオレンジ椿ライン、足柄峠に続いてワーストタイムを出してやろうと....

1本目はカピパラさんとスタントンさんについてスタート。ああラクチン。人の後ろってこんなに楽なんだ。お二人ともペダリングが安定してるのでとても走りやすい。楽しいねぇ〜。菜の花台を超えたあたりでスタントンさんと二人旅になって、最後はガツンと踏んでゴール。ラップボタンを押し忘れたのでタイムはわからなかったけど、スタントンさんに聞くと40分ぐらいだそう。なんだ、全然悪くないやん。後でストラバを確認すると「Final sprint」というセグメントでPRが出ていた。

思ったより踏めたとはいえ、もうお腹一杯だったので帰ろうとしたけど、何と無く名古木イレブンで居座ってしまいそのまま2本目へ。

2本目はヒロさんとベッチさんと。ここでもヒロさんのドラフティング効果で大いに楽をさせてもらった。しんどいのに脚は結構回る。途中で1分ほど工事ストップがあったが最後まで踏み切ってゴール。38分40秒。いいねぇ。「菜の花台〜ヤビツ峠」でPRが出ていた。

ワーストどころか、かなりいい感じで終われた。連休三日目で最も疲労が溜まっている状態で、しかも2本目できっちりと走れたのはかなり自信になった。調子がいい時は速く走れて当たり前、本当の強さは調子が悪い時にどれだけ踏めるかだと思っているので、これはベストタイム出すよりも嬉しかった。

速い人が峠リピートをやる理由が少しわかった気がする。ヤビツ2本は自宅からは距離85km、獲得高度1500mとボリューム的にはちょうどいいので、今後はルーティンにしていきたい。

休暇中の走行記録

走行記録 映画

僕の職場では有給とは別に1週間の休暇制度がある。例年ならちゃんと予定を立てて旅行なんぞに行くのだけど、今年は仕事内容が少し変わった関係でなかなか計画を立てられず、少し暇になった隙をついて急遽取得することになった。

急に取れた休暇なので遠出する気も起きず、バタバタと準備したりするのも億劫なので、この際、旅行はやめて徹底的に近場をロードバイクで乗り込んでみてもいいんじゃないのかと思い立った。本命のレースまでちょうど3ヶ月。乗り込む時期としてはちょうど良い。見たい映画もたくさんあるし、積ん読も溜まっている。こいつらをやっつける時間もできる。というわけで今季の9連休は地元のみで過ごすことになった。

▪️3/7
洗車に出していたロードバイクを引き取り。その他諸々の用事。


▪️3/8
オレンジ椿ラインTT
久しぶりの1時間の峠TT。テンションを上げて臨んだが30分で撃沈。CCC藤沢で痛めた腸腰筋は回復したし体調も悪くない。特に疲労も感じてはいないのだけど、とにかく脚が回らない。冷たい強風もキツかった。心拍が異常に低いしやはり疲れているんだろう。77分というベストから20分落ちのワーストタイムとなった。

「アシュラ」を川崎で鑑賞。汚職刑事vs極悪市長vs腐れ検事ら全員悪人が織りなす血みどろバイオレンス映画。これぞ韓国ノワールの真骨頂。最高としかいいようがない。今のところ今年のベスト1。


▪️3/9
道志みち往復
ゆるポタモード。心拍計が壊れているんじゃないかと思うくらい、心拍が上がらない。しかし緩斜面はそれなりに走れたので最後は上げ気味終えた。

「ラ・ラ・ランド」鑑賞。僕の趣味には全く合わなかった。この監督とは相性がよくないみたい。

▪️3/10
宮ヶ瀬5周
しんどいのであいかわ公園経由はなし。全く力が出ない。ケツも痛い。

▪️3/11
たまらずに休息日。毎日乗る計画は早くも挫折した。有楽町でパク・チャヌクの新作「お嬢さん」鑑賞。耽美的な映像が美しい。小さい女の子に「チンポ」とか「マンコ」と言わせる変態シーンに悶絶。

