今年初レース

明日は東京ヒルクライム hinodeステージ。今年は怪我の影響で出遅れたから、一発目は富士ヒルのつもりだったけど、思ったより早く昨年の同時期ぐらいのレベルに戻すことができたので参加を決めた。近場で参加者も少ないので気楽だし、何より初入賞、初優勝(年代)した思い出深いレースでもある。

今年の目標は総合順位を上げること。入賞してるとは言っても総合成績では20位前後と全く物足りない。パワーがないので序盤の平坦区間ではどうしても遅れがちになる。なるべく集団の前の方で激坂区間に入れば、もう少し順位は上げられるはず。

今年は多少ワット数は上がってるし、多少デブなので平坦区間ではそこそこ走れるのではと期待している。

4/6 ヤビツ

体重53.1kg 起床時心拍44

先週末のヤビツが掛かり過ぎたのか、この週はローラーの調子がひどく悪かった。火曜日は自転車に跨った瞬間にギブアップ、木曜日は20分2本目までは順調だったが、3本目に入ったとたん全く踏めなくなってギブアップ。強度を落としてでも続けようと思うのだけど、ロングライドをやっていないせいか、L3とかL2で粘るといった走りができない。無理な時は全て無理、オールorナッシング的な。そんな状態で臨んだ土曜ヤビツ練。

いつものヤビメンが集まり1本目。序盤のペースがやけに速い。まっちょいさんとタマちゃんの引きが強力で蓑毛では300w近い数字が出ている。こんなんで最後まで持つんかと思うが千切れるわけにはいかないので、必死で付いていく。やがて巡航速度に入って一段落。

ローラーの不調がちょうどいい休養になったのか、掛かりまくってる。サイコンには見たこともないような数字が表示されている。後半はケンボーさんにツキイチさせてもらってゴール。工事信号を差し引くと大体30分半くらい、265wほど。なんじゃこれ。こんな数字みたことない。菜の花台~ヤビツ峠間に至っては270w以上という信じられない力が出ている。2本目も似たような感じ。

経験上、こういう異常な強度が出たときは反動が怖い。体調に気をつけよう。

3/31 宮ヶ瀬~裏ヤビツ

体重53.6kg 起床時心拍52

基本的に流しだけど、断続的にインターバルをかける。短い坂では300w以上をできるだけ長くキープ。宮ヶ瀬トンネル前の坂では2分1秒、317wでPR。裏ヤビツは遅すぎないペースで。経過タイム4時間56分に対して、移動タイム4時間34分。防寒着の脱着とトイレタイムがなければもっと早く帰れるなあ。

 

3/30 ヤビツ

体重52.9kg 起床時心拍47

今週もいつものヤビメン+Tさんと走る。

カイ君もリョウさんもいないので、ケンボーさんとTさんは我々オジサンのペースに合わせてくれる。決して置き去りにしてすっ飛んでいったりしませんよ。とてもありがたい。菜の花台以降、Tさんは彼方に消え去り、スギゾーさんを追っかける展開。速ぇ~何なんだこの人は。まるで追いつけない。かなりの差をつけられた挙句、ケンボーさんにも抜かれてゴール。工事信号ストップを差し引くと、30分ちょい、253wくらい。

2本目。ケンボーさんは離脱。今回もTさんはペースを合わせてくださる。菜の花台以降、Tさんが先行しスギゾーさんが追っかける。僕もスギゾーさんにツキイチ。今度こそ負けねぇぞ、とピタッとへばりつくが、どんなに踏み倒してもゆっくり離されて行く。速い、速過ぎる。クソ速い、何なんだこの人は。

死ぬ気で踏み倒してなんとか最後までついていけた。菜の花台以降のスギゾーさんはヤバイ。工事信号ストップを差し引くと、31分半、240wほど。

最後〆に蓑毛1本245wほど。まっちょいさんとスギゾーさんとケイ君は3本目もやったみたい。元気やな~。

それにしても僕らは死ぬ気で走ってるのに、Tさんは完全にゆるポタ。後ろから見るとほんとにゆっくり走ってるようにしか見えない。わかっちゃいるけどすごいな。

最近のローラーなど

相変わらず火曜日と木曜に20分3本をやって、それ以外の日は筋トレとストレッチというルーティンをやり続けている。要はFTP近辺を1時間以上やりなさいということなので、15分4本でも30分2本でも60分1本でもいいのだけど、僕にとっては20分という時間が最も集中できるし、狙った強度を出し易いので、このセット数に落ち着いている。

