5/3 チーム雑兵ヤビツ連、真の名古木フルパワー走法を目撃する

チーム雑兵の富士試走連の予定だったんだが、現地では強風が吹き荒れているということで、急遽リーダーのみつさんから中止の連絡が入る。代わりにヤビツ連をやるとのこと。ちょうどR246に合流するところだったので、行き先を伊勢原運動公園に変更して宮ヶ瀬から裏ヤビツ経由で名古木に向かうことにする。

こういう中止の決断をさっと下せるというのはいいことですね。世の中、悪天候のなかであえて無理に行動することを武勇伝的に自慢する風潮が少なからずあるじゃないですか。「俺ちゃんってば台風の中を走っちゃったぜ、死ぬかと思ったwww」みたいなのとか。登山でも無理に強行して遭難するというニュースが後を絶たない。子供じゃないんだし、中止という決断は本当に大事ですわ。


続々と雑兵メンバーが集まって走り始める。僕は普段から「俺は名古木フルパワー走法だぜ!いきなりガンガン飛ばすぜ!」とかイキって調子コイてますが、僕のフルパワーなんて全然大したことなかったことがこの後判明する。

高校生メンバーのYさんとみつさんが先行するが、この2人のフルパワーぶりがすごいの何の。特にみつさんのダンシングがすごくてバイクを振るたびにタイヤがメリメリと音を立てて、道路上の小石を跳ね飛ばしてるの。こんなパワーについていけるわけもなく蓑毛坂でジリジリと離される。

蓑毛坂の終わりくらいでようやくみつさんを捕らえる。Yさんはとっくに見えなくなった。蓑毛バス停を11分49秒ととんでもないタイムで通過する。

ここから一人旅。あれだけ踏んだから垂れるだろうなと思ったが意外に脚は回る。菜の花台以降も快調で菜の花台〜ヤビツ峠間もベストを更新。ゴール付近が渋滞していてタイムを落としたがそれでも36分44秒と良いタイムが出た。

前半をかつてないスピードで飛ばしながらも、後半しっかりと回せたのが今回の収穫。後でストラバを確認すると、名古木〜蓑毛:飛ばす、蓑毛〜菜の花台:タレる、菜の花台〜峠:飛ばす、みたいな感じになっている。概ねイーブンペースなんですかね。

というわけで僕は名古木からフルパワー派でもなんでもなくて、一般的なイーブンマイペース野郎だということが判明した次第です。

あとチョーナンさんもいたのですが、彼はすごいですな。GWは連日走りまくって、この日も富士に備えて冬バージョンの暑苦しい格好だったのにもかかわらず40台前半で登ったとか。大したもんです。