▪️3/12
回復を期待して足柄峠TTへ。体調はいいし特に疲労感もない。峠までのアップダウンもそれなりに走れた。こりゃイケるかもと期待して足柄峠TT開始。心拍が全く上がらないながらも、そこそこスピードは出る。が、地蔵堂を過ぎて勾配が10%を越え始めた途端に脚が回らなくなる。メンタルはやる気でも筋肉が拒絶してる感じ。いつもなら筋肉はやる気でもメンタルが折れそうになるところだがこれとは逆。スピードは7〜8kmまで落ち込んでもうどうしようもない。激坂区間手前でリタイヤ。この先はとても登れそうにない。

▪️3/13
この際ヤビツに登ってここでもワーストタイム出してやろうかと思ったが、今にも雨が降りそうな曇り空で気温も低いのでやめ。久しぶりに映画のハシゴをした。1本目は「コクソン」。僕が大好きなナ・ホンジン監督の最新作。謎すぎてわけがわからない怪作。もう一回見る。2本目はライアン・ゴズリングラッセル・クロウの「ナイス・ガイズ」。70代LAを舞台にした作品で「インヒアレント・ヴァイフ」風のルックで楽しい作品だった。

こんな感じで休暇は終了。毎日乗るという目標は挫折したけど、とことん体を疲弊させることは出来たし、今の自分にこなせる練習量の目安もわかったので、これで良しとしましょう。2月と3月は四の五の言わずにとにかく距離を乗る。

ギブアップ

その他

前の記事で「オーバーワークやってみよ」などと宣言して、連日自転車にガツガツと乗るつもりでしたが、3日目で挫折しました。めちゃしんどいです。ケツは痛いし、倦怠感で何もする気はしないし、何だか寒気もするし...慣れないことはするもんじゃないですな。明日は軽く仕事して、その後は映画と読書でゆっくり過ごしたいと思います。ああしんどい...

CCC藤沢後

その他 走行記録

CCC藤沢が終わってから10日ぐらい経つが、どうも調子が芳しくない。このレースで痛めた右の腸腰筋はだいぶ良くなったし、体調も問題ないのだけど、峠TTはボロボロだ。先週の土曜、雑兵チームメイトのノリスケさんと行ってきた足柄峠TTは地蔵堂で沈没、せっかく強い人と走れたのに勿体無いことをした。そして今日のオレンジ椿ラインTTはスタート30分で沈没、77分というワーストタイムを叩き出してしまった。冷たくて強い向かい風の中を薄着で走ったので、タイムは期待できないコンディションではあったのだけど、それを差し引いても悪すぎるタイムだ。スピードも2桁出すのがやっと。

本来ならちゃんと休養を取るべきなのだろう。しかし幸か不幸か来週月曜日まで仕事はお休みときてる。この機会に「オーバーワーク」ってやつを経験してみるのもいいかもしれない。本命レースまでは時間があるし、あえて調子を落として、とことん体を疲弊させてみるのも実験として面白そうだ。僕みたいな努力嫌いの怠け者が、オーバーワークをやる機会なんて二度とないだろうし。

2/26 チャレンジカップ藤沢 ソロ 3時間に出場した

レース 走行記録

家から20分のところで行われるレース。待ち時間が少なくていいですなあ。来年はもっとギリギリに〜レース開始10分くらい前に〜来ようと思いました。

ヒルクライム以外のレースでは初めてまともに走れた。順位は100人中30位と大したことはないけど、最後まで垂れることなく一定のペースで周回できたし、自分としては概ね満足できる内容。富士チャレンジの良い練習になった。

最初の1周はパレード走行。しかしすぐに揉みくちゃにされて、あっというまに雑兵メンバーから遅れてしまう。少しくらいは先頭集団についていきたかったが、まあしょうがない。1周目を終える直前、目の前で集団落車が起こるが、間一髪で回避。危なかった。


序盤はコーナーの度にトレインから千切れて苦労するが、徐々に慣れてきて中盤からは上手く付いていけるようになった。この後はトラブルもなく淡々周回を重ねてゴール。最後、周回を間違えてゴール直前に何人かに抜かれたのが悔やまれる。20位台は十分いけたのに勿体無いことをした。

課題は補給。600kcal分用意したが500kcalぐらいしか摂れなかった。集団走行中にポケットを探ったり補給食の袋を開けたりするのはちと怖い。これは練習するしかないね。