3/25 足柄峠TT

先週に引き続いてベストを狙ったが、全く心拍が上がらず開始早々に沈む。何だかすごく寒いし、面倒臭くなったので引き返そうかと思ったが、あまりそういうのをやっていると癖になりそうなので、諦めずに登り続けることにする。

地蔵堂まで35分。このペースだと峠まで1時間ぐらいかかりそうだ。激坂区間を前に、一旦気分をリセットしてみる。せっかく来たのに、このままだらだら登るのはもったいない。ここはタイムなんか無視してフォームを意識して登ることにする。普段の峠TTではフォームやペダリングなんて考えず、ひたすらがむしゃらに回してるだけなので、こういう時こそフォームを見直すチャンス。調子の悪さの有効活用だ。

フォームといっても大層なもんではない。真っ直ぐに前をみる、上半身はリラックスして手はハンドルに置くだけ、ペダリングは12〜13時からちょんと踏むだけ、といった雑誌に書いてあるような教科書的なもの。

これが中々いい感じで、登坂のリズムを回復。なんとか持ち直して49分でゴールした。フォームは大事。野球に例えれば、ランナーを出しつつも要所を押さえて5回3失点で止めるような感じか。

復路も頑張ってみたが全くダメ。ここまでダメというのも珍しい。

1月から平日練習を始めて、今月は少し走行距離が多かった。もしかしたら疲労の蓄積があるのかもしれませんな。しかしローラーの平均速度は順調に上がってるし、全体としては調子は上向き。疲労→回復→強くなる、というプロセスを実感することも多い。

4月から練習日を増やして、連休まではガンガン疲労させようと思います。で、その後は徐々に練習を減らして回復期間に当てる予定です。