10回目のヤビツアタック 南風に背中を押されて 10/24

f:id:raw_igu:20151024111147j:plain

今回でちょうど10回目のヤビツTT。今日で40分切りが達成できないなら、もはや埒が開かないのでギブアップ宣言を決めていた。ギブアップというのは最初に決めた3つの制限を破棄するということ。3つの制限とは、

1.走行は週末のみ(無理すると体を痛めるから)
2.単独(誰かに引いてもらったりしない)
3.完成車のまま(ホイールなど走行性能を上げるカスタムはしない)

なんでこんな変な制限を掛けていたかというと、僕は体重52〜53kg、体脂肪は5〜6%という登りに有利な体型をしている。同年代に比べてこれはかなりのアドバンテージだ。そんな僕が誰かに引いてもらったり高級機材を投入したりすると、おそらくは容易に目標を達成してしまいそうで面白くない。もともとの体格に恵まれた人間の矜持として、じゃあちょっと制限をつけてやれと始めたのが僕のヤビツアタックだった。

40分台まではすんなりいって、次ぐらいで40分切り達成だな余裕余裕と調子をコイていたが、ここから足踏み状態が続いて膠着した。僕も人と走りたいし良いホイールもつけてみたい。いつまでもこんなことはやってられないので、結果はどうあれ制限付きアタックは今回で最後と決めて臨んだ。

強い南風に背中を押されながら名古木コンビニを出発。信号は2つもスルー。幸先がいい。なんか異様にスピードが出る。コンビニまで自己ベストを記録。ここから先も足が回る回る。調子がいい。

浅間神社あたりで左ふくらはぎがピクピクと痙攣している。なんじゃコリャ。もしかしてこれが「攣る」ってやつなのか。初めての経験なので焦る。騙し騙し踏んでいたがとうとう痛みがヤバくなってきた。せっかく最速ペースで走っているというのに、なんということだ。ふくらはぎに負担が掛からないようにアンクリンク走行に切り替える。カカトを落としてふくらはぎの筋を伸ばすようなペダルを回す。これが功を奏してなんとか走り続けるようになった。功を奏すどころがこのアンクリンク走行が実に具合が良くてとにかく脚が回る。痛いのにスピードが全く落ちない。サイコンはずっと17〜18kmを表示し続けいる。

菜の花台まで26分36秒。もちろんぶっちぎりで自己ベスト。この先もペースが落ちることなく、怖いくらいに脚が回る。オレどうしちゃったんだろう、ってくらい脚が回る。ただ攣る寸前の痛みというか違和感はずっとあって、ここまできて走行不能になっては目も当てられない。40分切りはほぼ確定なのでペースを落とす。前にちょうどいい奴がいて、あーあいつ抜きてぇ、という思いが湧き上がってくるが、何とか我慢してゆっくり走る。とにかく完走することだ。

そしてゴール。37分56秒。40分切りどころか37分台に乗ってしまった。確かに追い風の恩恵はあるが、夏はずっと追い風だったので条件は今までとあまり変わらない。単なるマグレか、それとも強くなったのか。まあどっちでもいいや。

というわけで目標達成。これからは制限をはずしてガンガンいきますよ。まずはホイールだな。何を買おうかな。

初回:2014年7月27日、47:42
2回目:2015年3月25日、48:31
3回目:2015年4月12日、45:00
4回目:2015年4月29日、42:07
5回目:2015年6月28日、41:08
6回目:2015年7月19日、47:20
7回目:2015年8月8日、40:47 ←シューズ&ペダルをSPDからSPD-SLに交換
8回目:2015年9月20日、40:29
9回目:2015年10月3日、41:23
10回目:2015年10月24日、37:56 ←目標達成

しかし、いきなり3分近くも縮まるっておかしいな。やっぱりマグレかも。