40kg台へ

f:id:raw_igu:20171012070227j:plain

ついに40kgクラブに入会!これまで50.0kgジャストは何度かあったのだけど、ようやくその壁を越えましたな。まあ瞬間風速的なもんなので、3日後には50kg台に戻りましたが。越えたからと言って何がどうというわけでもないのだけど、カリカリに痩せたオッサンとか、なんか馬鹿みたいで面白いじゃないですか。おかげさまでみんなから「すごい!すごい!」と言われましたよ。もちろんこの「すごい」は必ずしも褒めているわけではなく、ゲテモノ的な意味でーゴキブリを食う奴が「すごい」というのと同じようなニュアンスでーということも重々承知しております。

普段から50kg前半をキープしているので、40kg台といっても数百グラム減っただけで実際には大して減ったわけではない。やったことと言えば節制を平日だけでなく、チート日の週末も、摂取カロリーが消費カロリーを多少下回るぐらいに調整したことくらいですかね。菓子パンをやめたり、ご飯をいつもの3分の2ぐらいにするとか。その分、野菜、たんぱく質、ヨーグルトなんかを大量に食べました。量が減る分、質には拘ったので皮肉なことに食事制限中の方が食費はかかってしまった。

こんなことを書いていると、ものすごい痩せ我慢してストイックに取り組んでいるように思われるかも知れないけど、そんな大したもんではないです。精神力とか根性ではなく、テクニックとしてこなす感じ。3食ちゃんと食べてましたし、炭水化物も減らしはしましたが、抜いたりはしてません。普段が過剰摂取気味なので、控えめくらいがちょうどいいんじゃないですかね。栄養にはかなり気を遣いました。まあこんな生活を一生やれと言われれば厳しいですが、年に数回の勝負レース前の数週間程度なら全然苦にならない。逆にデトックスされてる感じがして気持ち良ささえ感じ。

小学生の頃に体重になってしまったわけだが、今のところ減量によるネガはなし。ネガどころかめちゃ調子いいです。世の中には「痩せるとパワーが落ちる」とかいう理由でひたすら減量を拒否する方がいらっしゃいますが、そんなに太ってる方が有利なら、プロは全員デブじゃないとおかしいんですけどね。妙なところに拘ってないで、素直に節制して減量ぐらいすればいいと思うのだけど、なんか拘りがあるんでしょう。余計なお世話でした。