レース

9/9 富士チャレンジ ソロ200km

結果は5時間36分。目標達成ですな。まあ調子が良かった。7〜8周目くらいが妙にキツくてどうなるかと思ったが、周回を重ねるにつれて脚が回りだし、ラスト10周くらいは完全に体に火が入った状態で絶好調。42周目でベストラップを出して気持ちよく完走。この…

8/20 やいた八方ケ原ヒルクライム 2

(前回のエントリーは削除して「8/20 やいた八方ケ原ヒルクライム 1」に追記しました) (撮影:バスさん)▪️1週間前〜前々日チーム合宿があって、その疲れからかローラーでは力が出ず。テンポ走で淡々と流す。木曜は3分インターバルをギブアップしたので…

8/20 やいた八方ケ原ヒルクライム 1

(撮影:バスさん) なんと優勝してしまいました。これにはびっくり、全くの想定外でしたね。特に目標も設定せず完全に遊びレースとしての参戦だったので驚きとしか言いようがないです。そういう気楽さが逆に良かったのかも知れませんね。しかし遊びとは言え…

第14回 富士国際ヒルクライム 4

(撮影:ボリコさん)下山時には雨は止んでいたので、リムとブレーキシューを派手にすり減らすことなく、スムーズに下ることができた。会場に到着するとデゲンコさんが「4位ですよ!」と。マジかよ!最後抜かれてなければ...グヌヌ。嬉しいけど悔しいみたい…

第14回 富士国際ヒルクライム 3

8:45 レース開始。あざみラインは中盤からキツくなるので、ついビビって前半は抑えてしまうが、今回は自分を信じて最初からブッ込むと決めていた。つーかブッ込まないと良いタイムは出せない。一人が飛び出した後、3~4人のグループで走る。いいペースだ。…

第14回 富士国際ヒルクライム 2

3:30 起床。日課の起床時体重測定は51.4kg。普段より1kg程重いが、週末は多めに食べるのでこんなもの。毎日こうやって測定してるわけだが、1~2kgの増減なんて走りにはまず影響しないことはわかっている。既に雨は降り始めている。前日の予報からすると、レ…

第14回 富士国際ヒルクライム 1

今シーズンの締めくくりとなる富士国際ヒルクライムに出場してきました。先月のあざみライン・ヒルクライムが不甲斐なかったので、今回はめちゃ集中して臨みましたよ。雑兵&極のメンバーも多数出ますしね。で、いつものように結果から申しますと、タイムは5…

第14回富士ヒルクライム 6 まとめ

いろいろあった今年の富士ヒル。「こんな大会、もう二度と出るかよ」と思った時もありましたが、時間の経った今では徐々におもろい思い出となってきております。所詮は遊びですからね、遊んでる最中のトラブルは往々にして良き思い出となるもの。海外旅行中…

第14回富士ヒルクライム 5 レース後

さあ果たして荷物はちゃんと届けられているのかどうか。預ける時に「上で仕分けるから」と言われたので、一応出走ウェーブ順に振られた荷物置き場を探してみるが見つからない。近くにいたスタッフに聞いてみると「最後のトラックの荷物は上(ゴール付近、商…

第14回富士ヒルクライム 4 レース展開

昨年はもみくちゃにされて、大きく出遅れたパレードラン。今年は何故か超スローペース。これこそまさにパレードランだ。まったりと計測地点を通過してレースが始まる。体の動きがすこぶる良い。最近の峠TTでも感じていることだが、僕の場合、ウォーミングア…

第14回富士ヒルクライム 3 当日

2度寝して目覚めたら4時。やばい、1時間の遅刻だ。まったり過ごすどころではない。急いで朝飯(食パンと牛乳)を食って、全身にイナーメのアップオイルを塗って支度をする。なんとか5時前に山中湖を出発することができた。会場まで40分くらい。ギリギリ…

第14回富士ヒルクライム 2 前日受付

前日受付も当日も、昨年は何の問題なくスムーズに事が運んだので、その時間感覚で行動していたのだが、参加者が増えたせいか、何をやるにしても一々渋滞に巻き込まれましたなあ。苛ちの僕は心の中で頻繁に「Fuck」を連発する始末。「ウルフ・オブ・ウォール…

第14回富士ヒルクライム 1

68分50秒(年代別25位)。想定通りのタイムですな。想定通り過ぎて面白くとも何ともないタイムですが、車坂峠、あざみラインヒルクラと不本意なレースが続いて、想定通りの力を出すことの難しさを痛感していたところなので、上出来でしょう。まずはMission C…

第1回あざみラインヒルクライム 3 「まぼろしの滝」

このレースはTOJの前座レース、つまり「どうせあざみラインを封鎖すんなら、ついでに一般人向けのレースもやっちまえよ」という位置付けなので、プロのレースが終わるまで下山はできない。数時間ほど五合目で待つことになる。このことは事前にアナウンスされ…

第1回あざみラインヒルクライム 2

予報通り当日は土砂降り。ゾンコランの時も雨だったし、どうもあざみラインのレースは天候に恵まれない。7時過ぎに指定の駐車場に到着。土のグラウンドなので地面はぐちゃぐちゃ。気温も低め。さっさと受付を済ませて、ゼッケンを付けて、体じゅうにイナーメ…

