5/20 車坂峠ヒルクライム

体重 未計測、多分52〜53kg 起床時心拍50

起床時心拍が高いけど、これはいつも使ってる眠りの浅い時を見計らって優しくアラームを鳴らしてくれる睡眠アプリではなく、ホテルの無粋な喧しいアラームで叩き起こされたせいだと思う。

今年2回目のレースは年代別4位とい残念な結果に終わった。寒さのせいで心拍も出力もいまいち、後半、ようやく心拍が上がって脚が回り出したが時既に遅し。毎週のヤビツ練でもそうだけど、どうも気温が低いと体が動かない傾向がある。しかしこのレースはマスドスタートなのでみんな同条件。気温が高くてコンディションが良かったとしても全体のペースが上がるだけで、順位は変わらなかっただろう。

・前日
04:00 起床、朝飯(卵かけ納豆、味噌汁)
05:00 出発
09:00 到着 (移動中にSAでパン2個食べる)
10:00 下見。ゴール地点で絶景ローラーの予定だったが強風で寒いのでやめる。
10:30 温泉。自分のガリガリの体に驚く
12:00 昼飯(ざるそば、天ぷら、わらび餅、卵のスモーク、サラダチキン)、昼寝と読書
14:00 受付
15:00 チェックイン
18:00 晩飯(温かいそば、淡水魚の旨煮、串団子3本、ヨーグルト)
21:00 就寝

・当日
04:30 起床
05:30 ホテルの駐車場でローラー30分
06:00 朝飯(食パン2枚、牛乳500ml、ヨーグルト)
06:30 会場入り、アップとしてローラー40分ほど
08:30 スタート地点に移動
09:35 スタート

298番の猛烈なスタートダッシュから始まる。5人ほど先行して僕は6番手くらい。寒くて震えながらの待機後に、このロケットスタートはキツい。2年前の南郷スプリントクライムを思い出す。最も苦手なパターンだ。しばらくついていくが298番の方はちょっとレベルが違う感じなので追うのをやめる。周りもそんな雰囲気。2位〜3位争いになる。

300w越えがしばらく続く。キツ過ぎる。後でログを確認すると300w以上出してた時間は1分ほどだけど、体感的には5分くらいな感じ。早く巡航速度に落ち着きたい。275番の方が何となくペースが合いそうなのでツキイチさせてもらう。

4位までジャンプアップ。2番手の人はしんどそうなんでそろそろ限界だろう。298番は遥か先。もう追いつけまい。ここで206番がするするっと抜いていく。かなり速くて僕も275番も追うことが出来なかった。

206番があっという間に消えてしまって275番と3位争いなる。が、275番の小刻みな加速に付いていけず、じわじわと差が広がる。最大で50mくらい先行されたように思う。心拍が上がらず、あかんパターンだが、入念なアップのお陰かどうかわからないが、何とか持ちこたえて275番を目視で捉えられる範囲内の差をキープ。このあたりはちょっとした成長だと思う。

我慢の走りが続く。キツいにも程があるが、中盤以降になって心拍が上がり始めて、ワット数も上昇基調。やっとエンジンが始動。275番との差が詰まり、その先には206番も見える。206番には追いつかないだろうが、275番にはちょい挿しを狙えるかも。

しかしそんなに世の中甘くない。近づくとチェックが入り加速されてしまう。結局そのまま4位でゴール。232w 172bpm 79rpm

ゴール後、ショウタ君と談笑して過ごす。彼はまた優勝したようです。忙しくて練習する暇がないのに、大したもんですなあ。このレースは表彰は3位までなので、さっさと帰ってしまったのだけど、賞状は出たようです。ショウタ君に代理で受け取ってもらいました。ありがとう。

レース後は多少落ち込んだけど、寒さ&ロケットスタートという僕の2大ウィークポイントな状況で、何とかレースを壊さずに済んだので、そんなに悪くはなかったのかなと。野球に例えれば、ランナーを出しつつも最小失点に留めたようなピッチング、みたいなもんか。