4/15 ヤビツ

体重52.6kg 起床時心拍51

雨が止んだので昼前くらいにヤビツへ。ウェット路面と落ち葉で自転車が汚れそうだが、もともと洗車の予定日だったので気にしない。踏めてる感はあるし、感触は悪くないのだけど、スピードが伴わない。遅すぎる。最近安定のヘボさ。いや、ヘボいというより、これが本来の実力と見るべきか。33分15秒(信号停止1分強)224w 167bpm 74rpm。夜はZ戦士たちといつもの海老名の中華屋で食事会。楽しかった。ここは酒が薄いので酒好きな人には物足りないかも知れないけど、僕のように酔うのが嫌いな人間にはちょうどいい。

伊吹山八ヶ岳で仲間たちが大いに活躍した模様。素晴らしいですなあ。

4/14 ヤビツ WH9000 C24 TU デビュー

体重51.3kg 起床時心拍49

今週はローラーもいい感じに回せて復調の兆し。下痢で体重が今年最軽量の50.7kgまで落ちるというトラブルもあったが、体調には問題ない。疲労も抜けきって脚がすっきり。新しいホイールを試すには絶好の機会だ。張り切ってヤビツへ向かう。

空気圧は前後共メーカー指定の8.0bar。相当な高圧だが思ったより乗り心地は悪くない。カーボンリムが衝撃をいなしてくれるのかも知れない。今日は一人なので名古木に到着してすぐに登り始める。

何となく心拍の上がりが鈍い。ずっと160bpmぐらい。スピードもあまり出ずいまいちな感じ。調子が悪いとは感じないけど、何はともあれスピードが出ない。平凡なタイムで蓑毛バス停を通過。神社あたりでようやく心拍が170台になり脚が回り始める。が、工事信号で1分20秒フル停止。せっかく上がった心拍も元に戻ってしまい、170bpmまで戻すのに5〜6分かかった。32分39秒(工事信号ストップ1分強)233w 168bpm 75rpm。

バス停のロータリーでクルッと回って即座に下山。このホイール、下りがすごくいい。ブレーキのタッチが良くて、制動も全く問題なし。アルミC24よりこっちの方が好きかも。

寒いので缶コーヒで体を温めてすぐに2本目へ。一人なのでサクサクと行動する。1本目の後半は少しだけ上げられたので、2本目はもうちょっといけるかなと期待したが、全くダメ。腹立たしいのはこういう時に限って信号がフルスルーなこと。調子がいい時にスルーさせろよ、この野郎。もっとも、調子の良い時なんて金輪際永遠に来ないかも知れないけど。34分51秒 209w 157bpm 72prm。

そんな感じで初カーボンチューブラーのシェイクダウンは、ほろ苦デビューとなりました。小生の貧脚では登りの性能を発揮させることはできなかったけど、先にも少し書いたように下りの感触がとても良い。コーナリングも狙ったラインにすっと入れる。これは思わぬ収穫であった。ツールド葛尾なんかに向いてるかも。ラテックスチューブのヴィットリア・コルサにするとさらに良くなる気がする。

それにしてもこの長引く不調が気持ち悪い。不調の時なんてこれまで何回もあったけど、どれも原因ははっきりしていたし、少し休めば回復していた。現在のは原因がよくわからないのが困る。来週レースだけどもうあきまへんな。潔く諦めよう。

何となくこのまま、万年「今日は調子悪いわ〜」野郎になってしまいそうな予感。それはそれでいいかな。ヘラブナ釣りでも始めようと思います。

そして明日は伊吹山八ヶ岳がありますな。伊吹山は実業団でケンボーさんとRYOさん、八ヶ岳はSさんとボリコさん&デゲンコさんが出場。めっちゃ応援しております。特にケンボーさん、RYOさん、Sさんは毎週のように一緒に練習させてもらっていた人達なので他人事とは思えない。ご健闘を心から願っております。

4/8 足柄峠、ヤビツZ練

めっちゃ寒い朝。完全にウェアの選択を間違えた。ガタガタ震えなが足柄峠の麓に到着。登り始めるが、まあダメ。特に地蔵堂以降は驚異的な遅さでどうにもならない。10%を越える勾配が続く区間にも関わらず心拍は120くらいまでしか上がらない。スピードも7kmとか。もはや調子が悪いとかいう次元ではなく、病気を疑うレヴェル。または霊にとりつかれたとか。そんな感じなので足柄峠はギブアップしてヤビツZ練へ。

既に皆さんお集まりだが、半分以上が知らない人。初期メンバーはほとんど消えてしまった。雑談もほどほどにヒルクライム開始。

完全に流しモードなので、最後尾からゆるゆる登り始める。何人か後ろにいたけど、「こいつ遅ぇ」と思われたようですぐに抜かれる。まだ序盤の序盤なのにゴールスプリントかのような勢いですっ飛ばしていく。

一定パワーを意識。勾配の強いところは普通に、平坦部は立ち漕ぎでパワーを上げる。よくわからないが心拍がいい感じに上がって、気持ちよく登れた。午前中の不調は一体何だったのだろう。心当たりがあるとすれば、薄着で出発してしまった為、腹を冷やしてしまったことかなあ。今年初めの極寒ヤビツで、腹や下腹部の防寒さえしっかりしていれば、末端が少々冷えようが割と何とかなるということがわかった。逆にそこが冷えればパフォーマンスに悪影響があるのかも知れませんな。

