7/1 ヤビツ

自走であざみラインか富士スカイラインに行こうかと思ってたが、脚が重くて全くやる気がしない。とは言え、ここ一か月くらいまともに練習してないので、きっちりと負荷をかけておきたい。こういう時こそ人と走るに限る。というわけで雑兵ヤビツ練へ。

ホイールはWH9000C24TU、タイヤはTUFO S3 Lite 215gをセット。決戦用の組み合わせだが、普段から使って慣れておく必要を感じたのでしばらくこれを履きっぱなしにするつもり。

空気圧のテストもしたい。ポンプのゲージは精度が悪すぎるのでパナレーサーのデジタルゲージを使用してちゃんと測定する。このタイヤの指定空気圧の下限値は8.0barなので前後ともこれで走ってたが乗り心地が悪すぎるので、前7.4、後7.7まで下げてみた。これが中々良い感じ。軽量ホイールを履いてる感がある。もっと下げたり、 逆にパンパンにしたり、いろいろ試す価値はありそう。

本来ならワット数と比較してみるのが標準的なやり方なんだろうけど僕は気持ち良さを重視するのでワット数はあえて無視。気持ちいいけど抵抗が高いタイヤと、乗り心地悪いけど抵抗は低いタイヤがあったとすれ、迷うことなく僕は前者を選ぶだろう。他の人はどうか知らなが、僕の場合、追い風の時はすごく高い出力が出るけど、逆風の時は全然出ない。つまり追い風だと気持ちいいからやる気になってグイグイ回すし、逆風だと面倒臭いからチンタラ走ってしまういうこと。乗り物スポーツにおいて気持ち良さや爽快感は、何よりも優先すべきものだと思ってる。

で、ヤビツ練。思ったよりしっかり回せる。心拍も出力も悪くなく最後はマツさんとゴール。疲れてて調子が悪い時ほど人と走るに限るなあ。2本目もマツさん、チョウナンとパックで走っていい感じでゴール。こういう言い方はちょっと失礼だけど、お二人とも速過ぎないのがいい。しんどいけど頑張れば何とかついていけるぐらいのペース。TSSも200越えたし満足。2日続けてTSS200越えとかいつ以来だろう。1人だったらヤビツ50分くらいかかってたようなテンションの低さだったので、一緒に走ってくれたメンバーにはほんと感謝。

帰りにマツさんと鶴巻の「食パン道」へ。新しくて小奇麗なお店なので、汗まみれのサイクルジャージではちと入りずらい感じ。この時は開店直後で他にお客はいなかったのでよかったけど、混雑してると避けたほうがいいかなあ。イスのシートも布製のきれいなものなので、オッサン汁を染み込ませない為にも座る時は何か敷くなどの配慮は必要かも。

目玉焼きを乗せたトースト、シュガートースト、ラスク的なやつを2個。もちろんおいしい。次回は一斤丸ごと食べたい。ハンバーグとフレンチトーストも追加で。