レース

10/21 箱根ヒルクライム

体重52.1kg 起床時心拍47フジ-ゾンコランが無事開催されて、結果を出せた今となっては、特に出る意義を見出せないレース。DNSしてのんびりロングライドでもやりたかったが、週の後半から右膝の痛みがぶり返してそんな状態ではなくなった。右膝以外は快調。何…

FUJI-ZONCOLANヒルクライム 2018 年

・前日右膝痛の為、休養日の予定だったが、通勤用のママチャリ乗ってても痛むので、どうせ痛むなら乗ってしまえと夜ローラー20分 SST 。痛いけどまあいいや。右膝以外はとにかく絶好調。FTPが上がっているので(測ってないけど)ちょっと踏むだけでSST領域に…

FUJI-ZONCOLANヒルクライム 2018 年

体重51.1kg 起床時心拍46突如発症した右膝痛で悶々とした1週間を過ごしていたけれど、結果から言うと、なんとか右膝は持ちこたえてくれて、ベストを2分短縮して51分12秒、年代4位。ここまでやってまだ表彰台に届かないというのはなんとも切ないけれど、文句…

8/19 2018 やいた八方ヶ原ヒルクライム

体重未計測 多分53kgくらい 起床時心拍48富士チャレが控えていてそっちがメインレースとなるので、減量とかあまり気にせず、程々のテンションで参加。体重はベストより1〜2kg重いけど、腹のつまみ具合や血管の浮き方からすると、きっちり絞れてるので問題は…

6/24 ツールド葛尾

体重 未計測(多分53kgくらい)起床時心拍50なんかレースの日は起床時心拍が高め。なんでだろう。はっきり言ってめっちゃやる気がなかった。富士ヒルあたりから調子は右肩下がりで、ローラー練もダメダメ、テンションは下落一直線。その最中に発表されたエン…

6/17 富士国際ヒルクライム

体重51.5kg 起床時心拍55起床時心拍が高い。このところずっと40~45くらいで推移していたし、前日も43だったのに一体これは何なんだろう。珍しく自然覚醒ではなく目覚ましで起床したせいかな。ようわからん。年代別3位以上という目標は達成したものの、タイ…

6/10 富士ヒル

体重52kg前後(推定)起床時心拍 測り忘れた結果から言うと67分07秒。ん~、ちょっと物足りないですねぇ。65~66分台には乗せたかった。自分の能力からするとそれぐらいはいけたはず。まあでも昨年より1分半以上更新してますし、やれることはちゃんとやった…

5/27 東京ヒルクライム NARIKIステージ

体重51.1kg 起床時心拍47木曜日に今年最軽量となる50.0kgを記録。金曜、土曜と炭水化物中心の食事を摂って51kgまで戻した。練習量が増えてる分、体重が減りやすい。血管の浮き具合や腹をつまんだ感触ではもう減量は十分なので、今後は減り過ぎに注意する必要…

5/20 車坂峠ヒルクライム

体重 未計測、多分52〜53kg 起床時心拍50起床時心拍が高いけど、これはいつも使ってる眠りの浅い時を見計らって優しくアラームを鳴らしてくれる睡眠アプリではなく、ホテルの無粋な喧しいアラームで叩き起こされたせいだと思う。今年2回目のレースは年代別4…

4/22 東京ヒルクライム HINODEステージ 

体重51.8kg 心拍47今年一発目のレースだが、ちょっと気が重い。たびたびこのブログでも書いているように、どうにも今月は調子がいまいち。特にこのレース週は最悪で、木曜のローラーでは全く力が出ずに途中で中止したほど。具体的に言うと心拍が上がらない。…

3/4 サイクルチャレンジカップ藤沢 2018 3時間ソロ

体重53.1kg 起床時心拍52今年最初のレース。ツールド葛尾以来だから4ヶ月ぶりですな。結果は16位/128人。上出来上出来。去年(30位)より上位だし、得意分野でないレースでこれだけ走れれば十分。やりたい事は全部出来たし、タレることなきっちり走りきった…

ツールド葛尾

ツールド葛尾に参加してきましたよ。 31kmのコースを2周するんですが、結果から言うと2周目で先頭から10分以上離れてしまい足切りタイムアウト、計測チップ没収のDNFとなってしまいました。とりあえずは1周はクリアできたし、運営が足切りの趣旨を理解してい…

FUJI-ZONCOLANヒルクライム 2017 年

去年に引き続き参戦してきました。今年3回目の富士あざみラインのレースです。好きですねぇ。そして今回も雨。過去4回あざみラインのレースに参加してますが、全て雨。しょうがないですなあ。強烈な雨男or雨女でも絡んでいるのかしら。とはいえ、ここはス…

2017 KOH 2

撮影:ボリコさん 3:00 起床4:00 朝食 1100kcal(パン、牛乳、バナナ1本、黒糖入り紅茶)5:00 アップの予定だったが大雨のため中止。寒いので暖房を入れて車内待機6:00 レース1時間前の補給(バナナ1本約100kcal)スタート地点へ下山6:55 アスリチューン赤…

2017 KOH 1 

撮影:ボリコさん 1時間39分06秒、年代別8位でギリギリ入賞できた。何度か行った試走は散々で、タイム的に入賞なんて到底無理だと諦めてたんですが、いつものように完璧に仕上げたコンディションとちょうどいい天候、集団走行効果もあって良い結果を残せた。…

