読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

疾風スプリンター

映画

f:id:raw_igu:20170114180803j:plain


風邪を完治させる為に、この週末は実走しないと決めていたので、時間ができた分、新宿くんだりまで行って「疾風スプリンター」を見てきました。

予告編を見る限りでは、色物映画の雰囲気が濃厚に漂っていて、全く期待してなかったんですが、いやいやどうしてどうして。ケレン味のないド直球のスポ根物でとても面白かったです。ライバル達との熱い戦いと友情、そして根性。完全に少年ジャンプの世界です。いいですねぇ。こういうのは好きです。ドーピングとか不正行為など、ロードレースの暗部を見せるシーンもあるのですが、そこにはあまりフォーカスせずにサラっと流す程度。問題を提起する系の作品でないので、これはこれでいいのではないでしょうか。


レースシーンも迫力満点で素晴らしい。色物映画みたいなんて言ってすまんかった。まあ詳しい人からすればいろいろ突っ込みどころはあるんでしょうが、僕レベルのサイクリストだと全く気にならないです。もうあがりまくりです。

台湾の自然環境の美しさも堪能できるのもいい。若い頃はエドワード・ヤンとかホウ・シャウシェンといった台湾人映画監督の作品をよく見ていましたし、今も仕事の関係で台湾のテレビドラマを見る機会があるのですが、都会が舞台の作品が多く、あまり海や山が出てこないんです。この映画を見ると、改めて台湾って南国なんだなあと思いました。

そんな素晴らしい作品ですが苦言を一つ。

恋愛シーン、いらねぇっす。

女子選手が出てきて3角関係っぽくなるのだが、ストーリーにはほとんど関係ない上に、テンポ良く流れてたいた話が寸断されてしまう。これはダメだ。気持ちよくない。全体的には歯切れの良いストーリー展開なだけに残念。

この女子選手役の女優さんも微妙でねぇ…。可愛らしい人なんですが、運動選手っぽさが皆無なんです。普通の女の子がサイクリングしてるようにしか見えない。男性陣は皆、体をきちっと作ってアスリート然とした佇まいを体現してるだけに、この女優さんの素人っぽさは余計に目立つ。120分の映画ですが、この人が出てくるシーンを全部カットして90分くらいにしたやつを見たいですね。

いろいろ書きましたが、自転車好きな人なら必ず楽しめると思います。機会があれば鑑賞してみればいいじゃん。

風邪クライム

その他

風邪クライムで苦戦中っす。やっぱり治りかけの状態でライドしたのが良くなかったみたいですね。冷たくて乾燥した空気は、喉にかなりのダメージを与えたみたい。喉が痛くてたまらない。咳も止まらないしとても苦しい。休むべき時に、欲求に負けてフラフラと走ってしまうのは精神力の弱さでしょうな。「休む」という決断を断固とすべきであった。

今年に入ってライドはたったの2回。昨年の3月から続けてきた月の獲得標高10,000m越えも今月で途切れるでしょうな。救いは3本ローラーがあること。とりあえず毎日30分ほど軽く回してたので、ライディングの感覚だけは維持できてるかなと。買っておいてよかった。

そんなわけで今週末は外で走らずに、3本ローラーで静養しようかと思います。「疾風スプリンター」でも観に行こうかな。

1/7 丹沢湖まで5時間走

走行記録

前日に風邪の為に発熱、喉も痛い。大した熱ではないのだけど、妙にしんどくて一日中横になっていた。僕は健康だけが取柄の人間で、風邪で寝込むなんてこと10年以上経験していない。最後にいつそうなったのかも覚えていないくらい。新年早々嫌な感じだ。

午後には熱は下がり、たっぷり寝て今朝も問題なかったので、少しだけ走ってみることにする。

そんな体調なのでひたすら低強度を守る。心拍を140以上にならないように慎重に走る。快晴だが気温はとても低い。丹沢周辺は風も強くて体感気温が急激に下がる。そのせいか脚の回りが鈍くなり、強い疲労感を感じる。「やっぱ走るべきじゃなかったかな...」などと後悔しながら復路へ。

標高が下がり気温が上がると、少し持ち直す。最後の方はそこそこケイデンスを上げられた。

低強度走行の時はフォームやペダリングに集中する。手放し走行を交えてみたり、いろいろやる。

体調は悪化。熱は下がったが喉が痛い。乾燥した空気を大量に吸い込んだせいだろうか。やはり走るべきではなかった。ローラーでもやってりゃよかったな

映画の話 3

映画

つづき
映画の話 - RAW ROAD

映画の話2 - RAW ROAD

 


1位「サウルの息子

youtu.be

1944年10月、ハンガリー系ユダヤ人のサウル(ルーリグ・ゲーザ)は、アウシュビッツ=ビルケナウ収容所でナチスから特殊部隊“ゾンダーコマンド”に選抜され、次々と到着する同胞たちの死体処理の仕事に就いていた。ある日、ガス室で息子らしき少年を発見した彼は、直後に殺されてしまったその少年の弔いをしようとするが……。


鑑賞したのは昨年の2月だが、冒頭10分で「ああ、これは今年のベスト1だわ...」と確信した作品。理屈ではなく、生理的な感覚に追い込みをかけてくる映像と音響は圧巻。映画が発明されて120年、まだこんな手法があるのかと驚かされた。楽しい映画では全くないので、見るにはそれなりの気合が必要。

ユダヤ人が収容所に連れてこられるところから映画は始まる。「これからシャワー浴びてもらうから服脱げや」とドイツ兵の命令で全裸にさせられて、“シャワー室”に押し込められるユダヤ人たち。収容が終わり扉が閉められると、主人公であるサウルら「ゾンダーコマンド」たちは、脱ぎ置かれた衣類をテキパキと回収していく。服の持ち主はもはやそれらを着ることはないからだ。

