読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

8/7 チーム雑兵練、宮ヶ瀬周回

走行記録

f:id:raw_igu:20160807064241j:plain(干上がった宮ヶ瀬湖。古い道が露出している)


この日の雑兵チーム練は宮ヶ瀬周回。前回がとても面白かったので楽しみだ。この日集まったのは、みつさん、タカヒロさん、bbさん、yoheiさん、カゼトバさん、ウルヴァムさん、6期生のノリスケさん、マツさん、そして前日にあざみを一緒に走った堀さん(大丈夫かな)の総勢10人。


みつさんを先頭にして鳥居原公園をスタート。すぐに僕も続くがテールランプの点け忘れに気づいてしまった。正直なところ、このまま無視して行ってしまいたかったが、やはり一旦気づいてしまうと気になってしょうがない。それに宮ヶ瀬はトンネルが多いからリスクも増える。やはりここは一時停止してスイッチを入れるべきだろう。

止まっている時間はほんの数十秒だったが、集団はどんどん遠ざかっていく。多少のアップダウンがあるものの、基本的には下り基調の平坦。登りで多少差が縮まるものの、下りに入るとすぐに離される。後で聞いたところによると、みつさんが猛烈にスパートをかけていたのだそうだ。

途中でウルヴァムさんと合流。STUMP前まで引いてもらい、勝負所の登り区間に入る。国道を左折して服部牧場の坂に差し掛かった所で、集団から遅れたみつさん、堀さん、カゼトバさんを発見、彼らがまだここにいるということは集団はまだそんなに先には行ってないはず。一縷の望みにかけてひたすらフルパワークライミング

北岸道路へ入る。先の方に赤いジャージの集団が一瞬見えた。が、時遅し。トンネルから先は平坦なので、集団がトンネルに入るまでに追いつかなきゃいけないが、この距離では到底無理。体力も尽きたので、残りの周回はのんびりとサイクリングを楽しんだ。

あとでStravaのFly byを確認したが、やはりあの坂でかなり差は縮まっている。下り途中にある信号で引っかからなかったら追いついていた公算が大きい。惜しい。

あと、カゼトバさんが僕のすぐ後ろを走っていたんだね。前ではマツさんが千切れている。カゼトバさんと合流してマツさんを吸収すれば、3人で回していけたかもなあ。