読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

8/13 いや〜、あざみラインって本当にいいものですね

マイカー規制中は毎週のようにあざみラインに登ってまして、その度にチーム雑兵LINEにパートナー募集を呼びかけるんですが、この日は僕が勝手にライバルにさせてもらってるshinkさんが来てくれましたよ。お子様がまだ赤ちゃんで中々時間がとれない中、わざわざ須走くんだりまで来てくれてありがたいですな。

ウダウダやってる暇もないのでさっさと出発。序盤の直線はそこそこ勾配があって楽ではないが、人と話しながらだと気が紛れて不思議としんどくない。いきなりshinkさんがブッ飛ばしてバトルを仕掛けてきたらどうしようかと懸念してたが、そういうキナ臭い様子はなく、和気藹々と談笑しながら登る。こういうのがいいんだなあ。

間も無く鳥の絵を過ぎてつづら折れへ。ここは比較的勾配が緩くて、あざみラインで唯一、リラックスできる区間だ。僕は少しでも楽をしたいので左コーナーではインを避けてセンターライン付近を走るが、イン側を走るshinkさんとかなりスピード差がある。まあそりゃインの方が距離は短いので当然なんだけど、思ってた以上の差であった。すべてのコーナーをインベタで攻めればタイムに影響してくるかもしれん。

そして馬返しへ。ここからはほぼお互い無言。抜いたり抜かれたりと地味にバトルっぽくなる。面白いのは富士ヒルでは、平坦で離されて登りで追いつく、という展開だったが、こちらでは逆に、激坂で離されて平坦で追いつく、といった具合。shinkさんはパワーメーターを見ながら一定出力を保っているはずなので、僕が変なインターバルをかけて走っているということなんでしょうな。

shinkさんは速い。特に激坂での強さは圧倒的で一時は50mぐらい離された。「ああ、こりゃ千切れたな」と諦める局面もあったが、平坦区間でスーッと追いついた。

そんな感じでいよいよ終盤。なんとか千切られることなく同時にゴールできた。shinkさんのラストスプリントを警戒したが、彼はあざみラインは初めてで正確な頂上地点を知る由もないでの杞憂であった。

それにしてもしんどかった。普通に登ってもしんどい所なのに競い合いなんてすると疲れは倍増する。へとへとですわ。だがそれがいい

下山してshinkさんは帰宅。子育て大変でしょうが、時間が出来ればまたお付き合いして下さいね。

僕の方はまだ時間に余裕があったので明神三国峠をちゃちゃっと登って終了。車を止めてある「道の駅ふじおやま」で焼き鳥食って帰宅。

いや〜、あざみラインってほんとにいいものですね。