読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

11/23 西伊豆 62km

f:id:raw_igu:20151123081445j:plain

3連休最終日。2日連続でそこそこの距離を走ってそれなりに疲れてるし、天気予報も芳しくない。あんまり走れなさそうなので、昨年夏の落車の現場検証がてら西伊豆に行くことにした。ちょっと走って温泉入って早めに帰ってこようかなと。

東名沼津ICから大瀬崎を経由して戸田の手前にあるPA「煌めき丘」(西伊豆の海沿いには様々な名前のPAがある)に車を停める。

土肥に向けて走り始める。天気は曇りがちで風が強くて肌寒い。走る前に感じていた疲労感は、走り始めた途端にスッと抜けて体が軽くなった。アップダウンを繰り返しているうちに体が温まってきて調子が上がる。季節外れのこの時期、車の通行がほとんどなく快適に走れる。

落車現場は土肥に下りきったところにある。このアスファルの隙間にフロントタイヤを突っ込ませて転倒、左のガードレールに頭から激突した。他にもトラブルがあったのか、今では下の写真のようにラバーを埋め込んである。砂利も堆積して昨年ほど溝は深くない。

f:id:raw_igu:20151123081115j:plain

現場検証も済んだし引き返してもよかったんだがちょっと物足りない。まだまだ走れそう。これは間違いなくWH9000 C24の恩恵だろう。じゃあ、いっちょ西伊豆スカイライン行ってみるかと、土肥から山を登り始める。バイパスは危なそうなので脇の旧道へと進む。道には枯葉や小石が散らばっていてあまり手入れがされておらず、普段、車の通行がほとんどないことを想定させる。勾配のゆるい緩斜面で気持ち良い快走路だ。落石に気をつけてゆっくり走る。西伊豆スカラインの入り口に着いたところで通行止めのゲートが現れた。工事で2月末まで通行止めとのこと。残念。

現在地を確認しようとグーグルマップを見てみると近くに土肥に通じる脇道がある。来た道を引き返すより相当ショートカットできそうだ。迷わずこちらに進むことにする。

しかしこれがすごい急勾配の悪路で参った。道幅が狭い上、きついヘアピンカーブが連続する。ガードレールがない部分も多く、操作を誤ると崖から落ちてしまう。対向車がくればひとまず自転車を降りるしかない。距離は5kmぐらいだがその間ブレーキは握りっぱなし。僕のような下り弱者にとって拷問に等しい道だ。そんな激坂なので当然ヒルクライマーがアタックしまくってるんだろなと、ストラバをチェックしてみると意外にも区間が設定されていなかった。

f:id:raw_igu:20151202000935p:plain
青い部分。誰か挑戦してみてください

 

ちょうどいい頃合いなので引き返す。「煌めきの丘」まではアップダウンの繰り返し。途中、この日初めてロードバイカーとすれ違った。普段は特に挨拶とかしない僕だけど、この時は何だか嬉しくなって大きな声で挨拶した。向こうも返してくれた。西伊豆はとても良いトレーニングコースだと思うが、彼以外ロードバイカーを見ることはなかった。何でだろう。

車に戻って、戸田の深海魚料理屋「魚重」で昼食。オートバイでツーリングしてた頃はよく行ってたもんだ。その後、近所にある「壱の湯」に行こうとしたら駐車場になっていて消えていた。調べてみると最近近くに出来た道の駅に併設されたようだ。ここでまったりと源泉掛け流しを楽しむ。こういうちゃんとした温泉に浸かるのは随分久しぶりな気がする。オートバイに乗ってた頃は毎週のように通ったものだが。

f:id:raw_igu:20151123114207j:plain深海魚定食。うまい。


結局3日連続でがっつり走ることになったが、以前のような酷い疲労感はない。それまでは週末にしっかりと乗ると翌日の月曜日はしんどすぎてほとんど仕事にならなかったくらいで、その週の後半まで疲労が抜けなかった。しかし今回はすっきりとした月曜日を迎えることができた。やっぱりWH9000 C24はええわ。