9/9 富士チャレンジ ソロ200km

結果は5時間36分。目標達成ですな。まあ調子が良かった。7〜8周目くらいが妙にキツくてどうなるかと思ったが、周回を重ねるにつれて脚が回りだし、ラスト10周くらいは完全に体に火が入った状態で絶好調。42周目でベストラップを出して気持ちよく完走。この…

8/20 やいた八方ケ原ヒルクライム 2

(前回のエントリーは削除して「8/20 やいた八方ケ原ヒルクライム 1」に追記しました) (撮影:バスさん)▪️1週間前〜前々日チーム合宿があって、その疲れからかローラーでは力が出ず。テンポ走で淡々と流す。木曜は3分インターバルをギブアップしたので…

8/20 やいた八方ケ原ヒルクライム 1

(撮影:バスさん) なんと優勝してしまいました。これにはびっくり、全くの想定外でしたね。特に目標も設定せず完全に遊びレースとしての参戦だったので驚きとしか言いようがないです。そういう気楽さが逆に良かったのかも知れませんね。しかし遊びとは言え…

第14回 富士国際ヒルクライム 4

(撮影:ボリコさん)下山時には雨は止んでいたので、リムとブレーキシューを派手にすり減らすことなく、スムーズに下ることができた。会場に到着するとデゲンコさんが「4位ですよ!」と。マジかよ!最後抜かれてなければ...グヌヌ。嬉しいけど悔しいみたい…

第14回 富士国際ヒルクライム 3

8:45 レース開始。あざみラインは中盤からキツくなるので、ついビビって前半は抑えてしまうが、今回は自分を信じて最初からブッ込むと決めていた。つーかブッ込まないと良いタイムは出せない。一人が飛び出した後、3~4人のグループで走る。いいペースだ。…

第14回 富士国際ヒルクライム 2

3:30 起床。日課の起床時体重測定は51.4kg。普段より1kg程重いが、週末は多めに食べるのでこんなもの。毎日こうやって測定してるわけだが、1~2kgの増減なんて走りにはまず影響しないことはわかっている。既に雨は降り始めている。前日の予報からすると、レ…

第14回 富士国際ヒルクライム 1

今シーズンの締めくくりとなる富士国際ヒルクライムに出場してきました。先月のあざみライン・ヒルクライムが不甲斐なかったので、今回はめちゃ集中して臨みましたよ。雑兵&極のメンバーも多数出ますしね。で、いつものように結果から申しますと、タイムは5…

第14回富士ヒルクライム 6 まとめ

いろいろあった今年の富士ヒル。「こんな大会、もう二度と出るかよ」と思った時もありましたが、時間の経った今では徐々におもろい思い出となってきております。所詮は遊びですからね、遊んでる最中のトラブルは往々にして良き思い出となるもの。海外旅行中…

第14回富士ヒルクライム 5 レース後

さあ果たして荷物はちゃんと届けられているのかどうか。預ける時に「上で仕分けるから」と言われたので、一応出走ウェーブ順に振られた荷物置き場を探してみるが見つからない。近くにいたスタッフに聞いてみると「最後のトラックの荷物は上(ゴール付近、商…

第14回富士ヒルクライム 4 レース展開

昨年はもみくちゃにされて、大きく出遅れたパレードラン。今年は何故か超スローペース。これこそまさにパレードランだ。まったりと計測地点を通過してレースが始まる。体の動きがすこぶる良い。最近の峠TTでも感じていることだが、僕の場合、ウォーミングア…

第14回富士ヒルクライム 3 当日

2度寝して目覚めたら4時。やばい、1時間の遅刻だ。まったり過ごすどころではない。急いで朝飯(食パンと牛乳)を食って、全身にイナーメのアップオイルを塗って支度をする。なんとか5時前に山中湖を出発することができた。会場まで40分くらい。ギリギリ…

第14回富士ヒルクライム 2 前日受付

前日受付も当日も、昨年は何の問題なくスムーズに事が運んだので、その時間感覚で行動していたのだが、参加者が増えたせいか、何をやるにしても一々渋滞に巻き込まれましたなあ。苛ちの僕は心の中で頻繁に「Fuck」を連発する始末。「ウルフ・オブ・ウォール…

第14回富士ヒルクライム 1

68分50秒(年代別25位)。想定通りのタイムですな。想定通り過ぎて面白くとも何ともないタイムですが、車坂峠、あざみラインヒルクラと不本意なレースが続いて、想定通りの力を出すことの難しさを痛感していたところなので、上出来でしょう。まずはMission C…

第1回あざみラインヒルクライム 3 「まぼろしの滝」

このレースはTOJの前座レース、つまり「どうせあざみラインを封鎖すんなら、ついでに一般人向けのレースもやっちまえよ」という位置付けなので、プロのレースが終わるまで下山はできない。数時間ほど五合目で待つことになる。このことは事前にアナウンスされ…

第1回あざみラインヒルクライム 2

予報通り当日は土砂降り。ゾンコランの時も雨だったし、どうもあざみラインのレースは天候に恵まれない。7時過ぎに指定の駐車場に到着。土のグラウンドなので地面はぐちゃぐちゃ。気温も低め。さっさと受付を済ませて、ゼッケンを付けて、体じゅうにイナーメ…