FUJI-ZONCOLANヒルクライム 2018 年

体重51.1kg 起床時心拍46

突如発症した右膝痛で悶々とした1週間を過ごしていたけれど、結果から言うと、なんとか右膝は持ちこたえてくれて、ベストを2分短縮して51分12秒、年代4位。ここまでやってまだ表彰台に届かないというのはなんとも切ないけれど、文句なく今年ベストパフォーマンス。

何が嬉しいって熟考して計画したプランがバチっと決まったこと。右膝痛だけが誤算だったけど、それ以外は完璧に想定通りに仕上げられた。狙い通りの結果を出せたのでそれが最高に気持いい。よく言われることだけど、結局のところレースは数ヶ月前からの準備で決まる、それを実感した。

レース活動を始めて3年目。トレーニング本や運動生理学とか栄養関係の本をたくさん読んで知識を入れて、考え、試し、実行してきた。それらで得られた情報を自分なりに咀嚼して、このレースにぶつけてみた。それが実ったことが本当に嬉しい。

コンディショニング、食事、練習メニューなどは一応の指針というか方向性は見えてきた。今後はペダリングやフォームなどスキル面とマッサージとかストレッチなどのアフターケア関係が課題となる。右膝も痛めてしまったことだし。来年は富士ヒル・ゴールドという至上目標があるけど、それにつなげられたらと思う。

とは言うものの、こんなのは年に何度もできないね。せいぜい2回くらい。今の気持はもうレースなんてうんざり!

レース展開はまた後日。