ツールド葛尾

ツールド葛尾に参加してきましたよ。 31kmのコースを2周するんですが、結果から言うと2周目で先頭から10分以上離れてしまい足切りタイムアウト、計測チップ没収のDNFとなってしまいました。とりあえずは1周はクリアできたし、運営が足切りの趣旨を理解していないのか、チップ没収後もそのまま走れて、結果的には2周走ったことになるので、まあ悪くはない。

今年後半の目標レースであったfuji-zoncolanが終わってからどうにも気が抜けてしまい、緊張感の無さは否めない。それでも何とか最低限のコンディションだけは整えおきましたが、もりもりランドの登りで危惧していた「心拍上がんねー、力出まへーん」状態になってしまい、その後の下りと平坦は一人旅。これでレースは終わりました。

そんな感じのアレなので「悔しい」とか「リベンジだ!」みたいな気持ちは全くない(そういうのはちゃんと努力して準備してきた人のみが口にできる言葉)のですが、やはりDNFというのは寂しいもんですな。

このレースは登坂力、下りスキル、バイクコントロール、位置取りなど、ロードレーサーとしてのすべての能力が試されるので、シーズンの締めくくりとしていいかも知れない。来年もこの時期にやるなら参加したいですね。

(前日)
08:30 マツさん、シカさん、ヘックンの4名で圏央道厚木IC出発
13:00 葛尾村に到着。雨の為、クルマで下見。タクミさんと合流してもう一周回
15:00 雑魚寝宿泊場所のみどり荘に入る。寝袋は村の方で用意してくれるとのことだったが、「洗濯代」として500円徴収されることが判明。聞いてねー。持参してきてよかった。BBQまで時間があるので、ウダウダ過ごす。修学旅行みたい。
19:00 BBQ。ビール、豚肉、ラム肉など。本気レースなら絶対パスするけど、今回はイベントレースなので適当に食う。脂っこいものを食べなれていないので、胃がもたれて苦しい。適当に抜け出す。
21:30 床が固くて腰が痛い。ほとんど眠れず。

(当日)
04:00 起床、飯とか便所でウダウダ過ごす。
06:00 ウォームアップ。しかし寒すぎてウォームアップにならない。ガーミンは氷点下の気温を示している。気分が悪くなって吐き気がするのでみどり荘に退避。
9:00 レーススタート

ローリングスタート。しばらくパレード走行だが、下り基調でスピードは出るし道も細いので怖い。最前列でスタートしたが、ビビってるうちにどんどん後方に押しやられる。

左折して9kmの登りへ。ここからアクチュアルスタート。集団のスピードが一気にあがり途端に一人旅に。フルパワーで踏んでなんとか5~6人の集団にジョイント。ここまで来るのに結構脚を使ってしまったが、とにかく1周目で足切りは避けたかったので、2周目の事は考えず、とにかく全力で踏む。

ここからはいいペースで距離を消化。集団には与那嶺選手もいて中々楽しい。

そして勝負所のモリモリランド3kmのヒルクライムへ突入。集団を抜け出して前に出る。が、何故か逆にどんどん抜かれる。登りの入り口で抜いた与那嶺選手にも抜かれる。あれ、おかしいなと思いサイコンを見ると、心拍はたったの111bpm。あかん奴や。今まで抜いてきた人全員に抜かれて、下りも平坦も一人で走る羽目になり、事実上レースは終わり。