体重

体重が52~53kgくらいで安定してきた。栄養のあるものを食べたいだけ食べる。それだけ。特に増量とかしようとは思わない。無理に食事量を減らしたり、増やしたりするのは身体に悪い気がする。

体重が増えたからといって特にパワーが出るとか平坦が速くなるとかは全然ないですね。むしろ最も力が出せたのは49kgの時。このときはPWR関係ないはずのローラー練もすこぶる調子が良かった。自転車という道具を介す以上、体重増=パワー増とはならないのは当たり前、ノーガードでブン殴り合いするわけじゃあるまいし。ただ回復力はたくさん食べるほうが上がる気がするけど。

ちゃんと食べて、よく寝て、適度に練習する。そして手洗い、うがいを欠かさない。僕みたいな才能ゼロの人間は当たり前のことをコツコツやるだけだ。

12/13 一人ヤビツ

午前中に雑用を済ませて昼からヤビツへ。朝はラッシュで周辺の道路はひどい渋滞に見舞われるのだけど、この時間帯だと落ち着いている。

12月からローラー練のメニューを固定化した。かなりボリュームを増やした内容にしている。当分レースもなく、量をこなしたいので特にレスト日は設けていない。この日も前日に強度高めの練習をしたので結構疲れ気味。

乗り始めから脚が重い。とりあえず蓑毛まで上げてみて、ダメそうならのんびりサイクリングに切り替えようと登り始める。

旧デイリーまでは軽く流して、信号を過ぎてから徐々に上げていく。心拍の上がりが鈍い割にそこそこのスピードで蓑毛をクリア。なんとなくいけそうなのでそのまま走る。途中タレる区間もあったけど、最期はガツンと心拍175まで上げておしまい。36分半くらい。ちょうど1年前のヤビツが同じタイムで平均心拍184、今回が165。とりあえず心肺は強化されてるっぽい。

寒いのでさっさと帰宅。土曜の100miles練に備えて、しっかり回復させよう。

12/9 三浦半島

三浦半島は常に渋滞していて信号が多い。そして道路の左端、ちょうどロードバイクの走行ラインに排水口があって極めて走りにくい。そんなイメージなのでほとんど走ることはなかったのだけど、前にフェリーで千葉に行った時、早朝のR134~久里浜がとても快適だったので、4時に家を出て三浦イチをやってみた。

この寒い時期に4時出発とか馬鹿なんじゃねぇの思われるかもしれないけど、これが意外や意外、海沿いのせいかそんなに寒くない。何となく空気がまどろんでいてまったりと走れる。当然のことながら車は少ないし、ロードバイクも皆無。R134名物「ツキイチマン」にツキチイされる心配もない。交通量さえ少なければR134ほど快適な道路はないだろう。

三崎を過ぎたあたりでちょうど夜明けを迎える。これがまたいいんだ。弱々しい朝陽を背に受けながら、キリリと冷えたまだ汚されていない空気の中を走るのは何とも言えない気持ちよさ。

三崎を過ぎてルートが西岸沿いになると交通量が増えて走りにくくなる。信号が多いし例の排水口も現れる。不快指数は高い。とは言え平坦基調なので脚は回しっぱなしだし、寒い下りもない。冬のLSDにはもってこいのコースかもしれない(4時出発が条件になるけど)。

ひとつ困るのがトイレ。寒いので頻繁にもよおすのだけど、暗いと公衆トイレの場所がわからない。なのでコンビニに立ち寄ることになるのだが、トイレを使わせてもらう手前、何かを買うことになるのでいちいち時間がかかる。これが面倒臭い。

12/8 足柄峠 100miles練

とても寒い朝。前日の夜に雨が降ったので路面は薄く凍ってる。慎重に走っていても何度かスリップした。家の近所でこれなのだから、ヤビツなんて無理だろうなあ、みんなどうすんだろうと思いながら名古木に到着。まっちょいさん、藤木さん、ケンボーさん、タマちゃんといつもの面々と合流(RyoさんはパンクでDNS)。やはりヤビツは凍結リスクが高いとのことで、ケンボーさん以外のメンバーで足柄峠へ向かうことになった。

久々の足柄峠でテンションが上がるが心拍の上がりが鈍い。こりゃダメな日かなと思いつつ、まっちょいさんと交代しながら走る。調子が悪い割りにはそこそこのペースを刻むが、地蔵堂を過ぎて激坂区間に入ると一気にペースダウン。程なくまっちょいさんから千切れる。勾配がキツいところは調子の波が出やすい気がする。普段なら現在付けてる12-25のスプロケで全く問題ないのだけど、こういう時は28が欲しくなる。1桁スピードで登っていると後ろからタマちゃんがじわじわと詰めてくる。これが気付けになって最後は奮起して38分半ほどでゴール。序盤がハイペースだったのか悪くないタイムだ。続いてたまちゃん、藤木さんもゴール。ここは全体的に日当たりがいいので凍結部分はほぼなかった。

復路のまっちょい、タマちゃんの曳きが何気にきつい。雑兵練みたいに千切り合いとかはなくて一定ペースなのだけど、結構なスピードの上、足柄峠で脚を使ってるのでしんどい(ケンボーさんが引くともっとヤバイらしい)。途中で藤木さんがパンク。Ryoさんもそうだけど何かこの日はパンクが多かったみたい。

12/2 100miles ヤビツ練、葛尾反省会、宮ヶ瀬流し

2週間ぶりの100milesヤビツ練。前回が不甲斐なかったので、今回は万全を期すために前日は完全レスト、当日も4時に起きて走行3時間前に朝食を済ませるという念の入れよう。その甲斐あってとても質の高い練習ができた。

