メリダ スクルトゥーラ7000Eに乗り換えて約一ヶ月

メリダ スクラトゥーラ7000Eに乗り換えて約一ヶ月、このニューマシンに良い意味でまだ慣れていない。快適性と軽快な乗り味は、未だに新鮮な感動を味合わせてくれる。大抵の場合、良い道具に変えた当初は使い勝手の良さに感激するものの、やがてそれが当たり前になって次第に何も感じなくなってくなるものだが、このマシンはまだまだ底が見えていない。走りながら「ええなあ~」としみじみ思う。あまりに気持ちよすぎて、以前よりも信号が嫌いになってしまった。いい気分になっているところを止められてしまうので、非常にストレスフル。渋滞もまた然り。イライラしてつい舌打ちしてしまう。何度も信号で止められた先日のヤビツTTでは気が狂いそうになった。もうヤビツには永遠に行かねぇ、と心の中で絶叫した。今後はますますトランポ運用が増えるだろう。

乗り心地だけでなく、峠のタイムもオフシーズンにもかかわらず1~2分速くなってるので、性能もいいのだろう。こりゃ手放せませんな。

褒めてばかりなのもあれなので、不満点をいくつか。

・ダイレクトマウントブレーキ
きっと良いものなのだろう。だからこそ導入しているのである。しかし1ユーザとして意見を言わせて頂くなら「めんどくせぇ」のひとこと。まず、掃除がめんどい。車体をひっくり返さないといけないし、何だかメカメカしくて細かいところの汚れが取りにくい。あと、ブレーキ本体がBBの下から左の外側に少し出張っているので、左クランクに取り付けているガーミンのケイデンスセンサーと干渉する。ペダル寄りにずらせばいいのだけど、そうすると今度はシューズに干渉してしまう。当然パワーメータも付けられない(付ける予定はないが)。もし普通のブレーキのバージョンがあれば、多少のデメリットはあってもそっちを選んだだろうな。

・リアホイールが外しにくい
これはフレームではなくデュラ9100の問題。プーリーがホイール側に寄っているので、今までみたいにガチャンと外せない。コツを掴めば何てことはないが、最初は中々外せなくて苦労した。出先でこうなると少々カッコ悪いので、9100ユーザーの方は練習しておいた方がいいかも。