8/20 やいた八方ケ原ヒルクライム 2

(前回のエントリーは削除して「8/20 やいた八方ケ原ヒルクライム 1」に追記しました)

f:id:raw_igu:20170826101322j:plain

(撮影:バスさん)
▪️1週間前〜前々日
チーム合宿があって、その疲れからかローラーでは力が出ず。テンポ走で淡々と流す。木曜は3分インターバルをギブアップしたので、金曜は負荷なしで30分流すのみ。食事は炭水化物を減らして、チーム合宿後の52.9kgから50.1kgまで減量。金曜以降は普通に食べる。カーボローディングとかそいういう大層なものではなく、あくまで普通に。

▪️前日
車坂峠の教訓から、今回はチームメイトのマツさんにも運転してもらう。加えてバスさんオススメのスキンズを急遽購入。これが大ヒット。浮腫みや凝りは全くなくて、ふくらはぎがプルンプルン。静脈もバッキバキ。良いモノを教えて頂きバスさんには感謝です。

現地に到着後、受付を済ませてから、車でコースを下見する。軽くサイクリングをして脚を回したかったのだけど、土砂降りの為に断念。ホテルはルートイン矢板。シェービングクリームが使い放題なのが、サイクリストにとってはありがたい。

▪️目標
特になし。43〜44分が前年の入賞タイムなので、50分を切るくらいでいければいいか。

▪️当日
4:30 起床
5:00 ロードバイクの準備
6:00 前日に買ってあった朝食(パン、牛乳、バナナ、計850kcal)を摂ってから出発
6:45 2回目の朝食(ブランパン130kcal)、大量のウンコを放出して大幅に軽量化
7:00 ウォームアップ。1時間かけて入念に行う。心拍を最大まで上げて質の高いアップができたと思う
8:00 ウォームアップ終了。会場で待機
8:30 アスリチューンを飲む
9:00 レーススタート

▪️レース展開
順位は全く気にしていなかったので適当に並ぶ。パレードランが始まるとチームメイトたちはいきなりガンガン上げて先頭へ。マジかよ、いきなりそんなに上げてどーする。みつさんや松さんはともかく、borikoさんまで... 僕はそれには付き合わずにのんびりと走る。

そしてリアルスタート。いきなり心拍が180を超えて焦る。平日練習を始めてから平常時心拍は緩やかに低下しいていて、最近は180を超えることも少ないのだけど、この日はギンギンに上がる。調子はいいのだろうけど、ちょっと落ち着きたい。深呼吸してリラックス、リラックス。

かなりペースは落としたが、心拍は下がらない。こうなるとどうしようもないので、そのまま走る。ツキイチとかドラフティングとか全く意識せずマイペースで走る。

半分を過ぎたあたりで、サイコンをチェックすると相当なハイペース。マジかよ。入賞ペースやん。疲労感は皆無で勝手に脚が回る。尋常ではない調子の良さだ。

2回の給水所では頭に水をかけてもらい、自分でもマメにボトルの水を首にかける。普段のレースではイキってボトルなしで臨むのだけど、このレースは結果とかどうでもよかったので、ボトルは満タンにしていた。

適度に体を冷却できたせいか、後半も勢いが衰えない。ここで同クラスの選手2名を発見。タイム的に先頭集団かもと思ったが、走りに勢いがない。多分違う。しばらく3人で走るが、僕はローテーションもツキイチも全くする気がないので、マイペースを貫く。

ラスト1kmを切ったあたり、同クラスの3〜4人の集団を発見。タイム的に限りなく先頭集団に近い。彼らを抜けば入賞はいけるだろう。牽制でもしてるのか、ペースが遅い。そのままマイペースで抜かさせてもらう。抜いてからアウターに入れてグイグイ踏みまくる。追走者の心を折る為のペースアップだ。これまでずっとハイペースで来たので、さすがにゴール直前に衰えて、例の謎の選手に抜かれはしたが、なんとかゴール。

f:id:raw_igu:20170820131417j:plain

(撮影:borikoさん)