8/19 2018 やいた八方ヶ原ヒルクライム

体重未計測 多分53kgくらい 起床時心拍48

富士チャレが控えていてそっちがメインレースとなるので、減量とかあまり気にせず、程々のテンションで参加。体重はベストより1〜2kg重いけど、腹のつまみ具合や血管の浮き方からすると、きっちり絞れてるので問題はない。減量していないとはいっても、炭酸水やキャベツの千切りで空腹を紛らすようなアホな食事制限をしていないだけのことで、元々のライフスタイルが早寝早起き、酒や菓子はほとんど口にしない、といったつまんねぇ男の典型のようなものなので、普通にしててもあまり太らない。

いつものように体調はパーフェクト。気がかりがあるとすれば急に気温が下がって涼しくなったことくらいか。暑さに順応しているので、出来れば一時期のような灼熱地獄の中でやりたかった。

結果から言うと年代別5位という微妙な結果に終わる。展開によっては入賞に滑り込める余地が無くは無かっただけに、ちと悔いが残る。出力は44分で250wと多分過去最高レベル。SSTで一杯一杯という最近の調子では考えられないくらいのパワーが出たんだけど、いかんせんレースの下手過ぎる。

▪️前日
ここ数日、グーグルマップで圏央道東北道の渋滞状況をチェックしてて、昼過ぎにはほぼ解消することがわかったので、そのあたりに合わせて出発。目論見が当たって順調に矢板に到着。もちろん途中のSAでデカドラ焼きを買うのを忘れない。

ホテルでバス組と合流して夕食へ。グーグルマップで近くにパスタとステーキの店を見つけたので行ってみる。ガスト的な店だろうと舐めてたら、ちゃんとしたコース料理を出す本格的なレストランであった。

レースの前夜としては、いささかオーバースペックな料理が出てくる。前菜からデザートまで絶品料理が出てくるのだけど、どうにも気持ちが落ち着かない。こういうのはレースが終わった後に、リラックスしながら楽しみたいもの。アルコール無しというのもちょっとなあ。率直に言うとレースの前日は炭水化物以外のものを食いたくないので、何と言うかモヤモヤとした複雑な気分で美味しく頂いた。

▪️当日
4時起床。ホテルの駐車場で恒例の朝ローラーを30分。直前に心拍計が壊れてしまったので、当てもなく適当に回す。ローラー後はシャワーを浴びて朝食(シリアル、牛乳、バナナ)を食べて6時半に出発、5分後に指定の駐車場に到着。

慣らし無しのいきなり実戦投入となるコルサスピードに8.5barほど充填。空気が抜けることを見越して1bar多めに入れておく。アップとして50分ほどみっちり走り込む。心拍計が無いので調子の良し悪しはわからない。

直射日光の下でじっとしてるのが苦手なので、皆と離れて体育館に引きこもる。のんびりしている間に長い行列ができていたので、重い腰を上げて列に並ぶ。かなり後方だが気にしない。パレード走行に続いていよいよアクチュアルスタート

・ホイール:WH9000 C24tu
・タイヤ:コルサスピード 23c tu
・ウェア:サンボルト メッシュセパレートワンピース
・シューズ:Lake 301
・ソール:付属してたやつ

とりあえず前年度優勝者のKさんと、ヤビ練仲間のHさんの位置を確認しておく。今回の参加者でおそらく最強であろうMさんはお顔を知らないので未確認。まあ僕とは格が違うので、確認したところでどうにもなるわけではないが。

ゆっくりとしたスタートだが徐々にKさんが飛び出す。いや、Mさんや3位の方も飛び出たはずだがKさんに固執し過ぎて全然記憶にない。

かなり離されたがなんとか目視の範囲内に収める。Hさんと一緒にペースを上げて追いつく。しばらく3人で走る。

Hさんが前に出る。追うか追うまいか迷うが、なんと無くHさんがしんどそうに見えたし、Kさんは余裕そう。ここは追わずにKさんにつきいち。しかし徐々に差は開き、気づいた頃には大分差は広がっていた。う〜ん、どうもKさんは追わなかったのではなく、追えなかったらしい。

結局、これが勝負の分け目となる。Hさんを視界に収めながらも差を詰められず、そのままゴールすることになる。恒例の負けパターンですな。

Kさんの他に1人か2人、同カテゴリーの選手がついてくる。最悪なのはゴールまで彼らを連れて行って、最後に全員にブチ抜かれる事態。これだけは何としても避けたい。ふいにくるKさんのアタックに便乗して僕も加速する。そうしているうちに他の選手は消えてKさんと一騎打ちに。Hさんは見えているがちょっと追いつか無さそう。

