読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ヤビツTTの走り方、男たるもの名古木からフルパワーでブッ飛ばすべきだ

ヤビツTT、一般的には「最初は抑えて、後半でペースを上げましょう」と言われている。僕はそれには反対だ。というのも、そもそも後半にペースを上げられる保証などないからだ。

足が攣るかも知れない、チェーンが外れるかも知れない、急にお腹が痛くなるかも知れない、蛇行走行する女に邪魔されたり、バスのすれ違い待ちを食らったり、遅い集団に巻き込まれたり、何が起こるかわからない。落車して死ぬ可能性だってある。

フルパワーで回せる時は躊躇せずフルパワーで回すべきだ。別に後半にタレたっていいではないか。それが現時点でのお前の限界だということだ。

人生、一寸先は闇。誰しも明日を迎えられる保証はない。後で本気出すとか言っている場合ではない。これを読んでいるあなたも今夜何かのアクシデントで死ぬかも知れない。ならば全力を出せる時に全力を出すべきだろう。