ちょっとしたセンス

身体能力やライディングスキルといったものとは違うし、また頭の良し悪しとも違う何というかちょっとしたセンス、みたいなのも結構重要なんじゃないかと思ってる。

例えばネット計測のレースにも関わらず、嘘のタイムを申告してまで前に陣取るという無意味な行動や、何がやりたいのかよくわからない一貫性のないトレーニングメニュー(いわゆるメニューのつまみ食い、ってやつ)をやってたりするのはセンスがない。また栄養とかトレーニングといった本来なら信頼のおけるちゃんとした書籍で学ぶべき知識を、個人ブログやSNSといった質の低いソースから得ようとしたりするのもまた然り。情報とか知識といった無形の価値に身銭を切れないメンタリティーが何ともプアーだ。

まあ僕に「センスがない」と思われたところで何の支障も無いですし、「センスある」と思われたところで何も得することはない。強い人は何をやっても強い。スポーツなんてそんなもん。結局何が言いたいのかというと、嫌味で人に不快感を与えかねない記事をちょっと書いてみたかっただけです。