ところでこの日、バスさんにとても素敵な写真をたくさん撮って頂いた。レースイベントでプロが撮る写真をいいと思ったことはないけど、それは人間的な繋がりがある人が撮るか、プロが仕事でただひたすら大量に撮るかの違いなんでしょうね。

f:id:raw_igu:20180414123443j:plain


帰宅後、ホイールを先日購入したWH9000 C24 TUに取り替えて、近場を少し走ってみる。まあそりゃ軽い。前後RS81C24+GP4000+ミシュランラックス+CS6800 12-25が2415g。前後WH9000C24TU+TUFO+CS9100 12-25が1825g。その差は590g。ここまで差があると誰でもわかる

来週のヤビツはこれで走る予定。

4/7 ヤビツ

体重52.6kg 起床時心拍47

先週のバスさんとのヤビツを境にものすごく調子が悪い。この週のローラーはほとんどまともに踏めなかった。好調の日が続いていたので、その反動がきたのかも知れない。1日休養してから土曜恒例のヤビツ練へ。

調子の悪い時は序盤を抑え目にすると、悪いなりにそこそこ走れることはわかっている。しかしそうは問屋が卸さない。1週間後に伊吹山を控えたケンボーさんとRYOさんはファントム湘南のジャージを着て登場、完全に本気モード。猛烈なスピードで序盤の平坦区間を爆走してゆく。サイコンをチラ見すると460wも出ている。平坦でこんなパワーを出すのは初めてかも。素直に千切れればいいのだけど、何となく無理やり付いていってしまった。

もちろんひとたまりもない。蓑毛で完全に終了。八ヶ岳を控えて本来の力を発揮し始めたSさんにも簡単にパスされて一人旅。めっちゃしんどい。34分23秒(信号ストップ40秒ほど)215w 160bpm 70rpm。

1本でおしまい。帰る時に名古木交差点で立ちゴケした。腹筋が攣って痛かった。

4/1 西伊豆

体重52.7kg 起床時心拍52

マットさんのお誘いで表俊也さんとWさんと西伊豆へ。道の駅「伊豆へそ」に車を停めて、西伊豆スカイラインから仁科峠、松崎方面に下って再び仁科峠を登るというルート。僕は100kmほど走って途中離脱。皆さんは200kmくらい走られたようです。

あいにくの空模様で西伊豆スカイラインは霧で何も見えない。このあたりは絶景なだけに、西伊豆はお初のマットさんとWさんにとってはちょっと残念でしたね。風が強くて寒い。ひたすらゆっくりと走るが脚は重め。仁科峠ではちょっと踏んでみようかと思ったけど、200wも出せず。

3/31 ヤビツ 100miles練

体重52.1kg 起床時心拍48

天候の良い日が続いているせいか、体調がすこぶるよい。今週は既に800TSSを超えているが、特に疲労は感じていない。しかし身体には確実に相応の疲労が溜まってるはずなので、その辺はどうなのか。いつものように4時に起きて走行3時間前に1500kcalの朝食を摂取して出発。

序盤のノリスケさんの引きが強力で平坦でも千切れそうになる。蓑毛であっさりと千切れる。心拍の吹けはまあまあ。調子は悪くもないし良くもない感じ。思ったより走れているが、やはりそれなりに筋肉に疲労が溜まってる感じはある。一人旅なので淡々と走る。こういう時に限って工事信号は青。今日なんか別に赤でもいいのだけど。菜の花台以降で少し盛り返してゴール。31分04秒 233w 170bpm 74rpm。

2本目も同じような感じ。あっさり千切れて淡々とゴール。31分14秒 230w 166bpm 75rpm。

タイムも出力も心拍も「まあまあ」としかいいようのない出来。今日はこんなもんで。

下ってる時にborikoさんと遭遇。一瞬のすれ違いだったので挨拶はできなかったのだけど。遠いのに毎週ヤビツに登ってらっしゃる。偉いですなあ。

3/29 ヤビツ バス教室

体重51.6kg 起床時心拍47

先日、WH9000 C24 TUを購入した。その顛末は別の記事で書くとして、とりあえず初のチューブラーホイール、タイヤの貼り方を教えてもらうべくバスさんと連絡を取ってヤビツへ。

気温が高くて、初の半袖短パン。やっぱ軽装はいいですな。車で来たので蓑毛手前まで登って軽くアップ。朝練中の100milesのタマちゃんとすれ違う。

名古木イレブンでバスさんと合流、雑談してから1本目。気温が高いので体の活性も高い。30分43秒(工事信号40秒ほど停止)243w 174bpm 84rpm。

2本目。追い風に変わって蓑毛が走りやすい。今回はワット数を見ながら走ってみる。平均出力250wが当面の目標なので、なるべくそれに近づけるように意識する。勾配が強いと自然に出力が上がるが、平坦になると一気に落ちて平均ワット数を下げてしまう。なるべく一定ワット数にしたいので、勾配が強い区間はほどほどに、平坦に近いところはスタンディングで出力を上げるようにした。これが功奏したのかどうかわからないけど、菜の花台以降のタイムが異様に良かった。31分06秒(工事信号で1分強停止) 240w 171bpm 81rpm。

下山後、本日のメインイベントであるバスさんのチューブラー講座。最初にお手本としてバスさんにフロントホイールに嵌めてもらう。ちなみにタイヤはTUFOのS3 Lite。端からだと簡単そうに見えたが、なかなか硬くて手強いそうな。

リアは僕が嵌めてみる。バスさんのアドバイスに従いながら作業を進めるが、やはり最後の嵌め込みがキツい。腹筋が攣るし、握力も弱るし、利き腕の親指も痛くなる。僕みたいな貧腕には辛い作業だ。結局一人では完遂できず、バスさんのサポート付きでようやく終了。ふう〜、先が思いやられる。

吉野家で昼食。いろいろお話しができてよかった。バスさんはおしゃべりな方で有名だけど、自分が一方的に喋るのではなく、こちらからもちゃんと引き出してくれるので、それがとても心地良い。話し上手で聞き上手。素晴らしいですな。