12/23 雑兵、100miles ヤビツ合同練

いつも通り4時に起きて練習3時間前に朝食を済まして出発。めちゃ寒い。今冬最高の寒さ。ガーミンはマイナス5℃を表示している。いつもなら体が固まって自転車の操作もままならないところだが、なぜかこの日は体がキレキレで良く動く。調子は最高に良い。

名古木でまっちょいさん、ケンボーさん、Ryoさんと合流。ヤビツの麓は日当たりがいいので、少し気温が上がった気がするがそれでも寒いもんは寒い。みんなで寒い寒いと騒ぎながらスタート。デイリーを過ぎてからRyoさん、ケンボーさんが前に出るが、向かい風が強く、いつものハイパーペースではないので蓑毛の途中まではついていけた。

ここからまっちょいさんと二人旅(毎週同じことを書いてる気がする)。何度も前に出ようとするが、まっちょいさんが全然緩まないので、一度も前に出れずに終わる。

2本目。今度はチーム雑兵と一緒に。まずバスさん集団が先に出発して、僕は数分後にまっちょいさん、みつさん、まつさんとスタート。さらにその後にケンボーさんとRYOさんが続き、デイリーからは日本屈指のクライマー、Tさんが合流。

蓑毛であっという間にTさんに抜かれて、Ryoさん、ケンボーさんが後に続く。もはや「すごい」とか言うこと自体が失礼にあたる程のスピード。僕ごときのレベルではこの人の本当のすごさなんてわからないだろう。

蓑毛を過ぎて間もなくバスさん集団に追いつく。抜いた後も何人かがついてきている。引き離したいのだけど、どうしてどうして。しつこく食らいついてくる。うーむ、偉そうな事を言うようでバスさんたちには本当に申し訳ないのだけど、やはり彼らについてこられるようじゃダメだ。一気に引き離せる加速力がないとレースでの優勝なんか無理だろう。

ゴール直前でようやく後続を振り切って、まっちょいさんと一騎打ち。スプリント勝負に持ち込むが、鼻の差で差されてまたもや敗北。今回は惜しかった。徐々に差は詰まってるし、何となく「スプリント筋」の回路みたいなのが意識できるようになってきたので、良い方向には向かってるはず。次は勝ちたいっすねぇ。

それにしてもこういう練習相手がいるのは本当に幸せなことだ。ヒルクライムで最初から最後まで競える相手なんてそう簡単に見つかるものではない。こういう場を提供してくれたまっちょいさんと100milesの方々、そして彼らとつなげてくれたみつさんとバスさんと雑兵の方々にただただ感謝感謝。

12/17 三浦流しと大磯クリテ応援

朝5時に家を出てぶらっと三浦一周、そして大磯クリテ観戦。家を出るのが少し遅かったので、交通量が多くて疲れる。三浦半島を走るには4時に出ないとだめだな。

大磯クリテではbbさんがついにビギナーを卒業!ぶっちぎりの圧倒的勝利にチームは大いに盛り上がりました。実力がありながらもクリテでは中々結果が出ずに悔しい思いをされたかと思いますが、それでも腐ることなく練習を継続してきた粘り強さの賜物ですね。ロードバイクに乗る以外にも、筋トレを取り入れたり、栄養やトレーニングの勉強もよくされていたり、こういう姿勢はぜひ見習いたです。今回のレースでクリテの「コツ」のようなものを掴まれたようですし、これからガンガン勝利しそうな予感がします。

12/16 ヤビツ 100miles練

4時に起床して練習3時間前に朝食を済ましてから名古木へ。メンバーはまっちょいさん、Ryoさんの常連に加えて、最近群馬から神奈川に転勤してこられたというSさんの4人。

いつものように旧デイリーからRyoさんが飛び出すが、すぐに彼方へ消えるということはなく、神社ぐらいまではチラチラと目視できたのだけど、追いつけるはずもなくじきに消え去った。

ここからはまっちょいさんと二人旅。7:3ぐらいでまっちょいさんが先頭。もうちょっと前に出れればいいのだけど中々厳しい。

まっちょいさんはダンシング率が高い。後でお話を伺うと「ダンシングで頑張って、シッティングで休む」のだそうだ。つまりシッティング率99%の僕にとってはキツいインターバルトレーニングをしているようなもの。彼が立ち上がると嵐を前にしたような心境になる。ただただじっと耐え忍ぶのみ。

