読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

雑兵チーム練 足柄峠とスクルトゥーラ7000 シェイクダウン

走行記録 インプレッション

自宅から待ち合わせ場所までは15kmほど。比較的交通量の少ない快走路だが、なぜかスピードが出ない。乗り心地は最高で、感覚的にはめちゃ転がっている印象だけど、メーターを見ると20km後半ぐらい。全力で回してやって30kmを超える。なんじゃこれは。昨日の感動とは打って変わって不安なスタートとなる。

待ち合わせ場所のコンビニ到着。この日の参加者は“太陽王”ミツさんとマツさん。少し談笑してから出発する。

気温が高めなのでレッグウォーマーを脱いで半パンで行く。時期的には季節外れなのだが、ロングタイツを履くと右腿を上げる時に生地が右膝を圧迫するような感覚があって、打撲痛のような痛みに見舞われてしまう。レッグウォーマーだと左膝の裏が擦れて痛い。なので今はイオン製の大きめのレッグウォーマーで何とかしのいでいる。サイズが合っていないので、しばらく走ってるとずり落ちてくるし、履き心地も良くない。なので装着するのは早朝とヒルクライム後の下りだけにしている。いつまで半パンで通せることやら。

3人で走り始めると普通にスピードが出て一安心。振動吸収性が良くて快適ですなあ。本来は丹沢湖に行く予定だったが、僕の希望で足柄峠に変更してもらった。77号線をいいペースで走り抜ける。

まずDuraAce9100機械式の印象ですが、シフトフィールは最高。ちょんと指で押すだけで変速が決まる。音もあまりしない。気持ちいいですなあ。試乗車についていた9000は全然大したことなくて、「105と変わんないじゃん」と思ったが、これは完全に別物。まあ組み付けが良くないというのもあるんでしょうね。

ふとん屋に到着して足柄TT開始。心拍が一気に吹け上がって体調の良さを感じる。コンパクトクランク化で後半の激坂区間もしっかり回せてタイムは36分18秒。ベストを2分更新した。続いてまつさんと“太陽王”ミツさんもゴール。“太陽王”ミツさんは南郷の激闘の影響か、調子が悪いようだ。

天気が良いので静岡側に下って登り返す。ここは富士山が見渡せる絶景コースなのだけど、お二人ともそういうのに関心はないので素通り。僕は絶景は大好きだけど、走りながらチラ見するのが好きなので脚を止めることはない。

DuraAce9100のブレーキの印象。もちろん良く効く。しかし105も良く効いたのでこれは大差ないかな。ただ105よりはカッチリしていて、握り込んだ時の「ムニュ」感はなくて急制動には強いかも。

復路はまつさんの圧勝。坂でも千切られる。全然ついていけません。さすがに毎日乗り込んでるだけあるなあ。この方、僕はずっと30代だと思っいて、負けても年齢のせいに出来るなと油断してたんですが、実は40代だということが判明。またすごいライバルが出てきましたなあ。

 

ミュージカル 太陽王 ~ル・ロワ・ソレイユ~ [DVD]

ミュージカル 太陽王 ~ル・ロワ・ソレイユ~ [DVD]