Garmin vector3 長期インプレ

ペダル型パワーメーター、Fevero assioma導入にあたって今まで使ってたVector3のインプレなんぞを不具合の経過なども含めて書いてみる。

2018年1月購入
2018年1月14日 電池をLR44に交換
2018年1月24日 接続切れ、スパイクなど不具合が連発
2018年1月29日 サポートセンターに連絡。wifiと干渉してんじゃないかとか色々言われて対策するが効果無し

2018年2月20日 電池をより高性能なSR44に交換、再セットアップなど、思いつく限りの対策をしても不具合が止まらない。修理に出す

2018年3月9日 新品交換となって戻ってくるが、症状は変わらず

2018年4月 ガーミンの英語版のヘルプに不具合がまとめられているのを偶然発見。電池の接触が良くないらしく、「フレッチング」と呼ばれる電極面が振動で擦れて黒くなる現象が出ていた。油を差すなど対処法が書かれていたのでその通りにする。とりあえず症状はマシにはなったけど、安定運用にはほど遠い。こういう重要な情報を何のアナウンスもなく英語サイトだけにだけ載せるgariminに不信感を感じた。

2018年7月 garminが正式に不具合を認める。バッテリーの接触不良が原因ということでバッテリーの蓋が交換になった。これで不具合は完全に解消。しばらくは安定に運用できた。 

2019年5月 いつものように電池交換したら不具合連発。右ペダルのバッテリー蓋を強く締めてしまった為にネジ山が破損して、蓋がちゃんと締らなくなったことが原因だと思われる。それで左ペダルのみでの運用に切り替えたが、細かいスパイクはちょくちょく出るので、やはり何かがおかしい。

現在はローラー用の自転車で使用中。ローラーだとスパイクの修正もしやすいし、実走より振動も少ないので、なんとか使えている。

▪️その他の感想
・電池稼働時間:SR44で120〜140時間、LR44で40〜60時間ほど
・バッテリー蓋の開閉に気を使う。ちょっとでも傾けて締めてしまうとOリングが噛み込んで破損してしまう。締め付けトルクも慎重に。弱くても強くてもダメ。
・ガーミンコネクトとの相性がよく、様々なデータが拾えるのが楽しい。
・出力値は「ヒルクライム計算」などとほぼ一致。上振れとか下振れもなく安定している

▪️買い?
やはりオススメはできない。多機能で良いパワーメーターだと思うが、接続切れとかスパイクのリスクがある以上は無理。パワーメーターという正常に動いて当たり前の機械が不具合連発するとストレスが半端ではない。