読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

8/6 「FUJI-ZOCOLANヒルクライムin小山町2016」に参加する為の、あざみライン実力測定ライド 1

f:id:raw_igu:20160821081323j:plain


最近、僕の中で空前のあざみラインブームが沸き起こっていて、ツイッターで「あざみラインは最高」とか騒いでたら、デケンゴさんから「あざみあざみうるせぇよハゲ、そんな好きならこれにでも出とけや、この野郎」と煽られましたよ。で、「出ろや」と言われたレースが「FUJI-ZOCOLANヒルクライムin小山町2016」というやつ。あざみラインのレースといえば富士国際が有名だけど、それ以外にもあるんですね。

静岡県とイタリア フリウリ・ヴェネチア・ジュリア州との友好交流記念大会として、[FUJI-ZONCOLANヒルクライムin小山町」を開催します。
ツアー・オブ・ジャパン富士山ステージ」と同じコースです。
レース後は選手・役員・スタッフの皆さん一緒にランチをしながら交流ができます。

 「うひょー、これはエントリーするしかないしょ」と一気にヒートアップ。しかし上記のサイトを見てみると今まで参加してきたヒルクライムレースとは雰囲気が違う。なんというかフレンドリーな感じゃない。地味で素っ気ない。初心者歓迎ムードはゼロ。


案内書読んでみると、静岡県自転車連盟主催のレースで対象者は競技者登録をしている者、というもの。要するにガチ競技者向けのレースということですね。ただ臨時登録者としてエントリーすれば、一般人でも参加できる。

競技規則を見てみると、足切り制があってこれが中々厳しい。

(5)  関門所1の旧馬返(スタートから 6km 付近)を 9 時 40 分、関門所2狩休(スタートから 8km 付近)を 10 時までに通過できない選手は競走を中止する

 5月のデスライドのペースだと完全にアウト。この時のタイムが80分くらいだから、確実に関門をクリアするには70分ぐらいでいかなきゃいけないのかな。こりゃ一度サラ脚で臨んで実力測定しに行かなきゃと、早速雑兵ラインで同行者を募ってみましたよ。あそこを一人で登るのはしんどいですからね。

チーム雑兵にはデスライドの影響からか、一部の方からのあざみラインへの拒絶反応がすごいんで、どうせ誰も来ないだろうなと思ってたんですが、6期生の堀さんが参加表明してくれました。スプリンター系の方なのでちょっとした試練となるでしょうが、その心意気や良し、ですな〜

待ち合わせは9時にしてたんですが、早く目が覚めてしまったので4時に家を出て5時半くらいに到着。余裕で一本いけそうなので早速登り始める。馬返しには30分ぐらい通過できて、タイムは63分と予想外の好タイム。トラブルがなければとりあえず足切りは避けられるだろうとエントリーを決めました。

9時まで時間があるので車の中で仮眠をとりながら堀さんを待つ。で、間も無くやってきたんですが、彼、なんと自走で来ましたよ。デスライドやん。大丈夫かな、この灼熱の中で。(つづく)