集まったのはRyoさん、まっちょいさんの常連に加えて、Phantom湘南のチロさん、あと数人の100milesの方、2本目からよめちょいさんが加わる。

1本目。Ryoさん、まっちょいさんとスタート。旧デイリーを過ぎるとRyoさんがペースアップしてそのまま彼方に消え去り、まっちょいさんと2人旅に。向かい風が強いので、遠慮なくツキイチさせてもらう。「相手が誰であろうと常に前へ前への精神で」が、僕のモットーだけど、そのせいで蓑毛で千切れたり、2本目グダグダになるのはつまらない。そこで今回は少し抑えてみた。今は完全オフモードのまっちょいさんだけど、本来は僕より遥かに格上の方、多少のツキイチ戦法は許されるだろう。もちろんチャンスがあれば前に出るのは変わらない。

1度だけ前に出たが、じきに抜かれてゴール。ゴールスプリントの弱さは相変わらずだけど、ちゃんと付いていけたので良しとしましょうかね。タイムは36分40秒ほど。まあタイムなんかどうでもいい。今はそういう時期ではない。

2本目。早くも蓑毛で千切られる。これまでかと思われたが、少しずつ差が詰まっていく。まっちょいさん、調子が悪いのだろうか。やがて追いついて先頭交代しながら走る。菜の花台を過ぎたところで再度千切られるが、粘って追いつく。我慢の時間帯。今度は僕がペースアップしてみる。まっちょいさんがしんどそうなので、ひょっとしたら先にゴールできるかもしれない。が、そんなに甘くない。しっかりと追走されて最後はまた捲くられてゴール。いけませんなあ。タイムは1本目から1分落ちくらい。心拍も1本目とあまり変わらないしいい感じ。2本目をまともに走れたのは初めて。

現在食事制限は一切していない。レース用の軽量ボディから、トレーニング用の体力と回復力、風邪予防の為に、ある程度の脂肪をつけた身体に切り替えるべく、好きなだけ食ってる。すでに2kgぐらい太ったが、太りつつ今ぐらいのパフォーマンスを発揮できれば、春にはいいことがあるかも知れない。

夕方から厚木の健康センターでツールド葛尾の反省会。こういうところの食事ってどうなんだろうと思っていたが、思いの他美味しかったです。このまま宿泊できるので心置きなく飲み食いできる。最高ですなあ。セッティングしてくれた鹿さん、ヘックン、ありがとう。

翌日は健康センターから直接宮ヶ瀬へ。80kmほどのんびり流しておしまい。久しぶりにオギノパンで食事。街の小洒落たパン屋さんとはまた違うB級テイストのパン、こういうのがいい。

 

11/26 千葉200km

東京湾フェリーで千葉へ行ってきた。フェリー乗場までの往復で約90km、南房総を海沿いに走って約110km、フェリー休憩を挟んだ200kmライドですな。フェリーを使ったツーリングはオートバイでは何度もやったことあるが、ロードバイクでは初めて。前に千葉をロードバイクで走った時はトランポ移動であった。

4時に家を出て一路久里浜へ。当たり前だが道路はガラガラ、海沿いなので気温も高くて走りやすい。1時間半ほどで久里浜港へ到着。6時20分に金谷へ向けて出港。船内はゴルフ客で賑わっている。宴会してるおじ様グループもいたりして、朝っぱらから楽しそうだ。

7時、金谷に到着。まずは房総半島を横断して鴨川に向かう。交通量は無きに等しく、路面もきれいで走りやすい。心地よい肌寒さの中、あっというまに鴨川に到着。

ここから南下して野島崎へ向かうのだが、南西からの強風が吹き荒れている。つまり猛烈な向かい風。とにかく前に進まない。下り基調なので本来なら超快走が期待できる道路なのだけど、どんなに踏んでも22~3kmがせいぜい。ちょっと脚を緩めるとすぐに20km以下になってしまう。

最初はエアロフォームで耐えていたが、そのうちどうでもよくなってちんたら走るだけに。向かい風といっても常に一定に吹いているわけではない。強まったり弱まったり、不意の突風や追い風、横風。ランダムにプログラムされたインターバルメニューをやらさせているようなものだろう。もちろんバイクコントロールにも気を使う。そもそも体に風が当たること自体が疲れる。

予定ではノンストップで南房総の海沿いを走り抜けて、11時20分のフェリーに乗るという弾丸ライドのつもりだったのだけど、野島崎で力尽きて、ついにコンビニ休憩してしまった。腹は減ってなかったけど、リフレッシュの為に菓子パン、シュークリーム、カフェオレを放り込む。

強風に煽られて変なペダリングをしてしまったのか左足首が痛い。これ以上逆風の中は走れないので洲埼経由はあきらめて北上、追い風に乗って12時ジャストに金谷港に到着。

久里浜から自宅までもずっと向かい風。顔に海岸の砂がバチバチ当たるし散々な日であった。

11/25 足柄峠

f:id:raw_igu:20171125093725j:plain

 
100miles練の日だが、木曜日に強度を上げられたので今週はお休み。久しぶりに足柄峠に行ってきた。

どうにも左膝と左足首の具合が良くない。そこでタイムのクリートを左右入れ替えてQファクターを広げてみた。なんとなくいい感じではあるが、まだ何とも言えない。とりあえず様子見。

疲労でほとんど力が入らないのでまったり流すのみ。紅葉がすごくきれい。

峠の少し先に富士山が良く見える場所があるので立ち寄る。冬場の透き通った空気を通して見る富士山はまた格別。景色をじっくりと眺める趣味はないのだけど、富士山だけは別。何度見ても見入ってしまう。