FTP設定は260wでやっているが、90%以上はクリアできるようになったので、そろそろ上げ時か。パワーゾーンには拘らず心拍の上がり具合を見ながら、上げられるだけ上げる方針なので、もはやL4とかSSTといった区別はない。そもそもリアルなFTPがわからないからパワーゾーンもよくわからない。閾値レーニングなら心拍計のみで十分なんじゃないかとも思う。

目を疑うほど掛かる日もあれば、しんど過ぎて1分で中止するときもあるが、とりあえずは三歩前進二歩後退的にパワーは向上しているので、まずは計画通りに進んでいる。

そろそろ高強度のインターバルをやんなきゃなあ、と思ってたけど3本ローラーじゃやりにくいし、こういうのは実走でやればいいんじゃないかと。逆に一定ペースで回し続けるようなのは実走でやりにくいのでローラーでやる方がいい。どのみち暑くなって長時間のローラーがキツくなると、短時間高強度系になるので、涼しいうちは今のを継続する。

所詮ローラーは補助的なもの。あれこれ悩まずシンプルに。

3/23 ヤビツ

体重55.0kg 起床時心拍48

前日は実家で家族と過ごす。母親は今年から週2回デイサービスに通い始めたそうで、その効果が出ているのか元気そう。目の力や声の張りが戻っていて、前に会った時のような恍惚感は影を潜めている。治ることはないけど、少しでも進行が遅れてくれればと思う。

551の肉まん7個と焼売10個食べてから夕方に家を出る。大量のカロリー摂取の効果か、停車は給油で一度SAに立ち寄ったのみで、後は飲まず食わずで運転し続けて23時くらいに帰着。速攻で就寝。

遅めに起きてヤビツへ。峠付近では雪が積もってるとの情報があったので、菜の花台までを2本と蓑毛を3本。長距離運転で疲れていたのか調子は今ひとつ。

3/22 伊吹山周辺を流して

f:id:raw_igu:20190402064222j:plain


実家へ帰省途中に琵琶湖に立ち寄ってビワイチでもやろうかと思ったのだけど、ものすごい強風が吹き荒れていて、湖面は冬の日本海のように荒れている。気温も低く、とても自転車なんか乗れる状態ではない。どこかに移動したいが米原に宿を予約済みなのであんまり遠くに行くわけには行かない。とりあえず山方面に避難。

適当な道の駅に駐車。グーグルマップで現在地を確認すると、すぐそばにヒルクライムレースで有名な伊吹山がある。レースで使われる道は自動車専用道路で自転車は走れないので、その辺の適当な道を走る。

山の中をどんどん走る。このまま行くと日本海側に抜けられそうだが、途中でスキー場があってここで行き止まり。

J-POP風の音楽が鳴り響くスキー場には雪がほとんど無く、谷間にチョロっと残ってるのみ。客もほとんどいなくて閑散としてる。寒々しい荒涼たる風景。

テンションが上がらないまま適当に走り続ける。何だかんだで4時間ほど走ったので、そろそろ撤収。最近マイブームの300w走で締める。3分持ちこたえた。

道の駅で飯。旨そうなもんがずらっと並んでいて迷う。鯖寿司と饅頭をチョイス。旨し。

琵琶湖で釣りでもしようとミミズを持ってきていたのだけど、この天候では無理なのでさっさとホテルにチェックイン。社長がネット右翼で有名で、部屋には香ばしい香りのする思想書が置いてあり思わず苦笑。しかし部屋の設備は素晴らしく、清掃も完璧で5800円のビジネスホテルとは思えない豪華さ。ていうかオーバースペックな気がする。

夕食を食べに近辺を徘徊する。関西のいいところは食べるところに困らないところ。関東以北ではラーメン屋とファミレスしかないような幹線道路沿いであっても、いい感じの食物屋が並ぶ。いちいちリサーチするほどグルメに関心がない僕にとってはこういうのはありがたい。とりえずいい感じのインド料理屋があったのでコース料理を注文。旨し。やっぱちゃんとしたカレーはいいなあ。