Kさんは中々のレース巧者で勾配がゆるむと自然な感じでスッと前に出される。こっちもHさんを追いたいし、後続も切り離したいので脚を緩めるわけにはいかないので、ガンガン踏む。栃木の方なので、このコースは詳しいのかも知れない。

ゴールが近い。Kさんがスパートをかける。今までのアタックは対応できていたが、今回のは今までのとはキレが違う。あっという間にぶっ飛ばされた。10秒の差をつけられて完全敗北。

目視で捕らえながらも追いつけないとか、ゴール間際で差されるとか、この光景を何度見たことだろう。完全に敗北パターンが出来上がってしまっている。いかんな~と思いつつも現状どうしようもない。地道に1分あたりの領域を強化していくしかありませんな。もちろん引き続きFTPの底上げを図っていくのは言うまでもない。

この時期にベスト級のワット数を出せたのはとてもいい兆候。練習の成果が出ている。例年10月くらいに峠のベストタイムが出るので、今年最大の目標レースであるFUJI-ゾンコランまでにはもう少し出力アップが望めるかも。

8/12 足柄峠

体重51.8kg 起床時心拍48

八方ヶ原のレースを一週間前に控えて、暑熱対応の為、足柄峠へ。暑い中での練習に関して僕は否定的だけど、とは言えレースは暑い中で行われるので、多少は準備しておく方がいい。一応僕もスポーツを始めて数年経つし、普通の人より体力はあるはず、保水と冷却に気をつければ数時間程度なら問題ないでしょう。ボトルは富士チャレ対策として購入したエリートの950mlの大型ボトルを携行。

朝、雨が降っていたので出発は遅めの5時半頃。ファストランなので全行程全力で走る。信号以外の停止はトイレのみ、この時にコーラ350mlを飲んで補給も済ます。曇っていたので灼熱とまではいかないけど、蒸し暑くてヒルクライム中は窒息感がある。

水をかけまくる。多分飲むよりかける方が多い。それでもエリートの950mlボトルを使い切ることはなかった。中々の容量だけど、吸い方が普段使ってるポディウムと勝手が違うので少々扱いづらい。レースでは多分使わない。

復路も全力。坂は全部もがきを入れる。それでも終わってみればTSSは180ほど。TSS200の翌日という少し疲労が残っている状態では、数時間程度のソロライドで200まではいかないな。今までは土曜ヤビツ練、日曜はソロのフリーライドというフローでやってきたけど、土日で400以上積もうと思えば逆の方がいいかも知れない。

帰宅後はレースに備えて洗車と整備、ショップで振れ取りしてもらったC24tuに、tufoに代えて購入したコルサスピードをセットする。軽く近所を走って変速とブレーキの当たりを確認。自転車を汚したくないので、この週はローラーのみの予定。

 

8/11 ヤビツ

51.7kg 起床時心拍43

体調の良さを反映しているのか、このところ起床時心拍が低め。

まっちょいさんが7時から合流とのことなので、1本目はソロでのんびり登るかあ、と思ってたら名古木イレブンにマツさん、ノリスケさん、タマちゃんがいるではないか。のんびりモードにスイッチが入っていたので、気づかないフリしてこのまま行っちゃおうかという考えが一瞬頭をよぎるが、やはり強度を上げるチャンスなので、ここはちゃんと合流して一緒に走る。

いつもは余裕の走りでマシーンの如き強さを見せるノリスケさんが、かなり不調とのことで、何とか僕でもついていける。30分36秒 239w 171/184bpm 87rpm。

2本からまっちょいさんとRYOさんと合流。蓑毛で千切れる。後半からはインターバル練をやってるノリスケさんと抜きつ抜かれつ走るが、ボトルを落としてしまってここからはソロ。タレそうでタレなかった。いい感じ。31分22秒 226w 165/176bpm 82rpm。

最近は復路もきっちり走ることにしている。全体の走行時間のうちL4以上の割合を増やすようにしたい(今は10%ほど)。

8/5 ヤビツ

体重52.0kg 起床時心拍49

前日のあざみライン&山中湖がTSSが200ぐらいで少し疲れを感じるが、コンディションが上向いてきているので、最初からあげていく。すぐにまっちょいさんと二人旅になって、最後のゴールで捲られて終了。菜の花台以降は完全ツキイチを決め込んでスプリントを狙ったけどダメだな〜。完全に負け癖がついていて、脳が諦めてしまう。まあでもこれだけ踏めるのは久しぶりなので気分はいい。30分30秒 236w 176/186bpm 91rpm。

