12/16 ヤビツ 100miles練

4時に起床して練習3時間前に朝食を済ましてから名古木へ。メンバーはまっちょいさん、Ryoさんの常連に加えて、最近群馬から神奈川に転勤してこられたというSさんの4人。

いつものように旧デイリーからRyoさんが飛び出すが、すぐに彼方へ消えるということはなく、神社ぐらいまではチラチラと目視できたのだけど、追いつけるはずもなくじきに消え去った。

ここからはまっちょいさんと二人旅。7:3ぐらいでまっちょいさんが先頭。もうちょっと前に出れればいいのだけど中々厳しい。

まっちょいさんはダンシング率が高い。後でお話を伺うと「ダンシングで頑張って、シッティングで休む」のだそうだ。つまりシッティング率99%の僕にとってはキツいインターバルトレーニングをしているようなもの。彼が立ち上がると嵐を前にしたような心境になる。ただただじっと耐え忍ぶのみ。

ゴール前でちょっと上げてみる。が、しっかり追走されてゴール前で捲くられるといういつものパターンで終わり。しかし、いつもなら抜かれた瞬間に心が折れて踏むのをやめてしまうのだけど、今回は粘って最後までしっかり回した。ちょっとした“カイゼン”ってやつだ。こういうのを積み重ねるとそのうち良いことがあるかも知れない。

2本目も同じようなパターンだが、途中でまっちょいさんを引き離してゴール。まっちょいさんより先にゴールしたのは初めてなのでちょっと嬉しい。まあ序盤はずっと引いてもらってるせいなのだけど。

ともあれ2本ともきっちり走れて満足。この練習会にも順応できてきたようだ。