RAW ROAD

40歳からのロードバイク記録

11/7 湘南平~パンク~ヤビツ


スポンサードリンク

体重52.5 起床時心拍45

伊豆に行きたかったが、天気予報が良くなかったので近場のヤビツで済ますことにする。

朝飯は最近の定番のペヤング。この日は唐揚げをトッピングした。ロードバイクという過剰にカロリーを消費する遊びでもやってなきゃ、迂闊に食えない代物でもある。過剰に食べて過剰に運動。あんまり品の良い行いではないし、複雑な気持ちは持っている。

ちなみに僕は付属のソースは3分の1しか入れない。そのくらいで十分だろう。

集合時間にはまだ時間があるので湘南平へ寄る。昨晩、ようやくフラフラせずにできるようになったブルガリアンスクワットを、初めて10回3本をやったせいか太腿に力は全く入らない。

6:33 268w 163/170bpm 97rpm

ロードバイクのトレーニングに差し障りが出てくるかも知れないが、逆に言えばそれは効いてるということ。ここは長期的展望に立ち、一時的に遅くなることを恐れずにブルガリアンスクワットを継続するべきであろう。

ヤビツへ向かう途中で突然まっすぐ走れなくなった。フロントがパンクしている。またかよ~。エアを入れようとしたら携帯ポンプを持って来るのを忘れたことに気づく。エアは抜けきってはいないが、まともに走れないぐらいには抜けてるので、自走での帰宅は諦めるしかない。

軽く焦ったが、IRCのパンク修理剤「FAST RESPAWN」を持ってることを思い出したので早速使ってみる。1回使い切りの製品なので失敗は許されない。説明書を熟読して慎重に作業開始。

・空気を全部抜く
・バルブを下にして付属のアダプタを取り付ける
・押し込む

穴からシーラントが吹き出る。えらい勢いで噴出し続けるので、ちゃんと穴は埋まるんかいなと不安になるが、走ってるうちに固まって走れるようになった。ある程度は空気も入るので、自宅までの7~8kmくらいなら問題なく走れた。ただあくまで必要最低限のエア量なので、やはり携帯ポンプはあった方がいいだろう。

帰宅して空気を入れる。穴は塞がってくれたようなのでヤビツへ再出撃。やはりブルガリアンスクワットが効いてるようで、まったく掛からない。ここは割り切ってサイコンも見ず、瞑想的に2本やっとく。
 
45:58 182w 136/149bpm 71rpm
51:17 157w 125/147bpm 65rpm

来年春にオープン予定の「ヤビツレストハウス」の工事が本格化してきた。
 
アメリカ大統領選、開票作業は続いているが、ほぼバイデン氏に決まる様子。「赤い蜃気楼」に騙されて最初は焦ったが、終わってみれば世論調査の予想通りになりそう。
 
コロナは絶賛拡大中。

f:id:raw_igu:20201109133254j:plain

f:id:raw_igu:20201109133226j:plain