箱ヒル後

箱根ヒルクラの後、百参る会の打ち上げとしてみんなとウナギを食べに行った。

ウナギなんていつ以来だろう。オートバイに乗ってた頃はツーリング先でちょくちょく食べてたけど、最近はすっかり御無沙汰。スーパーや牛丼屋のウナギは、ウナギとしては安いかも知れないけど、魚介類としてはクソ高いし、数百円でサンマやサバ、カツオといった美味な青魚が手に入ることを考えると、わざわざ食べる理由がない。ウナギはやはりちゃんとしたお店で食べるに限る。

ウナギを卵焼きで撒いた「う巻き」から始まって、内臓の串焼き、2匹使った特重。

まあ、美味しいに決まってますわな。特に「う巻き」は初めて食べたけど、まさに絶品。年に一回くらいはこういうのもいいですなあ。企画してくれたバスさんに感謝感謝。

それにしてもオートバイを降りてから、温泉や美味しいものを食べる機会がすっかり減ってしまったなあ。

ヒルの振り返り。

低モチベーション、練習不足、膝痛、足の指攣り、猛烈な口乾感などネガな要素だらけで、結果もしょぼかったので、しばらくほったらかしにしてたけど、一応走行データを確認。あれ、パワーデーターとれてないやん。仕方ないのでヒルクイラム計算で調べたら45分で260wぐらい出てて驚く。これを信じるなら今年最高のパフォーマンス。全くやる気がなく、ただ参加しただけのレースがベストとは皮肉なもんですな。確かに赤ドグマ氏にツキイチしてる時は、自分の体とは思えないような力を感じて、違和感を覚えるほどだった。ちょうど前日にクレアチンローディングを完了していたので、その効果かもしれない。たまたまかも知れんけど。

こっからは小言。

人に仕事を割り振る立場になってしばらく経つ。そこで確信したこと。
・残業が多い人は残業したいだけ。
・人は皆、自分のやってる仕事は、世界で最も過酷だと思ってる。
・人は皆、自分のことを有能だと思ってる。
・人は皆、大変なのは自分だけで、他の奴らは怠けてると思ってる。