2本目。多少タレながらも再びまっちょいさんと二人旅。最後はスパートをかけられて、追いかける脚もなく普通に終了。31分07秒 227w 171/180bpm 83rpm。

タイムもパワーもベストから遠いけど、感触はとてもいい。確実にコンディションはあがってる。

8/4 あざみラインと山中湖

体重52.2kg 起床時心拍44

いつものように「ふじおやま」に車を止めて、5時頃出発。麓までゆっくり登って、あざみクライム開始。序盤はいい感じで、しばらく感じていなかったような好感触。パワーが持続しないし、それなりにタレてくるけど、先日のような脚が止まってしまいそうな絶望的なキツさはない。今年初めてアルミホイールであざみラインを走るけど、こっちの方が全然いい。600gも重いのに。

イカー規制期間中だから観光バスが多い。激坂区間でバスがやってくると路面の悪い端の方を走らなければならないのでちょっと緊張する。

59分で登頂。全然ヘボいタイムだけど、レース以外で今年初めて1時間を切ったのでほっとした。

さっさと下る。超気持ちがいい。気温が高いせいかなの、それとも変態スケスケワンピか、またはその両方のせいか、やけにスピードが出る。最後の直線で80kmを超えたのはさすがにびびった。

お次は籠坂峠を超えて山中湖を3周。気温は20度ちょっと。涼しく快適極まりない。エアロを意識してスピードを重視。ちょっとづつペースを上げて最後の折り返しの籠坂峠へ突入。全開で踏んでPR。最高のシメ方。「ふじおやま」まで一気にダウンヒル

最後は「ふじおやま」の横にあるセブンイレブンで牛乳、チキンサンドウィッチ、サラダチキン、アイスクリームで十分に糖質を充填しておしまい。9月の富士チャレ200kmソロと10月のFUJI-ZONCOLAN両方の練習を兼ねたこのライド、しばらく続けよう。

7月はびっくりするほどやる気がなかったけど、それでも可能な限り時間を捻出して自分史上最長の1600kmを乗った。やる気がないから質は望めない。何も考えずにただ乗るだけ。そんなテンションの低さでも続けてるうちに、徐々にコンディションは上がってくる。8月に入ってようやく上昇基調に乗った感じ。秋の勝負レースに向けてきっちり身体を作っていこう。

8/1 朝ヤビツ

体重51.8kg 起床時心拍47

パスポート申請の為、午前休を取得。ついでに朝ヤビツ。しんどくて200wがやっと。4時に出て信号以外ノンストップだと復路も渋滞を回避できる。2時間半で帰着できた。シャワーを浴びて朝飯の準備。パスタ200gに納豆とタマゴと醤油。糖質枯渇状態の身体に沁み入る旨さ。朝練のモチベーションはこの朝飯だと言っても過言ではない。

御盆前に混雑を見越して9時前には湘南パスポートセンターに並ぶが、ほとんど人はいなくて9時5分には手続き終了。

7/29 宮ヶ瀬5周

体重52.4kg 起床時心拍46

台風襲来。北陸とか新潟は雨が降ってなさそうなので、ビジホ合宿を画策したけど、左足首に違和感があったのでおとなしく休養日に当てた。

日曜は午後から晴れたので、14:30くらいから宮ヶ瀬を回る。暑さのピークではあるけど、日差しは弱まりかけている。路面が荒れているので慎重に。1周目が終わったところで、逆周りに走ってきたみつさんと合流。

みつさん、いつものようにガンガン前に出るのかと思いきや、なんかおとなしい。何度か先頭交代するものの、アタックとかは無しでいい感じのペースで引いてくれる。暑くてやる気が無いのか、気を使ってくれてるのか、舐められてるのか....。もちろん僕としてはその方がありがたいのだけど。

やはり夕方は出力が出やすい。ほっとくと簡単にL5、L6まで入ってしまう。足首に不安があるし、5周100kmを同じペースで走りきりたいので、パワーではなくエアロを意識したフォームでスピードを重視する走りを心がける。服部牧場周辺の坂もFTPを上限にする。

3周目でみつさんが離脱して、残り2周は単独で。5周回って宮ヶ瀬から土山まで全開で走って気持ち良く帰着。気温が高くてスピードがよく出る。3時間半で終わってしまった。