第1回あざみラインヒルクライム 1

(撮影:のりすけさん)待ちに待ったあざみラインヒルクライムレース。大本命レースの位置付けだったが、なんと計測チップを付け忘れるという失態を犯してしまった。スタート数分前に他の選手たちのフロントフォークを見て気づく。すーっとやる気が失せるの…

車坂峠ヒルクラ 5 その他

・コース平坦や下りは一切なし。勾配にもあまり変化がなく、ひたすら登るだけ。面白味に欠け、正直なところ僕の好みではない。しかしリベンジの為、来年も必ずでる。試走も何度かこなして、3日ほど休暇を取って必勝体制で臨みたい。・運営簡素で良い。過剰…

車坂峠ヒルクラ 4 振り返り

弱いから負けた!以上!では済まさない。ちゃんと振り返りたい。敗北は学びが一杯ですからね。・実力もないのに先頭集団に乗ってしまった中折れしつつも、後半ちゃんと上げられたことを考えると、調子自体は悪くなかったはず。やはり序盤のオーバーペースが…

車坂峠ヒルクラ 3

ゴール後、地元のテレビ局からインタビューを受ける。質問の内容は忘れたけど、「きついけど楽しかった」「景色がいい」「達成感がある」みたいな当たり障りのないコメントに終始したと思う。当たり障りのない質問に、当たり障りのないコメント。気の利いた…

車坂峠ヒルクラ 2

スタート地点から駐車場まで100mぐらいなので、時間ギリギリまで車でのんびりと過ごす。10分前にアスリチューン赤を飲んでから、やおらスタート位置へと向かう。とても暑い日で、ガーミンの温度計は既に30度を示している。年代別順に並ぶので、周りは全員ラ…

5/21 第13回 車坂峠ヒルクライム 1

383人中45位(年代別はようわからん)、タイムは51分4秒。順位はともかく、コースプロフィール的には40分台は確実だと思っていたので、これはもう大惨敗ですな。原因はいつもの「心拍上がりません病」。練習ではしょっちゅうありますが、レースでこれが起こ…

4/23 東京ヒルクライム HINODEステージ 2

会場に戻ってリザルト表を見ると、なんと年代別2位!うひょー!マジかよ。前には結構人がいたから、まさかそんな上位と思わなかった。浮かれ気分でその辺をウロウロしていたら、べっちさんが近づいてきて「リザルト表見ました?1位とほとんど差はないです…

4/23 東京ヒルクライム HINODEステージ 1

今年最初のヒルクラムレース。練習レースの位置づけなので、特に疲労抜き期間を設けたりもせず、毎週の峠TTのつもりで参加してきた。結果から先に申しますと、なんと年代別2位という予想外の好成績を収めることができた。表彰台なんてまだまだ先のことだと…

2/26 チャレンジカップ藤沢 ソロ 3時間に出場した

家から20分のところで行われるレース。待ち時間が少なくていいですなあ。来年はもっとギリギリに〜レース開始10分くらい前に〜来ようと思いました。ヒルクライム以外のレースでは初めてまともに走れた。順位は100人中30位と大したことはないけど、最後まで垂…

南郷ヒルクラ 2

本来なら車載で行くところだが、R134は常に渋滞してるし、どうせ1回戦負けだし、あんまり疲れないと思われるので、練習を兼ねて自走行く。途中、晴れ予報だったはずなのに何故か雨に見舞われて「DNS!DNS!」と喜ぶのも束の間、じきに止んで会場に到着。組み…

南郷ヒルクラ

結果から書くと、1回戦4位/4人(ビリ)で予選落ち。敗者復活戦は3位/4人で敗退という想定通りの結果。普通のヒルクライムレースでもスタート直後は抜かれまくってパイロン状態になるので、まあこんなもんかなと。チーム雑兵においては山本さんとみつ…

9/22 富士チャレンジ 200kmソロに出ました

初めてのロードバイクでのエンデューロレースは土砂降りデビューとなりました。そういやモトクロスデビューも土砂降りのオフロードビレッジだった。確か6時間のチームエンデューロで、何十回も転倒して泥ダルマになりながら、ヒーヒー言ってましたな。 「制…

大磯クリテリウム 開幕戦

大磯クリテリウムの開幕戦に出てきましたよ。明らかに自分には不向きなレースなんだが、まあ近くでやってることだし、記念として一回くらい出てみてもいいかなと思いエントリーした。エントリーした時からずっと気が重くて「雨でも降らねーかね、そうしたらD…

10/1 FUJI-ZONCOLAN ヒルクライム in 小山町 2016 4

9時10分、レースが始まる。雨は小雨になった。気温はわりと高めで体が冷えることなくスタートできた。・スタート〜鳥の絵勾配8〜10%くらいの直線路で地味につらいが、慣れたコースなので特別なことはしない。いつも通り走る。路面は濡れているがスピードが遅…

10/1 FUJI-ZONCOLAN ヒルクライム in 小山町 2016 3 森本誠選手

森本選手のような有名人になると、チーム員やら取り巻きやらがワラワラと周りを取り囲んで「ギャハハー」的なハイテンション乗りで騒いでんのかな〜、みたいなイメージがあったんだが、これは全く僕の偏見であった。列の後方で一人静かに佇む森本選手。後か…