ゴール前でちょっと上げてみる。が、しっかり追走されてゴール前で捲くられるといういつものパターンで終わり。しかし、いつもなら抜かれた瞬間に心が折れて踏むのをやめてしまうのだけど、今回は粘って最後までしっかり回した。ちょっとした“カイゼン”ってやつだ。こういうのを積み重ねるとそのうち良いことがあるかも知れない。

2本目も同じようなパターンだが、途中でまっちょいさんを引き離してゴール。まっちょいさんより先にゴールしたのは初めてなのでちょっと嬉しい。まあ序盤はずっと引いてもらってるせいなのだけど。

ともあれ2本ともきっちり走れて満足。この練習会にも順応できてきたようだ。

体重

体重が52~53kgくらいで安定してきた。栄養のあるものを食べたいだけ食べる。それだけ。特に増量とかしようとは思わない。無理に食事量を減らしたり、増やしたりするのは身体に悪い気がする。

体重が増えたからといって特にパワーが出るとか平坦が速くなるとかは全然ないですね。むしろ最も力が出せたのは49kgの時。このときはPWR関係ないはずのローラー練もすこぶる調子が良かった。自転車という道具を介す以上、体重増=パワー増とはならないのは当たり前、ノーガードでブン殴り合いするわけじゃあるまいし。ただ回復力はたくさん食べるほうが上がる気がするけど。

ちゃんと食べて、よく寝て、適度に練習する。そして手洗い、うがいを欠かさない。僕みたいな才能ゼロの人間は当たり前のことをコツコツやるだけだ。

12/13 一人ヤビツ

午前中に雑用を済ませて昼からヤビツへ。朝はラッシュで周辺の道路はひどい渋滞に見舞われるのだけど、この時間帯だと落ち着いている。

12月からローラー練のメニューを固定化した。かなりボリュームを増やした内容にしている。当分レースもなく、量をこなしたいので特にレスト日は設けていない。この日も前日に強度高めの練習をしたので結構疲れ気味。

乗り始めから脚が重い。とりあえず蓑毛まで上げてみて、ダメそうならのんびりサイクリングに切り替えようと登り始める。

旧デイリーまでは軽く流して、信号を過ぎてから徐々に上げていく。心拍の上がりが鈍い割にそこそこのスピードで蓑毛をクリア。なんとなくいけそうなのでそのまま走る。途中タレる区間もあったけど、最期はガツンと心拍175まで上げておしまい。36分半くらい。ちょうど1年前のヤビツが同じタイムで平均心拍184、今回が165。とりあえず心肺は強化されてるっぽい。

寒いのでさっさと帰宅。土曜の100miles練に備えて、しっかり回復させよう。

12/9 三浦半島

三浦半島は常に渋滞していて信号が多い。そして道路の左端、ちょうどロードバイクの走行ラインに排水口があって極めて走りにくい。そんなイメージなのでほとんど走ることはなかったのだけど、前にフェリーで千葉に行った時、早朝のR134~久里浜がとても快適だったので、4時に家を出て三浦イチをやってみた。

この寒い時期に4時出発とか馬鹿なんじゃねぇの思われるかもしれないけど、これが意外や意外、海沿いのせいかそんなに寒くない。何となく空気がまどろんでいてまったりと走れる。当然のことながら車は少ないし、ロードバイクも皆無。R134名物「ツキイチマン」にツキチイされる心配もない。交通量さえ少なければR134ほど快適な道路はないだろう。

三崎を過ぎたあたりでちょうど夜明けを迎える。これがまたいいんだ。弱々しい朝陽を背に受けながら、キリリと冷えたまだ汚されていない空気の中を走るのは何とも言えない気持ちよさ。

三崎を過ぎてルートが西岸沿いになると交通量が増えて走りにくくなる。信号が多いし例の排水口も現れる。不快指数は高い。とは言え平坦基調なので脚は回しっぱなしだし、寒い下りもない。冬のLSDにはもってこいのコースかもしれない(4時出発が条件になるけど)。

ひとつ困るのがトイレ。寒いので頻繁にもよおすのだけど、暗いと公衆トイレの場所がわからない。なのでコンビニに立ち寄ることになるのだが、トイレを使わせてもらう手前、何かを買うことになるのでいちいち時間がかかる。これが面倒臭い。