第14回富士ヒルクライム 2 前日受付

前日受付も当日も、昨年は何の問題なくスムーズに事が運んだので、その時間感覚で行動していたのだが、参加者が増えたせいか、何をやるにしても一々渋滞に巻き込まれましたなあ。苛ちの僕は心の中で頻繁に「Fuck」を連発する始末。ウルフ・オブ・ウォールストリート」という僕が大好きな映画では506回もの「Fuck」が発せられて、ギネスを更新したらしいけど、僕のはそれを上回ってるかも知れません。とにかくイライラしっぱなし。

昼過ぎに現地に到着。富士急ハイランドに駐車するつもりだったが、道を間違えて北麓駐車場へ行ってしまう。なんじゃこりゃ〜、すんごい渋滞。Fuck!場内を3周くらいしてやっとこさスペースを発見。そして会場行きのシャトルバス乗り場に向かうと、これまたすんごい行列。とりあえず並んだものの10分経っても微動だにしない。Fuck!仕方なく自転車で向かう事にする。ピカピカに洗車整備済みなので外に出したくなかったんだけどな。普段着&スニーカーなので乗りにくいし、暑いし、結構距離があるし、坂だし、なんか頭痛いし、もううんざり。

ひーひー言いながらやっと会場着。あっ、受付に必要な書類を車に置いてきてしまった。Fuck!戻ってまたあの坂登るとかありえないだろう、クソが、何で1時間ぐらいのレース出る為に、こんなしんどい思いしなきゃならないんだよ、Fuck!と毒づいていたら、スマホで表示させればいいことを思いだした。そそくさとスマホを起動させるがなんか調子が悪くて中々アクセスできない。Fuck!10分くらい悪戦苦闘してようやく表示させることが出来て受付完了。疲れてしまったのでブースも何も見ず即効で帰ろうとすると、フェンスに立てかけてあった自転車が倒れているではないか!Fuck!ピカピカだったヅラエースのレバーに傷がついてしまった。だから自転車を出したくなかったんだよ、この野郎。

時間はもう夕方。山中湖で釣りでもしようかと思っていたのだが、そんな時間はない。さっさと食事を済ませて、日帰り温泉へ。ここもまた混雑してて、洗い場が満席。フルチンまま突っ立って待ってました。Fuck!

山中湖のPA車中泊。マットとカーテンと寝袋をセッティングして、ようやく落ち着くことができた。慌ただしい1日もようやく終わり。車中泊の友、Kindleでまったりと読書を楽しむ。9時就寝、3時起床の予定だったが、疲れたせいか7時くらいに寝落ちしてしまった。早く寝すぎたせいで1時くらいに目が覚める。いくらなんでも早すぎるので二度寝へ。(つづく)

ウルフ・オブ・ウォールストリート [Blu-ray]

ウルフ・オブ・ウォールストリート [Blu-ray]