処刑にかかる時間は10分ほど。10分間、苦しみ悶えながら死ぬことになる。処刑が終わるとゾンダーコマンドの仕事の本番だ。死体を運び出して、血と排泄物に塗れた床と壁をきれいにして、ちゃんと“シャワー室”に見えるように清掃する。次に来るユダヤ人を怖がらせないように…

この間、ほぼ主人公サウルのドアップで展開する。最近の映画では珍しいスタンダート・サイズ(4:3)の狭い画面一杯にサウルの顔がアップで写しだされ、背景は少ししか見えない。しかも40mmレンズによる極端に浅い被写界深度のせいでボケボケ。死体が転がっているおぞましい背景は、意図的に薄っすらとしか見えないようにしている。

映像だけで十分息苦しいのに、そこにドイツ兵の怒号、何かの機械音、多言語入り混じるガヤなどの音響効果が加わる。圧迫感が半端ではない。つまり観客は収容所内を追体験しているかのように感じるんですね。人はあまりに悲惨な状態に置かれると、精神を守る為に思考を停止、感覚をシャットアウトして、嫌なものは見ないようにするらしいです。

ゾンダーコマンドについては下記の本が詳しい。映画には本と同じようなシーンが出てくるので、何かしら参考にしてるのは間違いないかと

私はガス室の「特殊任務」をしていた

私はガス室の「特殊任務」をしていた

 

 ナチス関係の書籍や映画を見ると、ユダヤ人抹殺に如何なく発揮されるドイツ人の知性と合理主義にいつも戦慄させられる。ホロコーストは頭のおかしい野蛮な独裁者が狂気に駆られて起きたものではない。ドイツという当時の工業先進国が、その高度な国家資源と教育レベルの高い人材を投入して、冷徹に、計画的に実行されたもの。人類史上最大の犯罪と言われる所以ですな。

サウルの息子 [Blu-ray]

サウルの息子 [Blu-ray]

 

 

2017年 目標

その他

1.富士ヒル 70分切り
2.富士国際ヒルクライム 年代別シングル
3.どんなヒルクライムレースでもいいから、とにかく入賞する
4.富士チャレ 200kmソロ 5時間30分台
5.落車しない


1と2に関しては4月の調子自体で上方修正してもいいかなと思ってます。現状の力だとこんくらいが妥当。ヒルクライムに奇跡はないので、無理な目標を立ててもしょうがない。

3に関しては、とにかく「入賞」という結果が欲しいということ。わかりやすい実績が欲しい。参加者数が少ないレースを狙って参戦してみたいと思います。

4は、平坦が遅いと思われているのは癪なんです。一定のペースで長時間走り続けるのは不得意ではない。僕は自分で「クライマー」を名乗ったことはありません。

2016年、振り返り

その他

走行距離:9,987km
獲得標高:168,339m

今年は初めてレースに出場したりして、本格的に競技としてロードバイクに取り組み始めた年となりました。

ヒルクライムレースでは想定以上の好成績を収めることができたのですが、どちらかというと嬉しさよりも驚きの方が大きかったです。僕は幼少の頃から運動が大の苦手で、陸上系は何をやらしてもビリ。球技もてんでダメ。ボールの類はほとんど触れたことすらありません。せいぜい持久走と水泳が多少できるくらい。社会人になってようやくスポーツから離れることができて、ほっとしたもんです。

以来、スポーツとは無縁の人生送ってきましたが、まさか齢40を過ぎて、スポーツで褒められたり評価されるとは思ってもみませんでしたな。人生何があるかわかりません。

とは言え僕は根っからの文系人間なのは変わらない。メンタル的にもフィジカル的にもアスリートにはなれそうにもありませんが、せっかくここまで来たのだし、やれるとこまでやってみようかと思います。2017年もよろしゅう。

雑兵 南伊豆合宿

走行記録

ヒロさん、鹿肉さん、ヘックンの企画で南伊豆で合宿やってきましたよ。思ったより交通量は多めでしたが、がっつり走れて非常に有意義なライドでしたな。BBQも美味しかったです。多分誰も書かないと思うので、ライドの記録でも。

・往路(35kmほど、海岸線沿いのアップダウン)
例によって、いきなり皆さんブッ飛ばすので軽く千切れる。登りでなんとか集団に追いついて、最終的には僕、マツさん、長男さん、ベッチさんの4人が最後まで残ってゴール。アップダウンとはいえ、アップ区間が結構長くてそれなりにハード。巨漢なのにグイグイ登っていくマツさんと長男さんはさすがですなあ。僕としては下りでこの二人に付いていけたのが収穫。


・復路(30kmぐらいの登り基調の平坦、最後は峠越え)
うどんさん、長男さん、ロキメンが飛び出します。ちょっと疲れてたんでしょうか、何となくこれに乗りそびれて先に行かしてしまう。巨漢系の人たちなので、どうせ峠でタレてくるだろうという甘い観測もあったのかも知れません。

後からきたベッチさんとヒロさんとで回して追いつこうとしますが、いまいちペースが上がりません。峠に入ってもあまり力が出ずに、結局追いつけなかった。

峠を越えるとゴールまで平坦。集団にミツさんとウドンさん、マツさんが加わって、ひたすら必死に付いていくのみ。皆さんお疲れの様子で、何とか千切られずにゴールできました。

ライド後はみんな買い出し。別荘に着いた後は宴会。楽しかったな。