9/9 ヤビツ

体重52.3kg 起床時心拍51

1本目はバスさん、スタントンさん、新規Z戦士の皆さんと。バスさんは1本目はゆっくり走ると言うし、スタントンさんも前日のロングライドで疲れているので、結局、終始一人旅であんまりテンションが上がらずに終了。

2本目はいつものメンツが集結。最近は敗北慣れで消極的な走りが目立っていたが、目標レースが近いし、ここは初心に戻って前へ前へ積極的に動く。まあ最後は捲られたけど、ぎりぎりまで粘れたので悪くはない。

やっぱり攻めないとダメだなと。「ツキイチ」とか「温存」なんてのは強者がやる戦術であって、僕みたいな引き出しの少ない貧脚は積極戦法が一番いい、という結論。

スプリント的なのはそれなりに練習してきたけど、ほとんど進歩がない。やはりFTPを底上げするしか無さそう。

RYOさんからお借りしたBORA ULTRAの感想。正直なところ、レーシングゼロほどわかりやすいビビットな反応を感じ取ることはできなかった。まあヤビツ2本くらいじゃ無理もないか。おそらく長い期間を乗り込んでいくうちに良さがわかるようなホイールなのかなあと。「隙の無さ」「欠点の無さ」みたいなのもなんとなく感じる。

バスさんがヤビツのベスト更新。後ろに誰かがいるのは知ってたけど、ノリスケさんだと思ってた。バスさんは謙虚に「引いてくれたおかげです」などとおっしゃるけど、僕は引くつもりなんて微塵もなく、後続なんて全く気にかけず必死に走っていたので、それについてこれたのは明らかにバスさんの実力です。そもそも僕は今まで誰かを引いてあげよう、ベスト更新の手伝いをしてあげよう、などと思ったことは一度もないし、求めたこともないからね。そういうメンタリティはようわからん。

スギゾーさんやミツさんもそうだけど、未だに成長を続ける年上の方を見ると本当に勇気付けられる。お世辞でもなんでもなく心からそう思う。